運営者 Bitlet 姉妹サービス
783件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 ◆3番(遠藤武文) 総務省は規制をかけた一方で、起業家支援、移住交流促進をテーマにしたガバメントクラウドファンディングを推奨し、交付税措置や財政支援をしています。本市では、中学校へのエアコン設置にクラウドファンディングを導入することも考えられると思います。  しかし、先行する他市の例を見ると、期待外れに終わる可能性が高いと言わざるを得ません。 もっと読む
2018-12-11 茅野市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−04号 さて、当市のコワーキングスペース事業に置きかえてみますと、雇用創出、起業やイノベーションの促進、女性活躍の推進や働き方改革の推進などの点でSDGsと連動しているものと考えております。 もっと読む
2018-12-10 茅野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−03号 また、自主事業におきましては、起業家教育の一環として商品開発セミナーや起業・創業を促す創業支援セミナーなどを実施しております。 もっと読む
2018-12-07 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 人口は約6,000人で、高齢化率が46%の過疎化地ですが、近年はサテライトオフィスを開設し、企業やデザイナー、店舗を開く人、起業する人、農業をする人などさまざまな人が移住してきております。  神山町では、工業用機械製造工場、縫製工場、電子部品工場の閉鎖が相次いであり、その工場の空き家を利用し、移住施設を創設した上で、企業の誘致、サテライトオフィスを推進してきたそうです。 もっと読む
2018-12-07 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 なお、トップアスリートからセカンドキャリアとしての起業とか就農などの御検討がありましたら、各種支援制度について、また関係部局と連携して情報提供に努めてまいりたいと考えています。 ○議長(小林治晴) 松井英雄議員 ◆4番(松井英雄議員) ありがとうございました。  トップアスリートの定義は様々であるんですけれども、国体での上位入賞をした選手とか、いろいろな定義があるかと思います。 もっと読む
2018-12-06 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号 ここで、特に注目すべき点は、店舗誘致から起業家支援へのシフトチェンジを行い、商店街再生にIT企業誘致を巻き込み、商店街に若者の働く場所を作ったということにあります。これを成功に導いたのが民間出身の若手専門家であり、地元に定住し、地元住民や空き店舗の不動産オーナーとの信頼関係を構築しながらリノベーションなど空き店舗を積極的に活用して事業を進めてきたものでございます。   もっと読む
2018-12-05 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 退任後、起業支援として100万円の国の補助事業があり、例えば農業のための軽トラックの購入などに使えるようですが、農機具、倉庫、住居など、一からそろえるには大変な苦労だとお聞きしています。新規就農支援の制度がありますが、150万円で5年間として、8年間の支援で定住者を増やしていくことはできるのか、伺います。今後も、地域おこし協力隊制度を継続されていくのか、国の見通しを伺います。   もっと読む
2018-12-04 原村議会 平成30年第 4回定例会−12月04日-03号 3番目、起業・事業継承への支援についてということです。先ほど村長のほうからも話がありましたけれども、この間の先日の講演会ですか、商工会、富士見と原村が企画をした講演会の中でも話がありましたけれども、やはり起業の少なさ廃業の多さは地域の縮小につながるといったようなお話があったと思います。   もっと読む
2018-11-30 原村議会 平成30年第 4回定例会−11月30日-目次 │       │  │     │      ├──────────────────┼───────┤  │     │      │*起業・事業継承への支援について  │       │  │     │      │ 1.起業の少なさや廃業の多さは地域│村長     │  │     │      │  の縮小につながる。 もっと読む
2018-11-29 長野市議会 平成30年 12月 定例会-11月29日−01号 戸隠地区の重要伝統的建造物群においては、平成29年度から保存事業補助金制度を開始したところ、この制度により再生した建物を利用した起業やまちづくりの動きが出てまいりました。   もっと読む
