3016件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

博物館が管理・運営している関連施設はですね、埋蔵文化財センター、伏見屋邸、今井邦子文学館、宿場街道資料館や星ヶ塔遺跡などたくさんあります。正規職員配置ではですね、例えば伏見屋邸では0.18人、今井邦子文学館では0.21人、星ヶ塔遺跡でも0.15人となっております。現在の職員配置については、今年度、館長以下正規職員が3人、臨時職員が4人となっており、学芸員は5人配置されております。

原村議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-付録

文化財整理室、景観計画、農産物加工所等の検討も引き続き予算が盛られている。ただし、内容については、これからという事なので、しっかり検討し、住民、議会とシェアして良いものを作っていただけるということを期待して賛成する。     ・新しい事業がこれから始まる。子ども課、ICT教育子育て支援、発達障害に関する講演会の開催、家庭児童相談員の配置等きめ細やかな対応もされる。

松川村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会−03月07日-01号

社会教育費関係の中の目の5文化財保護費、それから122ページ、目6収蔵施設管理費の関係でございますが、前年同様の計上でございます。  その下、目7社会教育振興費の内容につきましては、児童クラブ、子ども教室の運営費及びふれあい館の管理費、子ども未来センター「かがやき」の管理運営経費を計上してございますが、特に「かがやき」が1年運営する中で、需用費が大きく減額となっております。  

原村議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会−03月04日-04号

これは教育文化財係の体制づくりということにもなるとは思いますが、村として阿久遺跡に対して、あるいは今まで出てきたいろいろな意見に対してどういう姿勢を持っているのかということでお願いします。 ○議長(小林庄三郎) 五味村長。 ◎村長(五味武雄) お答えします。議員さんから、私も議員のときに云々というお話がありました。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

○金子喜彦 議長  教育次長 ◎土田雅春 教育次長  文化面についてでございますけれども、後世に伝えるべきもの、殊に自然などの把握については、生涯学習課の文化財係と博物館で調査をしております。特に博物館では今年度、すわ大昔情報センターをオープンさせ、市民を巻き込んだ活動を展開しております。すわ大昔フォーラムの開催により学習意欲や興味を持つ人たちをふやし、ともに学ぶ機会をふやしております。

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号

市民一人一人が文化や芸術に親しみ、生涯にわたり自発的に学び続け、地域社会へ還元できる環境の整備を図るとともに、地域に根差した文化財検証に努め、諏訪の歴史文化を生かしたまちづくりを進めます。  生涯学習につきましては、多様なニーズに応じた各種講座の開催やサークル活動の支援によって学習する機会の充実を図るほか、新たな生涯学習の場としてすわっチャオを積極的に活用してまいります。  

下諏訪町議会 2018-12-13 平成30年12月定例会−12月13日-04号

議員御承知のとおり、八島ケ原高原湿原につきましては、国から天然記念物の指定を受けた文化財であると、そういったことから、湿原に手を加える行為、例えば看板の設置、木道の設置、範囲内に立ち入ること、草や虫、それから水を採取するなどの行為については、文化庁との事前の協議というのが必要になってまいります。  

岡谷市議会 2018-12-13 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月13日−05号

生き抜く力と創造力、知的好奇心あふれる心豊かな人づくりを初め、生涯を通じて学び、豊かな心を育むまちづくりや、生涯にわたりスポーツに親しみ、たくましい心身を持つ人づくりに取り組むほか、本市の礎を築いた製糸業にかかわる近代化産業遺産群や日本遺産に認定された縄文時代文化財を活用し、地域の活性化を図ってまいります。  また、「人が集い、にぎわいと活力あふれるまち」は、産業振興分野の基本目標であります。

安曇野市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号

童謡「きらきらぼし」の日本語詞で有名な詩人、武鹿悦子氏の在住地三郷町は、豊かな美しい自然環境や貴重な文化財である古寺社を数多く有するまちです。明日を担う子供たちの健やかな成長のみならず、大人にとっても豊かな感性を育むまちとして、三郷町を「童謡のまち」と名付け、これを宣言します、平成30年4月1日、森宏範町長は宣言をいたしました。  

