1131件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

◎村長(平林明人君) それぞれ皆さんの要望をかなり取り入れたつもりでつくりましたけれども、1年たってみると足りない分があったり、予定していた人員よりも大勢来ていただいたり、たまたま知事もあそこを見に来てくれましたので、そんなこともあって、いい施設ができたかなというように私は思っております。以上です。 ○議長(平林寛也君) 教育長

諏訪市議会 2019-06-26 令和 元年第 3回定例会−06月26日-06号

議案第26号諏訪市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正については、本年4月1日に厚生労働省令が改正され、現在、都道府県知事が行っている放課後児童支援員の認定資格研修を地方自治法に規定する指定都市の長も実施できることとなったため、本条例が改正されるものであります。  質疑では、人員確保の面からの規制緩和だと捉えるが、質の低下を招かないか。

諏訪市議会 2019-06-17 令和 元年第 3回定例会−06月17日-03号

それで、全国知事会、それから全国市長会から求める国保に対する構造問題の解決についての諏訪市長のお考えを伺いたいわけでありますけれども、3月議会においてもこれを聞いたとは思いますが、全国知事会は2014年、国保に公費を1兆円投入することで国保料を協会けんぽ並みの負担率にすることを国に要求しております。国保の都道府県化が実施された2018年以降も国定率負担の引き上げを求めているわけであります。  

諏訪市議会 2019-06-13 令和 元年第 3回定例会−06月13日-02号

〔「議長3番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  井上登議員 ◆3番(井上登議員) これは放課後児童支援員が修了すべき研修について、今まで都道府県知事が行っていたものを指定都市の長も実施できるとなっているわけですけれども、これの理由をお伺いしたいと思います。 ○伊藤浩平 議長  教育次長 ◎後藤慎二 教育次長  このたびの条例改正は、国の省令の一部改正に伴って行う改正であります。

諏訪市議会 2019-06-10 令和 元年第 3回定例会-06月10日-目次

│ │   │井上 登   │(2)他の公的医療機関との差                │ │   │ (補助議員)│(3)「標準保険料率は参考値」とは             │ │   │廻本多都子  │(4)地方自治の原則に基づいて公費繰り入れや自治体独自の保険│ │   │       │   税減免はできるか                   │ │   │       │(5)全国知事

原村議会 2019-06-04 令和 元年第 2回定例会−06月04日-03号

◎村長(五味武雄) まず最初に八ヶ岳実践大学校との連携ということで、これは議員にもお話し申し上げていると思うんですけれども、阿部知事選挙のとき等以降の中で、これは諏訪地域振興局の管轄になるんですけれども、私もるる申し上げた中で、従前は諏訪の振興というと諏訪湖周が中心で、この岳麓のことは一切端的に言いますと大きなテーマになってきていなかったと。

原村議会 2019-06-03 令和 元年第 2回定例会−06月03日-02号

特にこの件につきましては、私も町村会等で申し上げたし、阿部知事とも直接、話をしまして、昨年の大きな災害に対する対応策として非常に有効性があるものだというふうには考えていますけれど、全体的に県の予算はまだ少額ということで、どの程度までいけるのかですね、これは当然、県議含めて、もう少し県のほうにも財源確保ということで、さらに今後も働きかけていく予定はしております。以上です。

松川村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-04号

全国知事会より、米軍基地負担に関する提言が国に提出されています。全国知事会の提言に同調すべきであるという意見や、訓練ルートや訓練が行われる時期について、速やかな事前情報提供を必ず行う、地位協定の抜本的見直し、航空機騒音規制処置については、実施に伴う効果について検証を行うなど、現状では難しいとの意見がありました。  

下諏訪町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

討論では、賛成討論として、この陳情は全国知事会において6回にわたる会議を経て国に対して上げ、提案の内容の実施を求める内容のものである。国民生活を守るために重要な陳情である。  採択の結果、賛成全員で採択されました。総務経済常任委員会から意見書を上程することとしました。  陳情第5号 「核兵器禁止条約への日本政府署名・調印と批准を求める意見書」の採択を求める陳情。

諏訪市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-06号

そんな中で、全国知事会でも、社会保険と違い保険料は本人が全額納めるため負担が重くなっている、これを解消するために国費を1兆円投入せよと要望をしております。市から県に移行する前も、全国の自治体では市民の負担増となる保険料アップを抑えるために、法定外でございますけれども、一般会計から繰り出しをしてきましたが、諏訪市は一貫として国のペナルティーと一部の市民への恩恵を理由にして、それをしてきませんでした。

原村議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-付録

(賛成・反対同数につき委員長裁決)   内容 全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」の提起している事項について、国に対して早期実現することを求める意見書の提出を求めるもの。   反対討論      陳情書には、「核兵器禁止条約への署名批准を求める意見書を採択し」という文言が入っている。   賛成討論      日米地位協定による日本主権の侵害を放置してよいのか。

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

県営でつくっていただけないかと、そのかけ合いを副知事にさせていただきましたが、今現状では県営の施設をつくるということは、県ではできないという御返事でありましたので、それではせめて桟橋ですとか建設用地の造成の部分を県にお願いできないか。これは御承知のとおり、諏訪湖畔に面している土地でありますから、当然、河川法にひっかかってくるわけであります。  河川法を管理しているのは県であり国である。

原村議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会−03月04日-04号

だから、全国知事会であり、全国市長会であり、全国町村会でも国保の構造問題だとして、国保持続可能とするためにも被保険保険との格差を縮小するような抜本的な財政基盤の強化が必要だというふうに各団体は言っています。  協会けんぽのおよそ1.3倍、組合健保の1.7倍です。2014年に全国知事会は1兆円の公費負担増を政府に求めました。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

そこで、知事や圏域の首長、また県議との懇談が必要だと思っております。これまでに東バル跡地の活用方向について、知事や諏訪圏域の県議と懇談をされたことがございますでしょうか。あれば会談でどのようなことが話題となり、その感触はいかがでしたでしょうか。その辺についてお尋ねをいたします。

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

この問題を解決する方向は、全国知事会、全国市長会、全国町村会などが求めているように、この問題を国保の構造問題と捉え、国保を持続可能とするために抜本的な財政基盤の強化が必要として、全国知事会は1兆円の公費負担増を求めています。この方向にこそ、この問題を解決する方向があると考えます。  

軽井沢町議会 2018-12-13 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月13日−05号

記  全国知事会が国宛に提言した「米軍基地負担に関する提言」(平成30年7月27日採択)に同意し、その実現のため日米地位協定の改定作業に着手されるよう求めます。  以上でございます。 ○議長(市村守君) 趣旨説明が終わりました。  これより質疑を許します。質疑ありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(市村守君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。  お諮りいたします。