2018-10-04 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月04日−趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、 まず、政策企画部関係の質疑において、地域おこし協力隊起業等支援事業補助金について、上限を100万円とした理由は何か。また、補助金交付後に何らかの事情により事業を継続できなかった場合の規定はあるか。  これに対し、国の要綱に基づいて上限額を設定した。また、事業を継続できなかった場合は、市の補助金交付要綱により補助金の返還命令について定めている。   もっと読む
2018-09-25 安曇野市議会 平成30年  9月 経済建設委員会-09月25日−01号 ここへ出ている1名というのは、安曇野市内の参加者の安曇野市内での起業という形になっておりますので、それもあわせて説明いたします。  以上です。 ○召田委員長 ほかに。  増田委員。 ◆増田委員 何点かお願いします。   もっと読む
2018-09-18 原村議会 平成30年第 3回定例会−09月18日-付録 商工費 商工関係        ・商工団体等補助、起業チャレンジ補助金1件。        ・地方創生人材確保事業1名補助金交付、平成30年度事業終了予定。        観光関係        ・八ヶ岳観光圏(定住自立圏事業)負担金5,205千円。        ・ストライダーエンジョイパーク設置工事費2,700千円。         もっと読む
2018-09-14 飯田市議会 平成30年  9月 産業建設委員会-09月14日−01号 また、同じく中事業の3には、ビジネスプランコンペティション、あるいは飯田市新事業創出支援協議会Ⅰ-Portの運営などの起業支援事業、ビジネス支援事業全般を行う起業家育成支援事業費が、また同4には、既存の事業者の経営安定化に向けた資金調達支援を行っております中小企業経営安定支援事業費がございます。 もっと読む
2018-09-14 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−04号 少子高齢化が急速に進展し、人口が減少していく中、経済社会の活力を維持するためには、意欲ある高齢者が働き続けられ、また、起業や再就職できる仕組みを構築することが必要です。  高齢者の就業希望は多様化しており、シルバー人材センターの取組の充実を図るとともに、ハローワーク等における年齢別のきめ細かいマッチング支援の実施、起業に必要な知識やスキルを習得できる大学の講座開設などが求められています。   もっと読む
2018-09-14 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号 また、シニアが起業することも歓迎しており、生涯現役夢追塾を開校し、シニア特別枠で開業資金の融資を行っています。  国家戦略特区に認定されているシニアハローワークでは、国や県と連携して中高年の採用に積極的な企業の情報を収集し、高齢者の就職支援に重点的に取り組んでいます。  商工観光部長に伺います。本市でも同様な取り組みができないでしょうか。 ○議長(小松洋一郎) 商工観光部長。       もっと読む
2018-09-13 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号 最後に、起業支援と地域おこし協力隊の業務の関係について伺います。  先日、地域おこし協力隊について聞き取り調査をしましたところ、本市は任務の遂行のために目的をかなり明確にして募集されていると聞きました。  その中で、募集業務に強い関心があり、その募集内容の業務と同一の事業を起業するために長野市に移住しましたが、長野市に相談したところ、地域おこし協力隊への応募を勧められたとのことです。 もっと読む
2018-09-11 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号 2点目としまして、起業、創業に対する支援の取り組みの実績について、どう評価しているのか、また課題は何か、お伺いいたします。 ○副議長(土屋勝浩君) 大矢商工観光部長。           〔商工観光部長 大矢 義博君登壇〕 ◎商工観光部長(大矢義博君) 基金の設立について、幾つか背景を確認いただく質問をいただきました。   もっと読む
2018-09-11 箕輪町議会 平成30年 9月定例会-09月11日−03号 そして牛乳というのはやっぱりおっぱいでありましてですね、女性の方たちが非常に多分いろいろな面でとっつきやすい、起業的なものも起きるんじゃないのかなというふうに思っています。 もっと読む
2018-09-10 飯田市議会 平成30年  9月 総務委員会-09月10日−01号 東京の神田にございます施設「the C」というものでございまして、そのうちの1室を飯田市としてお借りしておりまして、そこでさまざまな事業を展開しているわけでございますが、平成29年度におきましてはランチ会と書いてございますが、これは飯田の農家の方が農産物を持ち込みまして、そこでランチをつくり、飯田の農業を通じた魅力とかそうしたものについて話し合っておるわけでございますが、シェアハウスにはいわゆる若手起業もっと読む