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

ストーリーを語る上で欠かせない魅力あふれる有形無形の文化財群を、地域主体となって総合的に整備、活用し、国内だけではなく、海外へも戦略的に発信していくことで、地域を活性化することを目的としております。現在67件が指定されており、文化庁では2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに100件を超す認定を目指しているそうでございます。  

軽井沢町議会 2018-12-11 平成30年 12月 予算決算常任委員会(12月11日)-12月11日−01号

6目文化財保護費40万7,000円の減、質疑ありますか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(大浦洋介君) 質疑なしと認めます。  7目重要文化財保護費9万7,000円の増、質疑ありますか。  6番、遠山委員。 ◆委員(遠山隆雄君) 1の重要文化財保護一般経費の中で、オリジナルグッズ作成委託増37万円、この内容を説明してください。 ○委員長(大浦洋介君) 答弁願います。  

佐久市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−04号

民俗文化財定義文化庁で定めていますし、佐久市指定の文化財は、佐久市文化財保護条例第26条で定められております。当市の特産物であり、秋の風物詩でもあるこの伝統的食文化の小鮒、これは水田を利用した養魚方法も含め、当市の無形民俗文化財に登録される資格を十分に有していると考えています。これに対して、市の考えを伺います。 ○副議長(江本信彦) 青木社会教育部長

軽井沢町議会 2018-12-10 平成30年 12月 総務常任委員会(12月10日)-12月10日−01号

馬取には文化財指定のお地蔵様もある。これらを生かし、馬取を通る観光ルートをつくるためにも歩道が欲しいという意見につきまして、土屋整備課長、お願いします。 ◎地域整備課長(土屋貢君) お答えいたします。  要望のありました町道発地馬取線でございますが、馬取区から馬取の石仏群までは歩道を整備してございます。

長野市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号

副議長(寺沢さゆり) 松本教育次長      (教育次長 松本孝生 登壇) ◎教育次長松本孝生) 御指摘のとおり、篠ノ井・松代地区等には古代からの貴重な文化財が多く存在しております。他にも、本市には市域全体に登録文化財を初め、様々な文化財が数多く存在しております。  文化財保護につきましては、文化財保護法に基づき、適正な保護管理に努めているところでございます。

伊那市議会 2018-12-06 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号

で、伊那市等の文化財指定というのはないわけでありますが、見学の希望がある場合には、所有者が個別に対応していただいているということのようであります。  で、周辺に古い建物、一般住宅でありますけれど、そうした古い建物がありますけれど、活用についての計画があるわけではなくて、また地元からこういうような方向で活用しようというそんな話も出ていない状況であります。  

岡谷市議会 2018-12-06 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−04号

次に、大きな2番、文化財行政とブランド発信についてお聞きします。  (1)歴史的価値を有する公文書古文書の保存についてお聞きします。  担当部局の施策の進め方の今後に大きな期待をすると、9月定例会で要望しました。文化財行政とブランド発信について、岡谷市としての現状と課題についてお聞きします。  昨今、公文書の取り扱いについて、その矛盾、揺らぎが取り沙汰されてます。

伊那市議会 2018-12-05 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号

現在、老松場古墳群につきましては、埋蔵文化財の宝蔵地というふうになっておりますけれど、市の文化財指定等もこれしておりません。したがいまして、今後の調査の結果も見据えた中でということになりますが、文化財指定等について検討をしてまいりたいと考えているところでございます。 ○議長(黒河内浩君) 宮島議員

軽井沢町議会 2018-12-03 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号

また、車両に展示できないかという質問についてですが、アプト式鉄道10000型機関車につきましては、1958年に制定された日本の鉄道に関する歴史文化的に重要な事物等を指定して保存、継承するための制度により鉄道記念物に指定されている車両であること、EF63型機関車の車両につきましては、車両そのものが鉄道文化財としての価値があること、また各車両は機関車であることから、展示するスペースはございません。