619件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2021-04-30 07月01日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

次に、農林部関係質疑において、45歳未満で独立、自営就農を目指す新規就農者に対し国が市を通じて資金を交付する農業次世代人材投資資金780万円余減額補正しているが、理由は何か。 これに対し、交付対象者所得変動等により、当初見込みに比べて補助額が減少したことなどが要因である等々の質疑応答があり、本案中担当分については承認すべきものと決定いたしました。

上田市議会 2020-04-01 03月03日-一般質問-03号

平成31年4月時点で3,780人を登録しております。ただ、この台帳登録者は身寄りがないということではないので、ご留意をお願いいたします。 次に、今後の増加見込みですが、国立社会保障人口問題研究所によると、2040年、長野県における65歳以上の単身世帯数は2015年の国勢調査時から約45%の増加と見込まれています。この増加率を先ほどの台帳の数に単純に当てはめると、約5,400人となります。 

佐久市議会 2020-03-25 03月25日-07号

まず、民生費のうち人権同和対策事業費部落解放運動団体補助金780万円については反対します。決して差別がなくなったとは認識していませんが、その他の人権の課題で、例えば男女共同参画推進事業費全体でも427万8000円、また負担金補助金で見ると男女共生ネットワーク負担金として23万円、パートナーシップ佐久補助金として46万円です。

箕輪町議会 2020-03-09 03月09日-02号

2015年の両地域生息数780頭のうち74%が中央アルプス方向に生息している。26%が南アルプス方向に住んでいる。箕輪町でいうと東部地域の3倍西部地区にクマが生息していることがわかる。西部地区を優先して、県の計画というのは、私の言ってるのは、第4期ツキノワグマ保護管理計画に沿って県の計画があるのに町の「緩衝帯」の計画というのは具体化しなくていいんでしょうかというのが私の質問です。

安曇野市議会 2020-03-04 03月04日-04号

バス停は31か所を想定バス停平均間隔780メートルであります。 もう一系統でありますが、明科高校から穂高方面へ向かい、国道147号を南下し、豊科駅、田沢駅を経由して明科に戻る巡回線になります。 路線距離は22.1キロ、時速20キロで1便約66分かかります。 時計回り、反時計回りの2台で運行し、1日に各8便の想定です。バス停は32か所、バス停平均間隔は690メートルであります。 

箕輪町議会 2020-03-02 03月02日-01号

収入、第1款 第1項 企業債は3億1,800万円で780万円の減額となっております。主な要因下水道事業債減額によるものであります。第5項 補助金は3億631万1,000円で、1,954万1,000円の増額です。主な要因国庫補助金1,015万円の増額、他会計負担金を他会計補助金へと動かしたことによる939万1,000円の増額であります。32ページをご覧いただきたいと思います。

飯山市議会 2020-02-25 02月25日-01号

教育費では、英語教育推進事業に2,780万円を、小・中学校へのタブレット端末等を整備する経費として2,300万円を、屋内運動場人工芝生化整備等に要する経費として5,800万円を、来年2月開催の第70回全国高等学校総合スキー体育大会開催経費等に3,890万円を計上したほか、新たに、小菅神社護摩堂改修への支援に要する経費として3,280万円を計上したものが主な内容です。 

岡谷市議会 2020-02-18 02月18日-02号

特定世帯及び特定継続世帯以外の世帯は「4,200円」を「4,480円」に、(イ)の特定世帯は「2,100円」を「2,240円」に、(ウ)の特定継続世帯は「3,150円」を「3,360円」に、オは介護納付金課税保険者に係る被保険者均等割額について定めたもので、1人について「5,040円」を「5,810円」に、カは介護納付金課税保険者に係る世帯別平等割額について定めたもので、1世帯について「3,780

岡谷市議会 2020-02-10 02月17日-01号

市道岡谷780号線でございますが、民間による銀座二丁目の宅地造成事業、これは9区画になりますが、これにより区域内に新設された路線を市道認定するものであります。 市道岡谷780号線は、市道岡谷407号線を起点とし、市道岡谷426号線を終点とする延長が約101m、平均的な幅員が5.2mの路線で、道路法第8条第2項の規定に基づき議会の議決をお願いするものでございます。 

伊那市議会 2019-11-25 11月25日-01号

別表の(1)小黒川渓谷キャンプ場利用料金でございますが、キャビンの宿泊使用「1万2,400円」を「1万2,900円」に、オートキャンプサイト宿泊使用「3,100円」を「3,200円」に、テントサイト日帰り使用「750円」を「780円」とするものであります。 また、「ペットサイト」を設置し、宿泊使用を4,500円、日帰り使用1時間400円、環境保全費一人1回200円とするものであります。 

安曇野市議会 2019-11-18 11月26日-01号

主な項目としては、4項都市計画費で、補正額780万円の減額。10月の人事異動に伴う人件費減額であります。 事項別明細書は44ページからとなります。 9款1項消防費は、補正額866万4,000円の減額であります。主な項目としては、消防団員退職者退職報償金などの確定による2目非常備消防費減額によるものであります。 事項別明細書は46ページからとなります。 

岡谷市議会 2019-10-07 10月15日-01号

資本的収支につきましては、企業債補助金及び負担金収入合計6億5,717万3,780円に対しまして、建設改良費及び企業債償還金支出合計は12億9,939万9,352円となりました。 また、国庫補助金追加交付や県が実施する公共関連工事の進捗に伴い、1億1,138万円の予算を翌年度に繰り越ししました。 収支不足額に対する財源は、過年度分損益勘定留保資金などで補填をしております。