運営者 Bitlet 姉妹サービス
145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 飯田市議会 平成30年  9月 産業建設委員会-09月14日−01号 2款1項交付金でございますが、東野財産におけます財産事業に対する交付金を増額したいとするものでございまして、内容は東野まちづくり委員会と東野財産の協働によります地区内の施設の環境整備事業に対する交付金でございます。  次に、歳入について御説明いたします。  10、11ページをごらんいただきたいと思います。   もっと読む
2018-09-12 飯田市議会 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号 実際には、この5つの小学校で公民館とか地域の方の協力をいただきながら運営、開催日数といいますか、そういうのはそれぞれ違いますけれど、運営をしている現状であります。 もっと読む
2018-09-10 飯田市議会 平成30年  9月 総務委員会-09月10日−01号 まず、地域再生法による課税免除関係の改正でございますが、本条例につきましては、これまで3年間、東京23からの本社機能の移転及び地域における本社機能の拡充につきまして、不均一課税という税制上の優遇措置を講じてきたところでございますが、今般税制改正によりまして、本社機能の移転につきましては、課税免除というさらに踏み込んだ措置を講じるとともに、移転もとが東京23から近畿圏中心部及び中部圏中心部に拡大されたことによります もっと読む
2018-08-02 飯田市議会 平成30年  8月 総務委員会協議会-08月02日−01号 例えば壮年団、婦人会、高齢者クラブ、勤労協、日赤奉仕団、これは赤十字奉仕団ですが、PTA等、組織が機能し、や公民館活動を支えて協力してきました。しかし、これらの団体の組織力が今低下しておるということが言われておりますし、事実低下しております。それと低下し、機能しなくなる、またしづらくなると、その分、の役員の皆さんの負担増になる。 もっと読む
2018-08-01 飯田市議会 平成30年  8月 総務・産業建設委員会協議会(合同)-08月01日−01号 途中酔っぱらいがリンゴをとっちゃったりいろいろなこともあったけれども、それを克服して、今や全国だけれども、知る人だけが知る全国なんだけれども、この汗と涙の物語をドラマ化するなり映画化して、どういうことかというと、奥飛騨慕情も飛騨の里、観光客はなかったんだけど、奥飛騨慕情からもうホテルが建ってすごいいまだに観光客が多いんですよね。 もっと読む
2018-07-20 飯田市議会 平成30年  7月 総務委員会-07月20日−01号 合わせてそういった省エネ住宅の普及とか、あるいはそういった面的なエネルギー街の創出に向けた先行的な自治体の視察も行っておるところでございます。  そして、渋谷との「みどりの環」の交流でございますが、こちらについては8年目を迎えております。 もっと読む
2018-03-16 飯田市議会 平成30年  3月 総務委員会-03月16日−01号 主な増減内容は、市議会議員選挙、財産議会議員選挙の減と県知事選挙と県議会議員選挙準備の増でございます。  それでは、事務事業進行管理表の55ページをお開きいただきたいと思います。  選挙管理委員会運営事業でございます。来年度予定されております選挙の適正な管理・執行を行うものでございまして、内容は選挙管理委員の報酬、選挙事務補助員の賃金など委員会運営費でございます。   もっと読む
2018-03-15 軽井沢町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月15日)-03月15日−03号 昼間の11時くらいから夕方までおりまして、観察してあいている時期については、ほかのビジョン、例えば渋谷とあと青山ですか、あと秋葉原、そちらのほうにも行ってまた戻ってきてという形ですが、非常にアルタビジョン周辺、東南アジアの方と欧米の方、欧米の方が1割かそこら辺ぐらいですか、非常に多く、ほかの渋谷、青山に比べて非常に昼間においては欧米はインバウンドの方が非常に多いというのがまず、印象でした。 もっと読む
2018-03-13 飯田市議会 平成30年  3月 産業建設委員会-03月13日−01号 1款2項財産管理費を減額したいとするもので、大十財産ほか、2財産に係る森林総合研究所の分収造林業務委託料を事業費の確定により減額したいとするものでございます。  事業の内容でございますが、大十財産においては、事業の実施は見送りとなりましたが、中村及び山本財産におきましては、生物害防除を約6ヘクタール実施いたしました。  次に、歳入について御説明いたします。 もっと読む
2017-12-06 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月06日−02号 昭和56年から始まったふるさと祭りも、ことしで37回を迎え、11月2日に東京都渋谷にありますアイビーホールを会場に開催し、100余名の皆様に御参加をいただきました。 もっと読む
