運営者 Bitlet 姉妹サービス
1687件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 下諏訪町議会 平成30年12月定例会-12月21日-05号 その内容は、富士見橋信号右折禁止は、春宮大門信号からの渋滞があり、右折する車があるとさらに渋滞が激しくなること。左折については、鋭角的に曲がらなければいけなく、左折が難しく、さらに信号待ちの対向車があると左折に時間がかかるなどの聞き取り調査結果の報告をいただきました。   もっと読む
2018-12-17 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号 1点目は、丹波島橋等における渋滞対策についてであります。  犀川を挟んだ市の南部と北部との交通において、丹波島橋や長野大橋はボトルネックとなっており、特に通勤時間帯の渋滞は本市の積年の課題であります。   もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 ただ、運営上、赤字解消をどのようにしていくかということは大変重要な課題であるというように捉えておりますので、できることなら健康ジム的なものを民間の活力を投じることができるのかどうか、そして民間の投資ができるのかどうか、そんなことの研究はしてまいらなければいけないというように考えております。  以上です。 ○議長(小松洋一郎) 宮下議員。 もっと読む
2018-12-12 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月12日-03号 だから駐車場の中に何台もとまって、さらに道のところに何台も太鼓橋の下までつながるという大渋滞があるという状況がありますので、そんな混雑についての対策があるのかどうか。  それから、道路の問題では、春宮の前から太鼓橋までは町道で整備をしていただきましたけれども、その下については側溝が非常にぎくしゃく、段差があり、歩行者や自転車、それから車椅子などは本当に歩きにくいというのが寄せられております。 もっと読む
2018-12-11 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号 また、これまで地域ごとに水道事業を運営してまいりましたが、平成29年3月に安曇野市水道事業としての統合が行われたことから料金体系も統合すべきだとの意見が出されるとともに、過去において議論された施設面の地域差は、合併後、これまでに行った老朽化などの施設更新によって解消をしつつある点を確認いただきました。   もっと読む
2018-12-07 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 農業・農村の持続的発展を図るために、長野市農業振興アクションプランを効果的に実行し、農業者や市民が誇りと自信の持てる農業を実現することや、喫緊の課題となっている耕作放棄地の解消を図るため、再生、利用に対し積極的に施策展開を図り、支援することが求められています。   もっと読む
2018-12-05 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 今年度は冷房が1台も無い未設置の子どもプラザの解消に取り組んでおりまして、来年度に予定していた未設置プラザへの整備分につきましても前倒しし、今年度内には冷房の未設置施設が解消される見込みでございます。   もっと読む
2018-12-03 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号 ほかにも環境保全、森林整備、渋滞対策、挙がっておりましたテーマで、これらもSDGsとしてのテーマとしてとらえられると考えております。この辺も含めて、町長、お考えをお聞かせいただけますでしょうか。 ○議長(市村守君) 答弁願います。  藤巻町長。      〔町長 藤巻 進君登壇〕 ◎町長(藤巻進君) お答えをいたします。  今、川島議員がおっしゃられた全くそのとおりかと思います。 もっと読む
2018-11-21 長野市議会 平成30年 11月21日 まちづくり対策特別委員会-11月21日−11号 それと、もう一つは、実際に運賃がやや鉄路に比べると高目であるということで、その部分を解消するような意味合いが強いのではないかと思っています。  一部の市民の皆さんから電車へもおでかけパスポートの適用をといった声を聞いていると私ちょっと聞いてはございますが、現在、保健福祉部ではまだそこまでのところは踏み込んでいないと了解しています。 もっと読む
2018-09-25 安曇野市議会 平成30年  9月 経済建設委員会-09月25日−01号 この説明でございますが、農業者が荒廃農地を解消する場合に交付する国の荒廃農地等利活用促進交付金がございます。今回4件の実施希望がございました。解消面積の合計が1.5ヘクタールを予定しておりますので、200万円の計上でございます。  最後でございます。ページ、めくっていただきたいと思いますが、6款1項7目畜産業費、三郷堆肥センター運営事業でございます。 もっと読む
2018-09-12 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−02号 ○議長(小林治晴) 小林保健所長      (保健所長 小林文宗 登壇) ◎保健所長(小林文宗) 産婦健診により、精神的ストレス等について診察した結果、要支援、要観察などと判断された場合は、国が示す実施要綱に定められているとおり、健診を実施する医療機関等から速やかに報告を受け、必要に応じて産後ケア事業の利用勧奨や訪問指導を行うことで、妊産婦の不安の解消や育児不安の低減のための支援を進めてまいります。 もっと読む
