運営者 Bitlet 姉妹サービス
1819件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 憲法26条2項では、義務教育はこれを無償にするとうたっています。給食は教育の一環である食育として、学校教育に位置づけられていますから、給食の無償は当然と考えます。  一方、子育てしやすいまちづくりを目指している安曇野市として、少子対策、子育て支援の施策として無償を実施することは大変有効であると考えます。全国的には、段階的に実施している学校もあります。   もっと読む
2018-12-10 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 県内各市の状況でございますが、無償貸与制度が6市、また機器購入に対します補助制度が7市ございます。運用の仕方やそれに伴う課題など、他市の状況を参考にしながら、本市では補助制度と考えております。  今後は、補助対象者、補助件数、また補助対象機器の種類など、またその運用について検討してまいります。 もっと読む
2018-12-04 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号 幼児教育の無償に向けた当町の取り組みについて伺っていきたいと思います。  国は、2019年、来年10月から幼稚園、保育所、認定こども園における幼児教育の無償を実施するとしております。いまだ無償がどの範囲までされるのかというのが明確ではない状況ではありますが、これが実現した場合、可能な限り子どもと一緒にいようと頑張っていた母親が子どもを預けて働いてみようかなと考えるきっかけにもなり得ます。   もっと読む
2018-11-29 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-11月29日−01号 各世帯へエコバッグを無償配布することで、一人ひとりがこの問題について意識し、プラスチックごみの削減に取り組むことで環境汚染を防ぐことにつながるものと期待をしております。  今年、記録的な猛暑が続き、全国で冷房空調設備の設置の動きが一斉に広がる中、町の保育施設、子育て支援施設及び学校施設への設置状況でありますが、保育施設においては、各保育園未満児室に一部設置済みであります。 もっと読む
2018-09-21 安曇野市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月21日−01号 それから、3つ目には、効果的な介護予防ケアマネジメントと自立支援に向けたサービス実施によって重度を防ぐとし、これらの結果、費用の効率が図られることを目指す。   もっと読む
2018-09-20 安曇野市議会 平成30年  9月 総務環境委員会-09月20日−01号 今、観光客ということでありますが、この篠ノ井線の活性というのはやっぱり観光客のためなのか、周辺住民、安曇野市民の利便性を高めるという意味合いなのか、今言うように、観光客のための活性という解釈でいいんですか。お聞きします。 ○山田委員長 政策経営課長。 ◎高嶋政策経営課長 活性という面では、外部からのお客さんを呼び込むということが1つあろうと思います。   もっと読む
2018-09-19 松川村議会 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号 それに伴いまして保育料の無償が実施されるというふうになっております。  先日、共同通信が全国主要都市を対象にした調査結果が発表されておりました。それを見ますと、無償によって入所希望者が急増して保育所に入れない子供が出るのではないかと心配されるということです。   もっと読む
2018-09-18 飯田市議会 平成30年  9月 産業建設委員会協議会-09月18日−01号 次に、利用状況でございますが、年間14万人余の方々に利用されておりますが、勤労者の高齢や民間施設における利用環境が整ってきたことなどにより、利用者数は若干減少傾向にございます。  施設の管理につきましては、平成8年度から平成17年度までは県からの業務委託、平成18年度からは指定管理者として飯田市が管理・運営を行ってきております。 もっと読む
2018-09-18 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号 次は、保育無償と踏ん張る安曇野市というテーマです。  2019年10月から幼児教育の無償を国は実施します。今回の政策により、市はどのような影響を受けるのか、これを質問してまいります。  まず、無償されれば、それでは子供を預けて働こうという母親もふえ、結果、都市部では待機児童がふえると言われています。これは安曇野市の場合はどうなるか。現在、待機児童等もいる状況ですが、お答えお願いします。 もっと読む
2018-09-14 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号 また、昨年度、穂高川におきまして河川内に繁茂する樹木を公募により希望者に伐採していただき、その伐木を無償で提供することにより伐採コストの縮減及び木材資源の有効利用を図ったというふうに伺っております。  県管理の河川に堆積した土砂の除去については、県管理の河川につきましても、千曲川河川事務所と同様の対応ということのようでございます。   もっと読む
2018-09-13 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−02号 (都市建設部長 横山 正 登壇) ◎都市建設部長(横山正) ただいま、早期事業に向けた県・国への働きかけと今後の対策についてお尋ねをいただきました。  議員からも御紹介がありましたように、近年は、雨の降り方が局所、集中しておりまして、豪雨による土砂災害が全国各地で頻発しております。   もっと読む
2018-09-12 飯田市議会 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号 まず出生率の低下、晩婚に対するグループワークの中では、いわゆる次世代がいなければ社会は衰退するということの理解を子供たちに得ていただいたというような状況でございました。  また、少子を考えるグループワークの中では、経済的負担、仕事との両立困難、良縁にめぐり会わないというようなところを原因として少子が生まれておるというような理解を子供たちにしていただいたというところでございます。   もっと読む
2018-09-07 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月07日-04号 12年ぶりとなる今回の改正は、急速な人口減少、少子、高齢に対応し、バリアフリーを一段と加速させることが目的です。  障がい者が十分に社会参加できる共生社会の実現に向けた取り組みを、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を機に、東京だけではなく全国各地で推進する点からも大きな意味があります。   もっと読む
2018-09-03 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−趣旨説明−01号 一方、国が来年10月から実施を目指す幼児教育、保育の無償は未だ制度の詳細が示されず、7月の全国市長会において確実な財源確保や実施時期の配慮などを求めたところであり、引き続き国等の動向を注視しながら、市としても無償の実施に支障を来すことのないよう準備を進めてまいります。   もっと読む
2018-08-01 飯田市議会 平成30年  8月 社会文教委員会協議会-08月01日−01号 そういったところをうまく飯田市も取り入れて、それが14市町村広くにプログラムされて、クラウドされていくということが少なくとも必要なのかなと思います。   もっと読む
2018-07-19 飯田市議会 平成30年  7月 議会による行政評価・全体会-07月19日−01号 この多様してきているという多様は何か教えていただけますか。 ○議長(清水勇君) 遠山産業経済部長。 もっと読む
2018-06-21 安曇野市議会 平成30年  6月 経済建設委員会-06月21日−01号 この既存の施設も供用開始から20年程度経過しておりまして、機械、電気設備等においては、法定耐用年数にも達していますことから更新時期も近づいていますので、早急に取り組みたいところでございますが、県において本年度より汚水処理の広域・共同計画の策定に取り組んでいくということになっておりますので、この計画との整合を図る必要があります。 もっと読む
2018-06-19 諏訪市議会 平成30年第 2回定例会−06月19日-06号 その一方、水道事業拡張の時代に布設した管路等設備の老朽が進み、今後も健全資産の割合が低下するとともに、耐震を進める必要があるため、水道料金の値上げ改定が必要であるということであります。   もっと読む
2018-06-19 安曇野市議会 平成30年  6月 総務環境委員会-06月19日−01号 契約には着手金と、それから裁判費用が含まれていますので、請求がある都度予算して執行しております。  これでよろしいでしょうか。 ○山田委員長 小林委員。 もっと読む
2018-06-15 下諏訪町議会 平成30年 6月定例会−06月15日-05号 討論では、国から格安で購入し、企業創業、産業の活性につながる施設のリノベーションには若い人の参加があり、今後もふやしていくことで移住したり仕事ができたりで活性につながるとの賛成討論がありました。  採決では挙手全員で原案どおり可決いたしました。  議案第40号 下諏訪町税条例の一部を改正する条例について。 もっと読む