2017-09-15 飯田市議会 平成29年  9月 総務委員会-09月15日−01号 これは、主に市長選挙及び財産議会議員選挙が無投票となったためでございます。また、決算額は前年度対比で40.77%の増でございますが、平成27年度の主な執行選挙は県議会議員選挙でございまして、28年度の主な執行選挙は参議院議員選挙、飯田市長選挙でございまして、執行した選挙の増によるものでございます。  それでは、1目をお願いいたします。 もっと読む
2017-09-14 軽井沢町議会 平成29年  9月 予算決算常任委員会(9月14日)-09月14日−02号 続きまして、面替条件整備基金造成費分担金、決算額921万5,000円、事業内容といたしましては、新クリーンセンター建設地の隣接地区の面替より条件整備として出されておりました地域振興基金に関する分担金でございます。 もっと読む
2017-09-04 諏訪市議会 平成29年第 4回定例会−09月04日-03号 ただ、特にそのことで全てのに対してどうですかという話をしたわけではございませんので、そういったが幾つあるかという数的なことは、申しわけありませんが、そこまでは確認をしてございません。ただ、複数のから実際に区長からそういったことを考えているという話が上がったということでございます。   もっと読む
2017-09-01 安曇野市議会 平成29年  9月 定例会-09月01日−02号 また、などの地域コミュニティは重要な組織であり、学校OBや住民が地域性にこだわりを持っている点も尊重しなければならない課題であります。   もっと読む
2017-08-01 飯田市議会 平成29年  8月 総務委員会協議会-08月01日−01号 それを聞いていた人も、じゃあまだ今の段階でには伝えないほうがいいですねというような話が逆に出るような、初期の形から進める方向から相談をしているという姿勢がすごく受け入れられているように見受けられました。   もっと読む
2017-06-21 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成29年  6月 総務文教委員会-06月21日−01号 1つは、小出一の自主防災組織で、主なものは防災倉庫とかテント等を購入したいという内容になってます。それから、もう一つは北新の自主防災組織で、こちらのほうでは灯光器とか担架、あるいはヘルメット等を購入したいという内容で採択となっております。 ○委員長(唐澤千明君) 宮原地域創造課長。 ◎地域創造課長(宮原貴敏君) その下のコミュニティ振興事業についてのお答えを申し上げます。 もっと読む
2017-06-21 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成29年  6月 総務文教委員会-06月21日−01号 1つは、小出一の自主防災組織で、主なものは防災倉庫とかテント等を購入したいという内容になってます。それから、もう一つは北新の自主防災組織で、こちらのほうでは灯光器とか担架、あるいはヘルメット等を購入したいという内容で採択となっております。 ○委員長(唐澤千明君) 宮原地域創造課長。 ◎地域創造課長(宮原貴敏君) その下のコミュニティ振興事業についてのお答えを申し上げます。 もっと読む
2017-06-01 大町市議会 平成29年  6月 定例会-06月01日−03号 5月1日の未明には渋谷駅で人糞が、うんこですよね、うんこが50メートルにわたってまき散らされていた、そういうことがありました。こういう悪いやつらの意図するところがどこにあるのかをしっかりと考えなきゃいけないところだと私は思っております。   もっと読む
2017-03-23 小諸市議会 平成29年  3月 定例会(第2回)-03月23日−05号      議案第16号 平成29年度御牧ヶ原財産特別会計予算      議案第17号 平成29年度古牧財産特別会計予算      議案第18号 平成29年度小諸市滋野財産特別会計予算      議案第19号 平成29年度乗瀬地区市有地管理事業特別会計予算      請願29−2 「第4回全国風穴サミットin信州小諸」の開催支援を求める請願書     4.議案第38号 平成28年度小諸市一般会計補正予算 もっと読む
2017-03-07 長野市議会 平成29年  3月 7日 まちづくり対策特別委員会-03月07日−02号 最後に、方策6、人と街をつなげる、まちの魅力を生み出し増幅するプラットフォームの形成でございますが、現在、長野市では門前エリアで進めております中心市街地遊休不動産活用事業の中で、もともとは土地や建物の所有者でもなく、また、や商店街、神社の氏子といった側面でも、まちの重要な役割を担っていたわけではないんだけれども、まちの活力を取り戻す上では、今や欠かせないプレイヤーとして地域に溶け込んで活動されておられるという もっと読む