運営者 Bitlet 姉妹サービス
194件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号 次に、オープンから17年経過する施設の老朽化と製造過程で発生する硫化水素、アンモニアガスなどによる屋根の腐食が著しいことです。特に原料に雨がかかることで、製造工程が思うように進まなかったと聞いております。  以上、堆肥製造が滞っている主な原因と分析をしております。   もっと読む
2018-09-10 佐久市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−03号 また、玉造温泉と春日温泉の泉質は若干違うんですが、玉造温泉はナトリウムカルシウム硫酸鉛塩化物温泉で、春日温泉は先ほど部長がおっしゃった泉質はアルカリ性単純泉と異なりますが、先ほど部長もおっしゃったように、肌に良い水素イオン量が、玉造温泉はちなみに8.5pHなんですけれども、春日温泉は先ほどおっしゃったように9.6と非常に高いです。 もっと読む
2017-12-12 松本市議会 松本市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月12日−03号 国も水素を使った燃料電池の普及に取り組むとしておりますが、研究が進み、さまざまな機械や器具が開発されてきて、再生可能エネルギーが化石燃料から得るエネルギーを上回るというこんなときが来るかもしれません。 もっと読む
2017-12-08 安曇野市議会 平成29年 12月 定例会-12月08日−05号 穂高広域施設組合が設けます公害防止基準は、ごみの焼却に伴い排出する排ガスには、ばいじん、硫黄酸化物、塩化水素、窒素酸化物、ダイオキシン類の基準値を、また、排水、騒音、振動、悪臭、粉じん濃度の基準値を設けております。 もっと読む
2017-10-02 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第4回)-10月02日−06号 岡谷市の下水道施設の既存管路の管種の多くは陶管であるが、陶管は下水道施設の腐食の大きな原因となる硫化水素などに強い反面、近年の大地震の被害結果から、地震動に弱いことが確認された。 もっと読む
2017-09-05 安曇野市議会 平成29年  9月 定例会-09月05日−04号 そこで、太陽光パネルは抑制する、設置場所を制限した上での太陽エネルギーの利用を考える、太陽光エネルギーで水素をつくり、水素エネルギーを使って全市的に利用できないか、全市民の自動車燃料を水素エネルギーにする取り組みを研究することを提案するわけですけれども、市長、お伺いいたします。 ○議長(濵昭次) 市長。 もっと読む
2017-02-27 軽井沢町議会 平成29年  3月 第1回定例会(3月会議)-02月27日−02号 また、新エネルギー、太陽光発電の導入などによる環境にやさしいまちづくりを進めておりますが、公約にあった燃料電池車用の水素ガスステーションについてであります。  これからは、燃料電池車の導入に向け、水素ガスステーションを民間が設置する場合に助成するとのことでありました。このステーションの設置には大きな設置費がかかると聞いております。 もっと読む
2016-12-06 軽井沢町議会 平成28年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月06日−03号 燃料自動車、水素を使った燃料自動車というような形なんですけれども、電気自動車自体も過去には、ハイブリッドも対象にしていて、それから電気自動車、あるいはFCV、燃料電池車ですね、そういうものに変えてきているんですけれども、当然、いろんな技術が出てくる中で、よりよいものといいますか、そういう技術に対して補助をしていくということで、今後も内容の変更といいますか、変化によりまして、変わっていくという可能性があると もっと読む
2016-10-24 軽井沢町議会 平成28年 10月 第1回定例会(10月第1回会議)-10月24日−01号 軽井沢町としても水素ステーション等が設置できれば、設置できる、ないしはまたほかの企業等で設置していただければ、いろんな公用車等の導入ですね、それからそういったバス等の導入ということも、当然視野に入ってくるかと思います。 もっと読む
2016-09-16 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月16日−04号 今のガソリン車があるかということも、考えていかなければいけませんので、そうした水素あるいは電気、そのような手段によっての車の運転、さらには自動運転、無人の車が走り回るということも想定もしているわけであります。今と違う10年後の社会の姿、これを考えながら10年後の絵を描いていかなければいけないというふうに考えております。   もっと読む
2016-09-16 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月16日−04号 今のガソリン車があるかということも、考えていかなければいけませんので、そうした水素あるいは電気、そのような手段によっての車の運転、さらには自動運転、無人の車が走り回るということも想定もしているわけであります。今と違う10年後の社会の姿、これを考えながら10年後の絵を描いていかなければいけないというふうに考えております。   もっと読む
