運営者 Bitlet 姉妹サービス
3220件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号 )    議案第120号 公の施設の指定管理の指定について(安曇野市障害活動支援センター)    議案第121号 公の施設の指定管理の指定について(安曇野市ひめこぶしの家)    議案第122号 公の施設の指定管理の指定について(安曇野市障害就労支援センター豊科たんぽぽ)    議案第123号 公の施設の指定管理の指定について(安曇野市障害就労支援センター穂高わたぼうし)    議案第 もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 とした上で、被災地より避難されてきた方々への対応等を考慮し、住民の生命の安全を確保するために原子力災害への対応を明記しております。主に、原子力災害急性期における医療、救護体制について検討するとしており、安定ヨウ素剤の予防服用及び避難されてきた方々への配布方法の検討と安定ヨウ素剤の備蓄等についてを記載しております。  以上でございます。 ○議長(小松洋一郎) 増田議員。 もっと読む
2018-12-11 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号 それでは、災害時対応の基本となる地域防災計画の中の第2章第41節観光地の災害予防計画の中の第3計画の内容には、観光地での観光客の安全確保については観光地の自治組織、観光施設の管理に働きかけ自主防災組織を設置し、災害時の観光客への避難体制を整備するとあります。また、観光施設の管理は、観光客の安全対策として、観光客が安全かつ迅速に避難できる場所及び経路の確保、災害時の安全確保を推進するものとする。 もっと読む
2018-12-03 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号 まず、地域防災計画に観光客に対する避難場所、避難経路の計画は定められているのかお聞きしたいと思います。  また、以前の一般質問で観光客の避難計画の策定について質問したところ、火山防災協議会において話し合っていくとの答弁でしたので、その後のことをお聞きします。  観光施設については、事業避難計画、また避難訓練の実施に取り組むことが義務づけられておりますが、どのようになっておりますでしょうか。 もっと読む
2018-11-29 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-11月29日−01号 登録方法の見直しを行った軽井沢町避難行動要支援につきましては、意思確認を行った1,037名のうち、台帳登録を希望する方への民生委員による日ごろの状況や緊急連絡先などの聞き取り調査を終え、10月末時点で新たに498名が台帳登録され、922名となりました。引き続き登録の推奨をしてまいります。   もっと読む
2018-11-12 安曇野市議会 平成30年 11月 臨時会(第1回)-11月12日−01号 次に、新総合体育館建設事業の用地につきましては、去る9月定例会において、その一部の取得に係る議案を可決いただいたところでありますが、今般、残る1名の地権と交渉が成立し、仮契約の運びとなりましたことから、本契約のための議案を提出させていただきました。   もっと読む
2018-10-04 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月04日−趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、 次に、東日本大震災避難交流事業業務委託について、複数年にわたり継続している事業であることから、改めて内容を精査する必要があるのではないか。また、避難同士の交流が中心とのことだが、今後上田市への定住を促進するなどの提案は検討できないか。  これに対し、交流事業のうち一部の事業では飲食に係る経費を参加各自で負担するなど、事業内容により公費の負担を見直している。 もっと読む
2018-09-21 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月21日-05号 今後の空室になった2階の利用は、災害ボランティアセンターの倉庫や災害時の避難場所等としても活用が考えられる。  討論では、この条例改正は反対。今後の独居老人の施策をどうするか、買った後どうするか、不都合なところをどう解消するかについては、今後の中で考えられる。今、条例改正することは、当初の目的や条件の変化はあってもニーズはないとは言えない。 もっと読む
2018-09-21 安曇野市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月21日−01号 これは、避難行動要支援名簿に掲載されている方に地域への名簿提供についての同意をいただいておりますけれども、まだ未同意の方、あるいは新規に対象になられた方に同意をいただくための通知をお送りするわけですが、その通知の封入作業を障害の施設に委託するための費用をお願いするものでございます。約3,000通の封入を予定しております。  その下、18節備品購入費でございます。 もっと読む
