2485件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-04号

全国知事会より、米軍基地負担に関する提言が国に提出されています。全国知事会の提言に同調すべきであるという意見や、訓練ルートや訓練が行われる時期について、速やかな事前情報提供を必ず行う、地位協定の抜本的見直し、航空機騒音規制処置については、実施に伴う効果について検証を行うなど、現状では難しいとの意見がありました。  

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

農地を、先ほど言うように、議員さんおっしゃられるように、移転する場合ですね、その土地について、ここで、「第3条第1項本文に掲げる権利を設定し、又は移転する場合」は、当事者が都道府県知事等に許可を受けなければ、要は、県知事許可であるということ。  

諏訪市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-06号

そんな中で、全国知事会でも、社会保険と違い保険料は本人が全額納めるため負担が重くなっている、これを解消するために国費を1兆円投入せよと要望をしております。市から県に移行する前も、全国の自治体では市民の負担増となる保険料アップを抑えるために、法定外でございますけれども、一般会計から繰り出しをしてきましたが、諏訪市は一貫として国のペナルティーと一部の市民への恩恵を理由にして、それをしてきませんでした。

原村議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-付録

(賛成・反対同数につき委員長裁決)   内容 全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」の提起している事項について、国に対して早期実現することを求める意見書の提出を求めるもの。   反対討論      陳情書には、「核兵器禁止条約への署名と批准を求める意見書を採択し」という文言が入っている。   賛成討論      日米地位協定による日本の主権の侵害を放置してよいのか。

原村議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会−03月04日-04号

だから、全国知事会であり、全国市長会であり、全国町村会でも国保の構造問題だとして、国保持続可能とするためにも被保険者保険との格差を縮小するような抜本的な財政基盤の強化が必要だというふうに各団体は言っています。  協会けんぽのおよそ1.3倍、組合健保の1.7倍です。2014年に全国知事会は1兆円の公費負担増を政府に求めました。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

そこで、知事や圏域の首長、また県議との懇談が必要だと思っております。これまでに東バル跡地の活用方向について、知事や諏訪圏域の県議と懇談をされたことがございますでしょうか。あれば会談でどのようなことが話題となり、その感触はいかがでしたでしょうか。その辺についてお尋ねをいたします。

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

この問題を解決する方向は、全国知事会、全国市長会、全国町村会などが求めているように、この問題を国保の構造問題と捉え、国保を持続可能とするために抜本的な財政基盤の強化が必要として、全国知事会は1兆円の公費負担増を求めています。この方向にこそ、この問題を解決する方向があると考えます。  

佐久市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月21日−06号

本請願は採択すべきという旨の意見としましては、今回の請願は本年7月に全国知事会が国へ提出している内容と基本的に同じ内容であり、また、日米地位協定において、民間機が自由に日本の上空を飛行することができないなど、日本の置かれた状況を考えれば、緊急に是正すべきであるので、採択すべき。請願項目を見る限り、抑制的な表現であり、反対する理由は見つからないので、採択すべきなどが出されました。  

伊那市議会 2018-12-17 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月17日−05号

審査の中で出された主な意見は、「全国知事会が全会一致で、長野県議会も同趣旨のものを全会一致で、長野市議会でも全会一致で採択としている。日米地位協定は一度も見直されておらず、さまざまな問題が出てきている。日本の国土で起きていることであり、国民の名誉や主権について主張すべきであり、採択すべき。」

下諏訪町議会 2018-12-13 平成30年12月定例会−12月13日-04号

具体的に、イタリアにつきましては、長野県スポーツコミッションのアドバイザーを通じまして、またクロアチアにつきましては、以前からクロアチアとのスポーツ交流をしている某団体の方を通じまして、情報収集や誘致に向けた交渉に結びつけられるよう協力をお願いしており、過日、県庁でクロアチア共和国駐在大使が知事を表敬訪問したとき、この際にもうちの職員が出向きまして、クロアチアのほうへPRを行いました。  

