31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

今年は約90名の方に参加をいただき、戦没者、殉職者を追悼し、恒久的な平和を祈念しました。遺族の代表者からは、硫黄島で戦死したおじが残した手記、資料を紹介していただきました。また広島平和記念式典に参列した中学生、村職員からは、広島への訪問により平和への思いを強め、体験、感想を報告いただき、恒久平和への決意を新たにいたしました。

松川村議会 2018-09-10 平成30年第 3回定例会−09月10日-01号

ことしは、約100名の方に参加いただき、戦没者・殉職者を追悼し、恒久的な平和を祈念しました。遺族の代表者からは、父親のかわりに家業を守ってきた母親の手記が紹介され、広島平和記念式典に参列した中学生から広島への訪問により平和への思いを強めた体験を報告いただき、恒久平和への決意を新たにしました。今後も多くの村民の皆様から御参加いただき、平和への願いを次の世代に伝えていかねばと思います。  

松川村議会 2017-09-07 平成29年第 3回定例会-09月07日-01号

今年は昨年のほぼ倍の100名の皆様に参加をいただき、戦没者、殉職者を追悼し、恒久的な平和を祈念いたしました。今回は、広島平和祈念式典に参加されました代表の中学生から平和への思いを述べていただきました。  今後も多くの村民の皆様から御参加をいただき、平和への願いを次の世代に伝えてまいりたいというように思っております。  敬老祝い金についてであります。今月18日は敬老の日であります。

諏訪市議会 2017-06-05 平成29年第 3回定例会−06月05日-01号

本年3月5日に発生しました長野県消防防災ヘリ墜落事故殉職者合同追悼式が先月30日に行われ、諏訪広域連合長及び市長として参列してまいりました。人命と財産を守る崇高な使命を抱え、消防防災活動の先頭に立って職務に精励された9名の隊員のとうとい命が失われたことはまことに無念であり、犠牲となられた隊員の御冥福をお祈りし、御遺族の皆様に心から哀悼の意を表します。  

松川村議会 2017-03-07 平成29年第 1回定例会−03月07日-01号

まず、今、議長が申されましたけれども、3月5日午後、鉢伏山付近の山中に県消防防災ヘリコプター「アルプス」が墜落した事故で、搭乗しておりました9人全員が殉職されました。隊員の中には北アルプス広域消防本部から派遣されておりました消防職員も含まれておりました。人命を救うことが使命である隊員がこのような事故に遭遇してしまい、まことに残念であります。

松川村議会 2016-09-06 平成28年第 3回定例会-09月06日-01号

全戸へ参加のお願いを広報し、当日は議員の皆様、遺族の皆様、村職員など約50名が参列し、戦没者・殉職者の慰霊と恒久平和を願いました。式終了後は、参加者全員で慰霊碑への献花もいたしました。来年も全村民を対象に行っていきたいと考えております。  次に、敬老祝い金についてであります。今月19日は敬老の日であります。

松川村議会 2015-09-07 平成27年第 3回定例会-09月07日-01号

続きまして、村の戦死者、殉職者に対する慰霊献花式実施についてであります。8月15日の午後、松川神社において村の戦没者・殉職者の慰霊祭と、あわせて霊名碑前での献花式が行われました。私も成人式の後参列し、みたまに対しまして慰霊とあわせて平和を希求する決意を新たにいたしました。献花式は今年戦後70周年の節目に当たり、松川村議員経験者の会の皆様が計画をし、全村民の皆様に呼びかけて初めて実施されました。

松川村議会 2014-12-16 平成26年第 4回定例会-12月16日-02号

その中では殉職消防団員並びに無火災祈念の黙祷から始まりまして、挨拶等を行いまして、今までの消防団の歩みというような形の中で講演というかそういったお話を聞く時間を割いていきたいという形の中で、村内関係者、大体おおむね消防団員も含めて200名くらいで実施をしていきたいという計画でございます。  

