1603件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

ちょっと時間ありませんので続けてですね、文化発掘としてまだまだ下諏訪町には宝があると考えております。例えば3区青雲館にある十王像などや個人所有のものがいっぱいあります。町として積極的に鑑定し発掘していきたいものであります。そのためには人が必要であります。ボランティアでもよいのですが、わかる人員の確保をお願いしたいのですが、お考えをお聞きしたいと思います。 ○議長 教育こども課長。

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

当町の小学校の時間外勤務の平均でございますが、県の調査がありまして、5月調査と12月調査というのがございました。それで、5月調査というのは4月の働き方、12月調査というのは12月の働き方なんでございますけれど、小学校の場合、本年度の5月の調査では49時間59分の月超過の平均の時間が出ています。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

それによって具体的にどうしていくのかをまとめていくのが基本構想ということで、まとめてきたわけでございまして、今年度、担当課で近隣の県を含めまして数々の展示場でありますとか、遊休地の活用の先進地でありますとか、そういったところを視察させていただいたり、市のアドバイザーからの御意見、それから大学、関係する企業とのいわゆるサウンディング調査という事前調査を行って、研究をしてきたところでございます。  

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会-02月19日-目次

「創生すわ」の要望・課題事項の対応と予算への反映について│ │   │       │(1)観光政策をより推進するためのヘルスツーリズムと観光地に│ │   │       │   ふさわしいトイレの環境整備の対応は          │ │   │       │(2)広域連携を拡大促進するための専門部署設置と調査研究は │ │   │       │4.南海トラフ地震の諏訪地域への影響予測と災害予防

飯田市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−05号

実際に長時間労働を体験している看護職員の労働実態調査でも、慢性疲労や健康への不安などをあわせて訴えている方が多いことからも、請願趣旨に賛同する。あわせて、請願項目にある勤務時間のインターバルの確保や夜間勤務の負担軽減などで、医療介護現場の安全・安心を高める必要がある。趣旨適当であり採択との発言がありました。  次に、過去にも同様の請願があり、そのときに議論した経過もある。

安曇野市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号

それに何より、この制度のことをほとんど知らない、かくいう私もこの無料低額診療の調査の中で初めて知りました。一般の市民の方はほとんど御存じないかと思います。幾らこういう制度があったとしても、知らなければ使えないということで、もう制度がないのと同じになってしまいます。  

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

やはり博物館長が展示解説もできないようでは困りますし、図書館長が蔵書の選定もできないようでも困りますので、そのあたりはこれからも人材を発掘していただいて、よりよい方を配置していただくようにお願いいたします。この質問はこれで終わりにいたします。  

安曇野市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号

本年度、安曇野市生きもの調査を実施し、身近な生き物を中心に、生育・生息分布を調べる市民参加型の調査で、身近な生き物、希少な生き物、注意すべき生き物の3つの観点で絞り込み、全66種の生き物を対象とし、5年に1度を目安に実施、今回が3回目となります。本調査では、平成19年度、また平成24年度の結果との比較によりまして、市内の自然環境の変化を把握すること。

長野市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号

サウンディング型市場調査は、最大の効果を上げるための一つの手法でありまして、最適な事業実施に向けた対話でありますので、本調査を導入すれば、必ずしも、即座に効果が出るというものではありません。今後、調査対象事業の選定や調査時の前提となる条件設定など、サウンディング型市場調査の効果を高めるための検討を進めてまいります。

伊那市議会 2018-12-06 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号

10番(二瓶裕史君) そのいろいろな講座とか主催するときに、誰が講師がいいのか、先生がいいのかなといったときに、その課だけでは持ってない人材とか人のつながりというのが、横のつながりがあって計画、企画をしていけば、あそこにああいういい先生がいるよとか、いい講師がいるよという情報も集まるので、その横のつながりで生涯学習、講座を実施していく、企画していくというのが非常に大事なことであって、また適切な人材も発掘

岡谷市議会 2018-12-06 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−04号

(1)地籍調査の現状についてです。  国土調査法に基づく地籍調査は、昭和26年に開始されております。既に調査が完了している市町村がある一方で、岡谷市においては未着手となっておりますが、現状について伺います。  (2)地籍調査の必要性及び有効性についてでございます。  

伊那市議会 2018-12-05 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号

これらの中でしっかりと発掘調査が行われた古墳は、わずか4基しかないそうです。伊那市には、既に消滅した古墳を含めて111基の古墳の記録があるそうでありますけれども、そのうちの2基は方墳、残りは全て円墳とされていました。  上伊那地域では、箕輪町にある松島王墓古墳が、唯一の前方後円墳として知られているそうですけれども、老松場古墳の築造時期については、出土遺物が少なく確定できていませんでした。

原村議会 2018-12-03 平成30年第 4回定例会−12月03日-02号

あと、道路沿いの電線の保護を目的とした予防伐採が必要となりますが、危険箇所の調査、所有者調査、また所有者の同意が必要となるため、時間はある程度かかる事業が予想されます。あとこの事業につきましては中部電力の協力も得られることからですね、この機会に倒木による停電防止対策を十分協議しながら進めたいというふうに考えております。  

伊那市議会 2018-11-26 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-11月26日−01号

会計管理者       有賀明広        高遠町総合支所長    山崎大行        長谷総合支所長     有賀賢治        総務部参事       山口俊樹 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 4.職務のため出席した事務局職員        事務局長        春日 武        次長          松澤美保        議事調査係長

諏訪市議会 2018-09-18 平成30年第 4回定例会−09月18日-05号

企業内施設では、保育士の資格を持った人が基準の半分くらいとなっていたり、調理室の整備、設備が不十分、そういったことが国内の調査でも明らかになっております。  保育の質に対する不安、疑問がございます。申請であるために、これを認可することにより、監督義務が行政にあるため、質の確保には十分注意するという答弁がありました。

原村議会 2018-09-18 平成30年第 3回定例会−09月18日-付録

〇 事務調査   ・保育園高温化対策 エアコン設置状況   ・豪雨災害復旧箇所 被害状況及び復旧状況の確認   ・小中学校29年度修繕箇所及び備品購入 修繕状況の確認と購入備品の確認    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜                            平成30年9月18日 総務産業常任委員会  委員長 宮 坂 早 苗 様                    

原村議会 2018-09-18 平成30年第 3回定例会−09月18日-04号

それからJA旧柏木の店舗については、先ほど申し上げましたように加工所ということで、住民の皆さん方が一つのそういった取り組みができる方向ができたということで期待をしていたんですけれども、挫折してできなかったということで、今回文化財の調査がそちらのほうに移るということで。それはそれで今の状況を見るとやむを得ないというふうに思います。  

安曇野市議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号

昨年6月定例会の一般質問でもお答えさせていただきましたが、安曇野市におきましても災害の未然防止や被害の軽減を図る観点から、大規模盛土造成地の有無やその位置等を把握することは重要であると考え本年度予算に調査費を計上し、現在、業務委託により調査を実施しているところでございます。