運営者 Bitlet 姉妹サービス
1840件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号 安曇野市明科七貴5110番地27の明科農道102号線における車両事故に係る和解について、地方自治法第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分する。  平成30年11月16日付、市長名でございます。  1、事故の内容。   もっと読む
2018-12-11 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号 この計画路線に広がった地域を見渡してみますと、北アルプスを背にした田園風景でありまして、水田の形状は昔ながらの形そのままの状態でありましたので、大型機械で耕作するのが困難な水田が広がっていましたし、また、農道は狭く、整備がおくれていた状況であったと思っています。  そこで、町では長野道の建設に合わせて沿線地域全体に県営ほ場整備事業を取り入れて、農業基盤の整備をする政策を打ち出したわけであります。 もっと読む
2018-09-14 飯田市議会 平成30年  9月 産業建設委員会-09月14日−01号 土地改良事業につきましては、老朽化が進んだ農道や排水施設の補修や整備を行う事業でございまして、非補助土地改良事業では、農道整備、かんがい排水路整備にかかわる事業費で、合わせて9地区を実施しておるところでございます。  国土保全特別対策事業でございますが、農山村地域におけます担い手の確保を図るため、農地や景観保全施設などの整備を行う事業でございまして、2地区を実施したところでございます。   もっと読む
2018-09-13 軽井沢町議会 平成30年  9月 予算決算常任委員会(9月13日)-09月13日−02号 農林水産費関係でございますが、一番下の3)の農道舗装状況でございます。特に新設はございませんので、変わりはございません。  続きまして、33ページ、土木費関係になります。1)の町道の状況でございますが、こちらにつきましては、その他路線、前年まで1,509路線ありましたが、1路線廃止になりまして1,508路線となっております。   もっと読む
2018-09-11 箕輪町議会 平成30年 9月定例会-09月11日−03号 ○木村議長 町長 ◎白鳥町長 道の駅の問題でありますけれども一帯会議の問題とは別に実は春日街道または広域農道というところを考えますと広域農道沿いに大芝高原というところがございましてそこが7月に道の駅大芝高原としてオープンをいたしました。 もっと読む
2018-08-01 飯田市議会 平成30年  8月 総務・産業建設委員会協議会(合同)-08月01日−01号 おりた先に何があるかというところで、高森町の温泉施設はすぐ近くにあるんですけれど、広域農道まで行って座光寺の直売所があったりはするんですが、きちんと誘導できない。あるいは誘導するだけの先を明確化しないと、つくったものの利用する車がないねと、稼働率が低いねという状況になるんではないか。それが七、八年も起きるんではないかというのを懸念して、ちょっとこちらに一文書かせていただきました。 もっと読む
2018-06-21 安曇野市議会 平成30年  6月 経済建設委員会-06月21日−01号 場所は穂高1級9号線、通称広域農道の柏原南交差点の西側、穂高西小学校の南西になります。既存の穂高4070号線を起点とし、団地内を終点とする道路であります。  続きまして、資料の3ページをごらんいただきたいと思います。  整理番号3の三郷5058号線です。場所は三郷支所の西側付近になります。既存の三郷1024号線を起点とし、団地内を終点とする道路であります。   もっと読む
2018-06-15 安曇野市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−03号 今後はこの個別施設計画の策定が国庫補助事業の要件となりますことから、計画に基づき予算化を進め、農業用水路の更新事業の実施をしてまいりたいと思っておりますし、また、農道等の維持管理については、インフラ整備の一つとして取り組んでいかなければいけない課題だというように捉えております。 ○議長(小松洋一郎) 農林部長。       もっと読む
2018-06-13 佐久市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−02号 そのため、地域のつながりによる農用地、水路、農道といった地域資源の維持管理に対しましては、多面的機能支払交付金事業を実施し、支援をしております。平成29年度におきましては、9つの組織が農用地等の維持管理の共同活動に取り組んでいるところでございます。  さらに、地域ぐるみで中山間地域での農業を維持する集落に対しまして、中山間地域等直接支払制度により支援を行っております。 もっと読む
2018-06-13 長野市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 確かに、森林農地整備課では、農地の整備はともかく、農業用水路の改修や農道の整備、排水機場に関する案件をこの課に頼みに行っていいものか悩むところです。今年度統合したばかりですが、今現在どのような市民の声が寄せられているか、より分かりやすい名称に変更する意向はあるか、御所見を伺います。       もっと読む
