運営者 Bitlet 姉妹サービス
1039件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号 現役世代にさらに負担を強いたり、国が借金をして負担を先送りしていくのではなく、後期高齢者の方にも負担できる方には負担していただき、痛みをみんなで分かち合わないといけない段階に来ていると認識をしております。   もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 静岡県小山町の町長は特別区の区長に13億円持っていかれると聞いたが、蚊が刺したほどの痛みにもならないのではと語っています。世田谷区の一般会計は3,000億円なので、41億円はそのうちの1.3%です。杉並区は1,900億円の財政なので、1%にもなりません。蚊が刺したほどというのは大げさじゃないでしょう。首都圏の税収が失われて、泣かされる子供や高齢者が出るという主張こそ大げさでしょう。 もっと読む
2018-11-21 長野市議会 平成30年 11月21日 まちづくり対策特別委員会-11月21日−11号 そして、やはりそれぞれそれによって痛みを伴う方もいらっしゃるだろうし、地域もあるでしょうし、そういったことをどうするのかという、そういう検討をするべき、しているのかもしれませんけれども、我々がちょっと見えないんですよ、この辺は。部長に伺います。 ○委員長(布目裕喜雄) 羽片部長 ◎都市整備部長(羽片光成) 正におっしゃるとおりだとは思います。   もっと読む
2018-09-18 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号 この平和な日本をつくる営みの源は、生きる権利が奪われた悲惨な戦争の記憶、痛みであり、戦争の事実の学習だと考えます。戦争体験者が少なくなる中、直接の戦争の記憶と痛みがない国民が8割を超える今、戦争の事実を学習すること、これが平和のとうとさを理解し、平和の営みを続けていく上で必須であると考えます。   もっと読む
2018-09-14 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号 市も地域住民も最も痛みの少ない着地点かもしれません、もしかしたら。うまくいかないかもしれないですが、もしかしたら、そうなる可能性は十分にあると思うんですね。だとすれば、これはもっと市にも真剣に対応をいただきたいと思います。   もっと読む
2018-09-10 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号 また、5年以内に再度接種すると、注射部位の痛みや腫れなどの副作用が初回より重いという報告もなされておりますことから、現時点においては再勧奨を行う考えはございません。なお、国でも自費での接種を含め過去に1度でも接種を受けたことがある方は今回の定期接種の対象外とされております。 もっと読む
2018-09-10 佐久市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−03号 財政再建への歩みとして、旧佐久市を例に申し上げますと、市税の税率引上げや職員の人員整理などを断行し、その痛みに市民の皆様とともに耐え、乗り越えてきた歴史がございます。  そして、財政が健全でなければ、地方自治体の目的である住民福祉の向上を図ることが困難になるという、過去の苦い、つらい経験が礎となり、その教訓が佐久市の財政規律として脈々と受け継がれ、現在の財政基盤を築いてまいりました。 もっと読む
2018-09-07 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月07日-04号 質問で、ナビの質問のスタートは「運動に興味がある」、答えが「はい」には、次のQで「運動する気持ちはあるが、関節に痛みや不安があるか」の質問に「ない」、その答えが「いいえ」にはワンポイントアドバイスまで。まずは自分の体の状態を知ることから始めようということになり、カラダくらぶの紹介がなされ、運動・栄養・休養について講義と実技を交えて学ぶ案内になります。 もっと読む
2018-06-15 佐久市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月15日−04号 それで、ポリファーマシーの多くは、予防投与と副作用症状のための投与が多いと思うんですけれども、病気の痛みを和らげたり進行を抑制するために飲んでいるのに、副作用、相互作用等で、また高齢者の健康に様々な影響があるということを、初めて私はその方から認識し、その後、いろいろとまた勉強させていただきました。この女性は移住して1年たたない間に3人の認知症の方を保護されております。   もっと読む
2018-03-20 軽井沢町議会 平成30年  3月 第1回定例会(3月会議)-03月20日−05号 児童生徒には今までお世話になった先生や保護者への感謝の気持ちを忘れずに、これからの人生においても人の痛みが分かち合え、自分自身で生きる意味、また学ぶ目的を持ち、これからの軽井沢町を担う立派な人に成長してほしいと願っております。  また、23日には、町内4保育園の卒園式が行われる予定であります。 もっと読む
