運営者 Bitlet 姉妹サービス
54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-02-15 長野市議会 平成30年  2月15日 議会活性化検討委員会2016-02月15日−17号 まず、長野の人口が38万人ということで、できるだけ公正な調査ということで、前後5万人ずつ、33万人から43万人までの中核23についてまとめさせていただいたものでございます。  このお手元の資料1−1から1−3までの資料は、同じ資料を項目順に並び替えをしたものでございます。  まず、資料1−1を御覧ください。   もっと読む
2017-12-11 松本市議会 松本市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月11日−02号 今年度末に試算されるとのことですが、私が調査した結果を示しますと、長野では約12億1,000万円、柏では約33億3,000万円、高松約22億8,000万円となっており、今回の調査では設置費用が50億円以上のも3あり、高崎では補助金を使用していますが約85億円、中核移行を断念したあるでは、保健所の設置費用を15億円から20億円と試算していました。 もっと読む
2017-06-12 千曲市議会 千曲市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月12日−02号 千曲のふるさと納税は「ふるさと千曲応援寄附金」として、平成26年度は2,580万円程度でしたけれども、平成27年度では1億7,600万円となり、委託金や返礼品を除いても1億円以上が千曲の収入となりました。平成29年度の予算は1億3,000万円です。  千曲は、平成27年6月、本格的にインターネットを使ったふるさと納税の申し込み受付を開始いたしました。 もっと読む
2017-02-27 下諏訪町議会 平成29年 3月定例会−02月27日-01号 価格について、解体の費用の面で考慮されているんですが、その中で豊中の例もあり、PCBについては該当がしないと。アスベストが若干の予想もありまして、対策をとる場合300万とか400万とか、そういったレベルの量ではないかという判断がされています。   もっと読む
2016-10-17 長野市議会 平成28年 10月17日 公共施設の在り方調査研究特別委員会-10月17日−07号 右側には大阪府豊中の先進事例ということで、資産活用部の組織図を載せておりますが、今後取組の段階に応じて順次機能強化を図りながら、将来的には土地や車両なども含めた公有財産全体の有効活用を統括できる体制が望ましいのではないかと考えているところでございます。  めくっていただきまして、27ページは、現在のコンサル事業者をお示ししております。   もっと読む
2016-09-09 長野市議会 平成28年  9月 9日 公共施設の在り方調査研究特別委員会-09月09日−05号 が本年2月に公表した長野人口ビジョンでは、本市の将来人口推計は、現在の38万人から、2060年には25万人を割り込むことが見込まれています。人口減少や少子高齢化が進み、社会保障関連経費の増加や税収減少の中、持続可能な行財政運営を行っていくため、市民ニーズや社会情勢の変化に合わせた公共施設の量と質の見直しを行い、将来にわたり公共施設を最適に維持していく取組が必要となっております。   もっと読む
2015-12-09 松本市議会 松本市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月09日−04号 初めに、大阪線につきましては、大阪伊丹空港の所在都市である大阪府豊中と連携して、関西方面からの誘客促進活動を実施するなど、双方向利用の需要喚起を狙う新たな取り組みを本年度実施してまいりました。今後もこうした関係自治体等の協力を得ながら、長野県とも相談し、より便利で効果的なダイヤ編成を運航会社に働きかけ、来年度の継続運航に向けて諸施策を進めてまいります。   もっと読む
2015-11-11 長野市議会 平成27年 11月11日 公共施設の在り方調査研究特別委員会-11月11日−08号 また、平成23年度からは隣接と施設の相互使用を開始しておりまして、隣接しております藤枝の文化・スポーツ施設の相互利用促進事業を行うなど、広域対応施設の可能性の検討もしております。  続きまして、3日目、大阪府豊中になります。視察事項としまして、豊中市有施設有効活用計画及び複合化・多機能化・戦略的配置についての方針について、2段書きになっておりますが、下は施設になります。 もっと読む
2015-03-23 長野市議会 平成27年  3月23日 議会運営委員会-03月23日−04号 次に、2、中核42の集計状況ですが、一人会派の広報紙及びホームページへの政務活動費の充当を認めているかについて、中核42に照会した結果です。  概要については、ここにございますとおり、①認めているは42市中33、79パーセントで、全額充当を認めているは10、30パーセント、政務活動部分と案分が22、67パーセントとなってございます。   もっと読む