2018-06-12 箕輪町議会 平成30年 6月定例会-06月12日−03号 私も北小学校って大出ですので伊那市の方から出張等帰ったときに春日街道の上の方、大型農道下りたところがありますが、下りてくると八乙女の子や山口の子が歩いてます。 もっと読む
2018-06-11 箕輪町議会 平成30年 6月定例会-06月11日−02号 大型農道や春日街道には立派な案内板が設置をされております。しかしながら、国道バイパスには町公共施設への案内板が見られません。なぜないのかとちょっと不思議でございます。カーナビが普及されている現在でも案内板は必要であると考えております。この点について町長どのようにお考えかお聞きをいたします。 もっと読む
2018-03-19 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月19日−05号 農道側は平成22年に整備区域の見直しをしたため、上乗せをした補助金で浄化槽を整備している。」旨の答弁がありました。  「下水道施設の耐震診断の内容は。」との質問に対し、「阪神淡路大震災前に建設された伊那と高遠の浄化センターは、耐震化されていないため耐震診断を行い、必要に応じて耐震化をしていきたい。」旨の答弁がありました。  「耐震工事の概算金額は。」 もっと読む
2018-03-15 軽井沢町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月15日)-03月15日−03号 120ページ、6款1項5目農地費4,960万8,000円は、1の農道一般経費920万9,000円で、主なものは、上から5番目の15節農業農村基盤整備工事650万円で、中軽カントリー東側農道26号線の舗装補修工事でございます。2の用水路一般経費の4,039万9,000円の主なものは、下から2行目、13節離山用水サイホン清掃等委託350万円で、年間3回清掃を行うものでございます。   もっと読む
2018-03-13 飯田市議会 平成30年  3月 産業建設委員会-03月13日−01号 この事業につきましては、農地を保全するために地域の農業者等で構成する組織が一丸となって農地保全や農業用水路、農道などを維持・保全する活動。また、環境に配慮した農業に取り組む団体に対して、国の補助制度を活用しながら取り組みを支援する事業でございます。  財源につきましては、多面的機能支払交付金ほか、県補助金、その他一般財源でございます。  続きまして、175ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-03-12 飯田市議会 平成30年  3月 社会文教委員会協議会-03月12日−01号 畑の中とか果樹園の中的なところはいいんでしょうが、どうしても農道であったり、しかしながら農道も非常に眺望のいい場所が非常に多くありますので、そのあたりの今後の予定、今回の事業に対してすぐ歩道をつくれなんてとても無理な話ですけど、今後の流れとしてお伺いをさせていただきたいと思いますが。 ○委員長(福沢清君) 北澤生涯学習・スポーツ課長。 もっと読む
2018-03-09 長野市議会 平成30年  3月 9日 経済文教委員会-03月09日−04号 第6款農林業費、第1項農業費、市単土地改良事業2,474万7,000円は、農道工事1か所、水路工事2か所において、豪雨の影響で資材搬入路が被災したことなどにより日数を要したため、新年度に繰越しをお願いするものでございます。   もっと読む
2018-03-08 佐久市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−04号 佐久臼田インターチェンジから西方面、広域農道方面への区間についてはどのようになっているかお尋ねをいたします。  インターチェンジから西、広域農道方面については、中部横断自動車道開通に伴い、交通量の増加が当然見込まれます。さらには、インターチェンジ周辺、西側です。工業団地整備計画が今回発表、公表されました。更に更に交通量が増加することが見込まれると同時に、周辺の宅地化等も望まれることであります。 もっと読む
2018-03-06 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−04号 式典につきましては、小洞沢農道の終点付近で行いまして、植樹箇所につきましては、小洞沢の北側の被災箇所を予定をしているところであります。   もっと読む
2018-03-05 箕輪町議会 平成30年 3月定例会-03月05日−02号 土地改良事業を始め、西部開発事業における道路改良分の債務負担が毎年100万円を超える時代からようやく終了期に入るものの、長寿社会を迎え地域福祉、地域防災などの区の経費が嵩み加えて経年劣化した道路、農道の改良舗装、水路改修負担がひしめいているのが各区の状況であります。こうした中で区などを対象とした地域総合活性化事業交付金への期待は各区とも大きいものがあるわけであります。 もっと読む