2018-09-11 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号 空き家対策は、空き家化の予防、適正管理、利活用の促進、管理不全な空き家の解消等、さまざまな課題があります。庁内検討会は、政策企画部、総務部、財政部、生活環境部、福祉部、商工観光部、都市建設部、消防部と8部13課で構成されております。現在、上田市空家等対策協議会が設置され、上田市空家等対策計画策定に向けてパブリックコメントも行われました。現状、この事務を担っているのが建築指導課です。 もっと読む
2018-09-11 佐久市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−04号 こちらの手間のほうにヘルシーテラス佐久南があるわけなんですけれども、この道路が大体2メートル70センチの幅でございまして、野沢方面から結構大きな車が来ると、右折ラインが横断歩道から3メートルぐらいしか下がっていなかったのですけれども、今は大体6メートル下げていただいて、比較的スムーズに、交通の渋滞がなくいっているんですけれども、見ていますと、時々このような特殊車両が出入りしておりまして、このような車 もっと読む
2018-09-07 佐久市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月07日−02号 障害による差別の解消を目指して制定された障害者差別解消法では、国や自治体に対して提供を義務付けているというものです。  やはり一番の先進市では明石市になりますが、明石市合理的配慮の提供支援に係る助成制度が2016年4月から始まっています。障害者差別解消法に基づき、商業者や地域の団体が障害のある人に必要な合理的配慮を提供するために係る費用を市が助成するというものです。 もっと読む
2018-09-04 軽井沢町議会 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月04日−03号 今課長がおっしゃったことはよくわかるんですけれども、例えば新駅ができることで、冬季間の安全確保、それと夏の渋滞時の住民、観光客の不便解消など、利便性の向上につながることは十分あると考えていますが、また周りの方も、これ私以前にも言っていますけれども、夏場混んだときには、木もれ陽の里に行きたくても時間がかかっていけないと。孫に送っていってもらうにしても、車が混んでいて家から出られないと。 もっと読む
2018-06-21 飯田市議会 平成30年  6月 リニア推進特別委員会-06月21日−01号 2-1ページと2-2ページ、これにつきましては、それぞれの交通種別ごとに想定しているアクセスの動線、さらにこの動線で渋滞の状況などをシミュレーション、検証したものが2-3という形で整理をしてございます。これは第2回でいただいた検証といった形ですけれども、こういった検証や考え方を説明いたしまして、協議を行っていただいたということでございます。   もっと読む
2018-06-14 長野市議会 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 本市の介護職員確保のための取組につきましては、保健福祉部長の答弁のとおりでございますけれども、国・県などでは人材不足の解消を目指し、様々な取組を行っておりますので、介護事業者にはその制度の活用を促してまいりたいと思っています。   もっと読む
2018-06-13 佐久市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−02号 空き家の適正化管理上、危険家屋は解消、解体しなくてはいけないと。しかし、解体しますと、住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例措置というのが解消されると。固定資産税が約6倍程度に跳ね上がってしまうということになるわけですけれども、これはなかなか難しい概念といいますか、制度だなと感じています。 もっと読む
2018-06-13 上田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号 ワイナリーの建設につきましては、観光拠点としてにぎわいが創出されることに期待すると同時に、遊休荒廃農地の解消と地域振興を望んでいた地元関係者の皆様の長年の悲願でもありましたことから、非常に喜ばしいことであると受けとめておりまして、観光面だけでなく、雇用につきましても重要なこととして関心を持っております。   もっと読む
2018-06-13 長野市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 現在行われておりますお手伝いさん事業につきましても、積極的なPRにも努めていただきながら、少しでも解消できるような取組を期待しておきたいと思います。  次は、直売所の目指す姿についてお伺いをいたします。  農産物直売所は、地産地消、農家の所得向上は言うまでもなく、地域の課題を解決し、元気なまちづくりをリードしていく、言うならば地方創生の拠点とも言えます。 もっと読む