2016-09-13 箕輪町議会 平成28年 9月定例会-09月13日−03号 地中熱の紹介ですとか水素やバイオエネルギーの紹介でありますとか、ペレットストーブの展示でありますとか薪ストーブの展示でありますとか生ごみ処理機の展示でありますとか、そういった展示を予定しております。また、今回新たに実施をするものといたしまして未利用間伐材や支障木の販売や譲渡会というものを実施をしたいと考えております。 もっと読む
2016-09-12 安曇野市議会 平成28年  9月 経済建設委員会-09月12日−01号 ただ、今から3年前に攪拌機を覆う幕、東京ドームの幕と同じものを使っておりますけれども、それをAレーンとBレーン2つあるわけなんですが、そこを覆うことで非常に腐食する硫化水素等の発生がなくなったといいますか、排気をしまして、それ以上腐食というのは余りされていないように聞いております。   もっと読む
2016-09-07 軽井沢町議会 平成28年  9月 予算常任委員会(9月7日)-09月07日−01号 ◆委員(押金洋仁君) 説明の一番下ですけれども、国土技術政策総合研究所委託研究共同研究体配分金会期の冒頭の町長のご挨拶にもありましたけれども、下水処理を利用した水素発電による下水道維持管理コスト軽減に関する調査資料ということなんですけれども、このプロジェクトの中で当町が果たす役割と、それからプロジェクトの概要について教えてください。 ○委員長(大浦洋介君) 答弁願います。  荻原企画課長。 もっと読む
2016-08-25 軽井沢町議会 平成28年  9月 第1回定例会(9月会議)-08月25日−01号 企画課関係では、下水処理水、マグネシウムを利用した水素発電技術に関する研究が国土交通省の委託研究事業として採択されました。この事業は、新たな下水道支援の可能性を広げることを目的に、複数の民間事業者と自治体で構成される共同体で調査研究を行うもので、今会議に補正予算を上程させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。   もっと読む
2016-06-13 箕輪町議会 平成28年 6月定例会-06月13日−02号 その後、洗浄作業が続き7月24日温泉研究所検査により仮揚湯46.4℃、毎分420L、湯量、温・質とも伊那谷一のナトリウム炭酸水素塩温泉が誕生したわけであります。このほど、ながた荘の改修もされて選ぶ自由を満喫できるながたが整ったというふうに思っております。 もっと読む
2015-09-17 小諸市議会 平成27年  9月 定例会(第5回)-09月17日−05号 委員より、長期財政試算が示されているが、今度の施設の維持補修に係る費用は反映されているかとの質疑があり、現在、予想される費用については反映されているが、管渠については、現在、最も古い管渠は25年前に布設されたもので、管渠の耐用年数は50年と規定されているが、場所によっては硫化水素の発生などにより50年もたない箇所があり、把握しているところは織り込み済みであるが、管渠は現在230キロメートル埋設されており もっと読む
2015-06-23 長野市議会 平成27年  6月23日 福祉環境委員会-06月23日−08号 今も発想は違って、これはドイツでやっているんだと思うけど、それでその電気を使って水を逆に今度電気分解して水素タンクへ入れておいてそれでそれを使うと、これは研究中だけど。  だから、今度は焼却炉で出るCO2というのはこれは変換で水素ガスにもなっていく可能性は非常に高いんだよね。だからそういうバイオマス産業都市として、そういう研究だって1つなんですよ、すぐやれとは言わないけど。 もっと読む
2015-03-13 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月13日−04号 ごみ質調査というのは、水分・灰分・可燃分の割合、ごみ組成分析、炭素・水素・窒素・酸素・硫黄、全元素の割合、定位発熱量などを調査するだけであります。  下水道汚泥については、有害物質の含有量調査、有害物質の溶出量調査が掲載されています。  八乙女最終処分場の掘り起こしごみ、不燃ごみ残渣、廃プラスチック類残渣については、有害物質の含有量調査や溶出量調査を行われていないということであります。   もっと読む
2015-03-13 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月13日−04号 ごみ質調査というのは、水分・灰分・可燃分の割合、ごみ組成分析、炭素・水素・窒素・酸素・硫黄、全元素の割合、定位発熱量などを調査するだけであります。  下水道汚泥については、有害物質の含有量調査、有害物質の溶出量調査が掲載されています。  八乙女最終処分場の掘り起こしごみ、不燃ごみ残渣、廃プラスチック類残渣については、有害物質の含有量調査や溶出量調査を行われていないということであります。   もっと読む