軽井沢町議会 2018-12-13 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月13日−05号

記  全国知事会が国宛に提言した「米軍基地負担に関する提言」(平成30年7月27日採択)に同意し、その実現のため日米地位協定の改定作業に着手されるよう求めます。  以上でございます。 ○議長(市村守君) 趣旨説明が終わりました。  これより質疑を許します。質疑ありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(市村守君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。  お諮りいたします。

安曇野市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号

田中知事は、当時こうおっしゃっていました。人件費こそ最大の事業費です。職員みずから汗をかき、知恵を出して進めていくゼロ予算事業。予算がなければ事業ができないという固定観念を捨て、職員一人一人が、県民の皆様が、ここでいえば市民の皆様になりますけれども、真に求めるサービスのために意欲を持って力を尽くしますというふうにおっしゃっています。  

伊那市議会 2018-12-12 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 総務文教委員会-12月12日−01号

こないだ12.8の会議がありまして、沖縄から来た方が、玉城知事が当選するとは思わなかったと、そういうびっくりした発言をしたんですが、それがやっぱり民意を反映して、非常に玉城知事が当選をしております。これが本当に沖縄の市民の考え方だというふうに思います。  

伊那市議会 2018-12-07 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号

47都道府県の知事で組織します全国の知事会は、沖縄県を初めとする在日米軍基地にかかわる基地負担の状況を、基地の所在の有無にかかわらず広く理解し、都道府県の共通理解を深めることを目的として、ことしの7月26日から27日に開かれた全国知事会議において、「米軍基地負担に関する提言」を決定をいたしました。  

伊那市議会 2018-12-06 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号

長野県のほうにも、知事との意見交換の場がありまして、この場において私のほうからも、これは長野県できちんとしたガイドライン、安全なら安全だということをきちんと言ってもらわないと、各市町村ごとに薬剤散布をするというと反対だ、賛成だという論議が始まって、でまたこちらで薬剤散布をしようとすると同じようなことが始まって、県内そのことの繰り返しできてます。

岡谷市議会 2018-12-06 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−04号

◆6番(笠原征三郎議員) これは市単独ではとてもできる仕事ではない、それは重々わかっていることなんですが、それでは、次にお聞きしていきますが、全国知事会では、「協会けんぽ」並みの国保税になるようにということで国に要望していると思いますが、これは事実ですか。 ○議長(武井富美男議員) 百瀬市民環境部長。

伊那市議会 2018-12-05 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号

全国知事会は、この国保制度の存続のために、国の1兆円の負担増を求めています。全国市長会も、国による3,400億円の財政支援を継続するよう求めています。これ以上の負担増は耐えられません。国は今後も、医療や介護の自己負担をふやし、年金の受け取りを70歳まで先送りにすれば、年金額をふやすなどと言っています。

軽井沢町議会 2018-12-04 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号

町でのアスベスト対策の広報、指導の件ですが、大気汚染防止法によりまして、アスベストの飛散を防止するため、特定建築材料が使用されている建築物または工作物の解体、改造、補修作業を行う場合に、特定粉じん排出等作業届け出を作業開始の14日前までに都道府県知事へ届けなければならないとされておりますので、所管する佐久地域振興局環境課によりまして指導を行っているため、町からの広報、指導は特段行っておりません。  

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

この間、先ほど言いましたけれども、全国自治会や知事会、市町村会から、保険料が高いから構造的な仕組みになっている、その財政をきっちりしてほしいという要望が国へ出ています。国保加入者1人当たりの平均保険料は、政府の試算でいっても、中小企業の労働者が加入する協会健保の1.3倍、大企業の労働者が加入する組合健保の1.7倍という水準です。

原村議会 2018-12-03 平成30年第 4回定例会−12月03日-02号

そういった中で、2014年に全国の知事会は国保料を協会けんぽ並みの保険料に引き下げるために1兆円の公費の負担の増額が必要だ、これを要望したいと、全国知事会は国に対して要望しております。  全国で均等割、ほかの保険にはない均等割と平等割ですね、これとして徴収されている国保料の保険料額は、ちょうど1兆円だということです。