松川村議会 2014-06-17 平成26年第 2回定例会−06月17日-02号

そして悲しいことですけれども、昭和20年に消防活動でアサノさんという警防団員の方が濁流に飲まれて殉職をされています。そして平成16年に村内5分団編制となり、私たちの生命財産を守り続けていただいた歴史が今年でちょうど100年となります。この長い歴史をかけて守っていただいたことに村当局、そして消防団の関係の皆様に心より感謝を申し上げたいというふうに思います。  

下諏訪町議会 2014-06-09 平成26年 6月定例会−06月09日-03号

住民避難避難誘導や水門の開閉などで198人の消防団員殉職し、命がけの職務であることが全国的に知られました。しかし、その実態は厳しいものがあります。全国的には団員数の減少が顕著になっており、1965年に130万人以上いた団員は、2012年には約87万人に落ち込んでいます。その背景には、高齢化に加え、サラリーマンが多くなり、緊急時や訓練に駆けつけにくい事情も減の要因とされております。  

松川村議会 2011-09-12 平成23年第 3回定例会−09月12日-01号

本年度のみの計上でございますが、消防団公務災害補償東日本大震災によりまして殉職されました251名分の計上でございますが、補償掛金が足りないということで、1人通常1,900円のものが、今年に限って2万2,800円ということで追加をお願いするものでございます。なお、後にこの分につきましては特交措置がされるいうふうに聞いております。  それから、3目の消防施設費147万6,000円の内訳でございます。

下諏訪町議会 2009-09-04 平成21年 9月定例会−09月04日-02号

△<議案質疑、委員会付託> ○議長 日程第1 議案第56号 下諏訪町消防団員公務災害補償条例及び下諏訪町消防等賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。これより質疑を行います。本案につきまして質疑のあります方は御発言願います。                (「なし」の声) ○議長 質疑ありませんので、質疑を終結いたします。  

原村議会 2007-03-23 平成19年第 1回定例会-03月23日-付録

〇 議案第13号 原村消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例について   原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)   内容・政令改正による用語の改正。     ・原村独自の判断基準があってもよいのでは、との意見があった。 〇 議案第15号 平成18年度原村一般会計補正予算(第6号)について   賛成多数で原案を可決すべきものと決定する。

諏訪市議会 2007-03-19 平成19年第 1回定例会−03月19日-06号

殉職したとされる職員へ賞を与えるか否かの審査をするための条例であるが、この審査会の委員の中で、助役とあるのを名称がえをすることと、議会改革の一環見直しによる議員参加はしないということから、この項を除く内容であります。  第10条財産に関する条例の一部改正では、使用料の納付及び使用料の、ちょっと今、原稿が間違っちゃっているもんで、条文がありますけれども、これは法改正に伴う条項の整備となります。  

原村議会 2007-03-07 平成19年第 1回定例会−03月07日-02号

(なしの声あり) ○副議長(小林伴子君) 次に、議案第13号 原村消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例についての質疑を行います。質疑ありませんか。  (なしの声あり) ○副議長(小林伴子君) 次に、議案第14号 原村公民館条例の一部を改正する条例についての質疑を行います。質疑ありませんか。小池みのり議員

諏訪市議会 2006-12-19 平成18年第 6回定例会−12月19日-06号

           平成18年第6回定例会会議録(第6号)          平成18年12月19日(金)午前10時00分開議 〇議事日程  同意第 5号 固定資産評価審査委員会委員の選任について  同意第 6号 固定資産評価審査委員会委員の選任について  諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めるについて  議案第60号 諏訪市消防団員公務災害補償条例及び諏訪市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞

下諏訪町議会 2006-12-08 平成18年12月定例会−12月08日-目次

 専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)平成18年度下諏訪町一般会計補正予算(第5号) 日程第 9 議案第77号 専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第13号)平成18年度下諏訪町水道事業会計補正予算(第1号) 日程第10 議案第78号 下諏訪町学童クラブ条例の制定について 日程第11 議案第79号 下諏訪町消防団員公務災害補償条例及び下諏訪町消防等賞じゅつ金及び殉職者特別賞

  • 1
  • 2