2013-09-02 上田市議会 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月02日−趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、 「上田積立基金条例中一部改正」につきましては、社団法人上田産業開発公社の解散による残余財産を受け入れ、の観光振興の財源に充てることを目的とする「上田観光振興基金」を設置するため、所要の改正を行うものであります。   もっと読む
2013-03-05 千曲市議会 千曲市議会 会議録 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月05日−02号 まず、千曲の合併は、グローバル化する社会の中にあって、人口規模の小さなや町が、個々に発展策を模索しても限界があるとの思いから、自力で生き残るためには、一三町が大同団結して、都市基盤や財政基盤の強化を図り、地域を活性化することが最良の策であることとして、一三町議会が合意したのがそもそもの発端であります。 もっと読む
2012-09-14 松本市議会 松本市議会 会議録 平成24年  9月 建設委員会(調査研究テーマ)-09月14日−02号 土木費の一般会計に占める割合は11.7%、松本は8%でした。  次に、12ページでございます。  豊中における質疑、これも財源の見通しのことをお伺いしました。 もっと読む
2012-06-13 佐久市議会 平成24年  6月 定例会(第2回)-06月13日−02号 こうしたことをかんがみ、佐久といたしましても、昨年に引き続き、佐久全体で節電に取り組みたいと考えております。   もっと読む
2011-09-14 茅野市議会 平成23年  9月 定例会-09月14日−05号 小学校は、病気による欠席のものが県は428名、は21名、経済的理由による欠席のものが県は7名、はゼロ、不登校によるものが県は498名、は4名、その他によるものが県は329名、は4名となっており、県の合計は1,262名、の合計は29名となっております。   もっと読む
2010-03-04 下諏訪町議会 平成22年 3月定例会−03月04日-03号 近隣の諏訪、茅野の臨時職員、嘱託職員の賃金について調べてみました。諏訪は嘱託で時給1,230円と言っておりました。茅野は910円ということでした。下諏訪町とこれを比較してみますと、嘱託の保育士さんで時給を比べてみますと921円から984円ということ、それから嘱託の調理員さんでは854円という形で、実際に近隣と比べても低いというふうに私は認識をいたしました。 もっと読む
2009-12-15 松本市議会 松本市議会 会議録 平成21年 12月 定例会-12月15日−03号 3点目ですが、これは会計検査院の件でございますが、ある中核の財政関係の部長、これは長野ではございませんけれども、県内ではないんですが、6,000万円以上の補助金の不正処理を指摘をされた中核の財政関係の部長が言っておりました。 もっと読む
2009-03-16 茅野市議会 平成21年  3月 定例会-03月16日−07号 (第2号)について      議案第16号 平成21年度茅野一般会計予算について      議案第17号 平成21年度茅野国民健康保険特別会計予算について      議案第18号 平成21年度茅野老人医療特別会計予算について      議案第19号 平成21年度茅野後期高齢者医療特別会計予算について      議案第20号 平成21年度茅野ふれあいの里特別会計予算について      議案第 もっと読む
2008-12-12 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成20年 12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 平成20年度においては、岡谷の国民健康保険税率を県内19で比較した場合には、医療、介護を合算して、4人家族のモデル世帯での税額を比較した場合、岡谷は低いほうから1番目であり、現在の岡谷の税率は決して高いほうではありません。   もっと読む
2008-12-12 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成20年 12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 平成20年度においては、岡谷の国民健康保険税率を県内19で比較した場合には、医療、介護を合算して、4人家族のモデル世帯での税額を比較した場合、岡谷は低いほうから1番目であり、現在の岡谷の税率は決して高いほうではありません。   もっと読む
2008-09-11 飯山市議会 平成20年  9月 定例会(第320回)-09月11日−04号 去る6月28日付の信濃毎日新聞によると、2011年までに廃止の対象となっているのは、佐久、小諸、上田、長野、須坂、松本、茅野、岡谷、諏訪、伊那の1Oと坂城町の1町。850世帯に廃止方針が通知されていると報道されています。須坂では2カ所133世帯が対象となっています。  飯山の場合、県や国からまだ連絡がないとのことですが、消極的な対応に感じられます。 もっと読む