4038件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

では、災害時のときにはどうなんだっていうと、避難誘導とか火事が起きれば初期活動があったり、救出救護、それから情報の収集、伝達、給水、給食、それから避難所の運営、地域の巡回、安全点検というように地域の復旧、復興に向けた取り組みなどこういうことをやると。  防災について一体何をやるかと聞いたときに、なかなかすぐ歯切れのいい答えがすぐ帰ってこない。

原村議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号

だから、保育園の給食費も一部実費化するわけです。また、公立保育所については100%市町村負担だというこういう流れもあります。こんな中で、私は住民の暮らし、地域経済地方自治体にも深刻な打撃を与える消費税の増税を中止すべきだと思い、この陳情書に賛成をいたします。 ○議長(小林庄三郎) 次に、この陳情を採択することに反対者の発言を許します。阿部議員

松川村議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会−03月08日-02号

ことしは、ことしというか、これからずっと給食費を2万円ずつ1人について出していくと、そういうものが決まってきておりますので、余り大きなことはできませんけれども、できるだけ村民の皆様が松川村に住んでよかったなというように思えるところへお金を使っていきたいというように思っております。 ◆10番(矢口あかね君) ありがとうございました。 ○議長(平林寛也君) ほかに質疑はございませんか。平林幹張議員

松川村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会−03月07日-01号

消防団消防車両・積載車の更新、穂高広域施設組合の新ごみ焼却施設建設工事費負担金、役場庁舎補修工事、小中学生の給食補助の増額、村政施行130周年・すずの音オープン10周年記念行事等が大きな要因となっておりますので、議案等審査特別委員会の中で御審議をいただきたいというように思います。  2月23日、村の顔でありますJR大糸線信濃松川駅の完成セレモニーに招待をされ、出席をしてきました。

原村議会 2019-03-01 平成31年第 1回定例会−03月01日-03号

それで逆に、保育園とか小学校が足りないということで、給食棟をつくらなきゃいかん云々ということで、億単位のお金が毎年かかっているということで。それは私も申し上げるんですけれども、それはうれしい悲鳴じゃないかということは言っておるんですけれども。原村も今後、今以上にそういった面でですね、費用の発生がふえていくのかなというふうには想定はしております。以上でございます。 ○議長(小林庄三郎) 小平議員

原村議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-02号

◆6番(内田章子) 中学校給食施設の修理というふうになっていますけれども、内容については何でしょうか。 ○副議長(芳澤清人) 三澤教育課長。 ◎教育課長(三澤光晴) お答えします。済みません、ちょっと手元に資料を忘れまして、詳しい内容がわかりませんので、改めてちょっと回答させていただきます。 ○副議長(芳澤清人) 日達副村長。 ◎副村長(日達章) それではお答えします。

下諏訪町議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会−02月25日-01号

中学校特別支援教育充実事業では、多様化する児童生徒に十分配慮した個別指導が可能となるよう支援員を増員し、一人一人に寄り添った支援に努めてまいります  学校施設では、下諏訪中学校の老朽化に伴う給食室の修繕、社中学校の非常放送設備の改修など、学校環境改善に必要な整備を行います。  

伊那市議会 2019-01-09 伊那市議会 会議録 平成31年  1月 全員協議会-01月09日−01号

その結果、保育園及び保育園と学校給食調理を兼ねて行う給食施設につきましては、図面の右上に示す現新山保育園敷地内へ建設する計画といたしました。  小学校ランチルームを兼ねた学童クラブは、図面の中央上に示す新山小学校給食室の場所へ改築する計画でございます。

佐久市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月21日−06号

第10款臼田地区新小学校整備事業費について、臼田給食センターの職員駐車場不足に関連し、学校建設地域100年の大計であり、小学校建設給食センターの一体整備ということで、責任を持って対応していただきたい。  同じく10款小学校施設整備事業費及び中学校施設整備事業費について、長野県下一斉にエアコンの発注となり、機器の調達が困難になることが予想される。

長野市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号

次に、第6項保健体育費、3目学校給食施設管理費に関連して、給食費の公会計化について申し上げます。  本市の学校給食費は、各学校長が児童・生徒の保護者から徴収する私会計方式となっております。給食費の会計の在り方については、教職員が行う未納金の督促業務などの負担軽減といった、学校における働き方改革の観点からも、現在、国において公会計化の検討が進められております。

佐久市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−04号

中期的に取り組むこととして、給食費など学校徴収会計の負担軽減、また全県で一斉に取り組むこととして、留守番電話の対応や長期休暇期間中の学校閉庁日の設定などがあるようです。  県内でも、大町市が教員の負担軽減を図るため、留守番電話を導入するなど働き方改革を進めているようですが、佐久市ではどのように進めているのかお伺いします。