2018-03-05 箕輪町議会 平成30年 3月定例会-03月05日−02号 接種後に副反応と思われる持続的な痛みが見られたとの報告があったことから同年6月14日から現在までワクチンの接種を積極的に勧めるということは一時差し控えることになっています。5年が経過しようとしていますが箕輪町の現在の接種の状況と合わせて子宮頸がん健診の受診率についてお伺いいたします。 もっと読む
2018-03-02 安曇野市議会 平成30年  3月 定例会-03月02日−04号 したがって、この際、市は本来の合併目的、そして市の将来像を見通したとき、子供や孫の時代まで安心して暮らしていくために必要な行財政改革の姿、痛みを伴う統廃合改革、民間活力を導入した公共施設のあり方などについてわかりやすくまとめた小冊子を作成して、全戸配布するとともに、市民説明会を市内各地で行い、市民の理解をいただく努力を重ねることが必要と思います。 もっと読む
2017-12-07 安曇野市議会 平成29年 12月 定例会-12月07日−04号 人口減少問題は、市民の暮らしに今はさほど痛みを感じませんが、将来大きな痛みを伴い、行政運営の危機、破綻さえ招く問題だと考えます。  長野県では、昨年10月に長野県婚活支援センターをオープンさせて、婚活サポーターによる出会いの相談や仲介、婚活イベントなどの情報発信など、結婚したい方々のお手伝いをしています。 もっと読む
2017-12-06 長野市議会 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号 安倍政権は、衆議院議員総選挙後、経団連が要求した国民の痛みを伴う改革に応え、社会保障のあらゆる分野で給付削減の大なたを振るおうとしています。介護保険では、要支援、要介護と認定されている人の65パーセントが保険給付の枠外に置かれる大改悪です。再来年の消費税10パーセントへの増税も、計画どおり強行する構えです。こうした安倍政権の姿勢について、加藤市長の見解を求めます。   もっと読む
2017-10-02 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第4回)-10月02日−06号 また、乳房撮影装置については、乳房を短時間でスキャンし、複数の画像収集ができる3次元撮影が可能な装置であり、患者さんにとっては、撮影時間の短縮や乳房圧迫時の緩やかな動きにより痛みの軽減が図られるとともに、以前は撮影できなかった車椅子の患者さんの撮影も可能になったとのことであります。  次に、経営改善について。  資料NO.13「平成28年度経営基盤安定等の取り組みについて」を参照してください。   もっと読む
2017-09-19 松川村議会 平成29年第 3回定例会−09月19日-03号 ◎教育長(西澤勇君) 現実的に開催する云々ということは、学校のほうとまだお話をしてありませんので、校長のほうとか話はしてみたいというふうに思いますけれども、小学校のほうでは、特に人の痛みを感じることができる子供の育成に重点を置いているということを基本的にやっているということを、校長のほうから聞いておりますので、そういう部分でいろんな体験とかですね、行事をやっている場合がありますので、いずれにしましても もっと読む
2017-09-15 安曇野市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−06号 一般質問においては、19人の議員がなされ、中でも合併の痛みと申しましょうか、今後避けては通れない公共施設の統廃合、あるいは再配置に関し、複数の議員が取り上げておられましたし、また市民からはそれに関連する陳情もございました。今後、十分議論され、よりよい方向に進展することを願うばかりでございます。  合併から12年が経過しようとしております。 もっと読む
2017-09-13 軽井沢町議会 平成29年  9月 予算決算常任委員会(9月13日)-09月13日−01号 関節の痛みの予防や改善、柔軟性を保つ運動指導を行うことにより利用者が増加し、健康維持や健康増進が図られました。  次に、受付業務委託206万円は、木もれ陽の里健康増進部門での受付、施設案内業務をシルバー人材センターに委託した経費でございます。シルバー人材センターに委託することで高齢者の就業機会を確保するとともに、親しみやすい対応や雰囲気づくりにより多くの方に利用していただけました。   もっと読む
2017-09-11 塩尻市議会 平成29年  9月 定例会-09月11日−04号 正直私も60を過ぎましたけれども、あっちこっち体の痛みも出てくるわけでして、公共施設でもやっぱり耐用年数ですね、言ってみれば寿命があるわけであります。 もっと読む
2017-09-11 箕輪町議会 平成29年 9月定例会-09月11日−02号 要するに長年続けてきた体制を変えるということはこういうことだというふうに思っておりまして、痛みが出たということだと思いますが、これやむを得ないというふうに思います。新しい体制で実施をしていくと、そして反省すべきところは反省をしていくということでございまして、今回の事態がそういった一つの表れだというふうに思っております。 もっと読む