2018-09-19 松川村議会 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号 ◎総務課統括課長補佐(中村彰君) 今、村の中に避難勧告等に関する発令の判断基準というものもございます。それに合わせて避難計画というものもできている状況でございます。  今回、今、豪雨といいますか、雨の水害の関係でございます。そういったおそれがある場合には、もちろん村民の生命や身体に危機が生ずる場合があるということに対しましては、初めに避難準備・高齢避難開始というものを伝達させていただきます。 もっと読む
2018-09-18 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号 地域の過去に被災した歴史や危険箇所、また避難経路などにつきまして、市民の皆さんと一緒に話し合いを行いマップをつくる、自主避難計画というものを作成を行っておりますけれども、既に平成28年度で2区、平成29年度には1区で作成済みということで、今年度も1区の策定を予定しているところでございます。   もっと読む
2018-09-14 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号 次の避難所運営についてお伺いいたします。  今まで避難所運営ゲームに取り組んでいただきました。状況についてお伺いいたします。  また、大規模災害に備え、住民が主体となって避難所を運営するためのガイドブックなんですが、イラストでわかりやすく、子供や高齢、女性や障がいなどに対する支援、ペットの対応などが記されたものを発行しているところがあります。 もっと読む
2018-09-13 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−02号 蝶ヶ岳は平成29年度は約8,000人の登山があり、また、常念岳は約1万5,000人の登山があったと山小屋の関係が言っていました。  そこで、大雨等の場合は、烏川本沢沿いのコースで下山します。また、ほりでーゆ~四季の郷、森林関係等も須砂渡を必ず通らねばなりません。 もっと読む
2018-09-12 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号 まず、議員ご指摘のマイ・タイムラインですが、平成27年9月に発生しました関東・東北豪雨によりまして鬼怒川の堤防が決壊した大水害を受けて、国、県、流域の自治体が検討を進めてきた迅速かつ的確な避難行動のための取り組みの一つでございます。 もっと読む
2018-09-11 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号 また、ご存じのとおり、災害時には学校体育館のように避難所として活用をいただいております。  一方、議員ご指摘のとおり、もはや災害とも認識される猛暑については、今後避難という事態も想定されるとなれば、現在の避難所ではエアコンが設置されていない施設が多く、避難される方に対する暑さへの対応として、エアコン設備の整った施設を利用することも考えられるところでございます。 もっと読む
2018-09-10 軽井沢町議会 平成30年  9月 総務常任委員会(9月10日)-09月10日−01号 〔「なし」と呼ぶあり〕 ○委員長(土屋好生君) 川島委員。 もっと読む
2018-09-10 松川村議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-01号 ことしも大地震を想定した避難誘導、安否確認、情報収集、伝達訓練などを行っていただき、全自主防災会で約2,000人に参加をいただきました。  また、本年度は、役場講堂において、自主防災会の代表及び役場職員を対象に、日本防災士機構認定防災士による講演及びワークショップを行い、災害時での情報入手の大切さと状況に応じた判断、対応について学びました。   もっと読む
2018-09-10 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号 2点目として、危険なブロック塀等の除去は災害時の避難路の確保や通学路の安全確保だけでなく、不審から子供を守り、交通安全の観点からも有効と考えます。9月定例会でブロック塀等の除去に対する補助金を計上していますが、その利用率を上げるための取り組みはどうか。  以上2点お尋ねして、第3問といたします。 ○議長(小林隆利君) 中村教育次長。            もっと読む
2018-09-07 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月07日-04号 そういった状況ではありますが、現在、国土交通省では、交通事故死数のうち歩行、自転車利用がその半数を占め、さらにそのうちの半数は自宅から500メートル圏内の身近な生活道路で発生しているというデータが示されております。 もっと読む
2018-09-06 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月06日-03号 そういう中で、避難勧告や避難指示、特別警報、こういうものも出されているわけであります。しかし、避難を呼びかけても多分大丈夫だろうとか、あるいは自分のところには来ないだろうとか、そういうふうな形で避難に動かない、こういう状況が特に西日本の場合には死者を出したり被害を大きくしたというふうに思います。 もっと読む