5336件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-04号

日本の航空法では、最低高度は150メートル、人口密集地帯は300メートルとされておりますが、オスプレイが飛行する場合は60メートルという航空法で認められていない超低空飛行も計画をされております。これも日米地位協定によって行われるわけであります。  

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

前回のアンケートの結果から設問の内容を変更したものは、大きなものはありませんが、ただ前回にはなかった村の人口に対すること、やはり今人口減少の社会の中で、人口に対する設問や人口対策に関する事項をふやしてございます。  また、子育てに対する希望という設問について、やはり少子化対策というような形で変更しております。

諏訪市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-06号

────────────────────── △日程第 4      議案第11号 消費税率及び地方消費税率の引上げに伴う関係条例の整備に関する条例を定めるについて      議案第12号 学校教育法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例を定めるについて ○金子喜彦 議長  議案第11号消費税率及び地方消費税率の引上げに伴う関係条例の整備に関する条例を定めるについて及び議案第12

松川村議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会−03月08日-02号

人口1万人、ことしの新年の御挨拶の中でも申し上げましたけれども、最大の目標ということでやっていきたいと、そういう中で、この予算等につきましても細野の県住払い下げを受けて、そこを人口増加策の一環としてリフォームをして、ここへ村民となる人に入ってもらうという考え方が一番大きなものでございます。  それから、2番の43億7,600、何年に向かってということでしょうか。  

原村議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会−03月04日-04号

不必要なお金じゃないかというような、ちょっとそんなふうな意味合いにもとれるわけですけれども、少なくも例えば福祉センターの関係、図書館の関係、これは本当に議員さんも長い間議員をなされていてですね、もう先延ばし先延ばし、特に図書館なんかそうですね。外壁が落ちて、保育園の子供たちが通園のときに危険じゃないかということで、それも先延ばし先延ばしでずっとやってきた。そういった経過もあります。

諏訪市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-05号

続きまして、高齢者・老人クラブの在り方についてということで、いただいた資料を集計しましたら、年代別老人人口は、諏訪市の高齢化率は30%を超えて1万5,000人前後いるわけですが、内訳は前期高齢者65歳から74歳までが7,000人で46%、後期高齢者75歳以上の方が8,000人で54%です。  

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

駅前の概況を申し上げますと、議員のおっしゃるとおり、これまでもたくさんの投資が行われてきたんですけれども、人口減少、それから高齢化、これが顕著なエリアになっております。空き家とか空き店舗の増加という厳しい状況も今までは続いてまいりました。そうした中、アーク諏訪が竣工し、すわっチャオもオープンしていく。

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会-02月19日-目次

 議案第 5号 平成31年度諏訪市公設地方卸売市場事業特別会計予算  議案第 6号 平成31年度諏訪市駐車場事業特別会計予算  議案第 7号 平成31年度諏訪市後期高齢者医療特別会計予算  議案第 8号 平成31年度諏訪市水道事業会計予算  議案第 9号 平成31年度諏訪市温泉事業会計予算  議案第10号 平成31年度諏訪市下水道事業会計予算  議案第11号 消費税率及び地方消費税率の引上げに伴う関係条例

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

消防設備の関係、それから水道の関係の工事等で約50万円ほど使用した実績がある旨の答弁がありました。  審査結果です。上記のような意見を踏まえ採決を行った結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決定しました。  続いて、議案第108号 安曇野市離山会館条例を廃止する条例です。  審査結果。特に異議はなく、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

人口は、わずか4,500人。名古屋市に隣接する海に面した小さな村です。そんな村がなぜ日本一なのか。それは、鉄鋼関連の事業所や発電所、輸出関連の倉庫が林立し、これら200社を超える企業から年間33億円以上の税収があるからです。  

岡谷市議会 2018-12-13 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月13日−05号

続いて、委員より、地元小坂区から正式合意を岡谷市長へ報告した内容について質疑があり、12月4日に、区民合意の報告を文書でいただいたとのことで、同区からは、今後とも早期事業実現のため、国・県等関係機関に対し事業推進への働きかけ、予算確保に向け御尽力いただきたいとのことであります。あわせて、4点の要望もいただいたとのことでありました。

下諏訪町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会−12月12日-03号

当町では、子供は町の宝であり、地域で子供を育てようと、コミュニティ・スクールの関係の皆様とか、さきに述べさせていただきましたいじめ等対策連絡協議会の皆様であるとか、各区の行事、町の行事などの中で、それぞれの場面で関係諸機関の皆様とともに子供たちの健全育成を願って本日に至っています。  

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

この議論が続く中、平成25年に災害対策基本法が改正され、避難行動要支援者名簿の作成と避難支援等関係者への提供が市町村の義務に位置づけられました。この法律では、条例に特別の定めがある場合は、本人の同意がない場合でも避難支援等関係者に名簿提供ができると定められております。  避難行動要支援者は、誰かの手助けがないと、そのまま犠牲になる可能性が高い方々でございます。