運営者 Bitlet 姉妹サービス
2821件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号 採択に反対の意見として、後期高齢者の負担もそうが、ゼロ歳から74歳までの負担を考えると、国の状況を見守りたい。みんながバランスよく公平負担が持続可能制度を守ることと思うので、この陳情には反対する。  高齢者が安心して暮らすには、医療制度で支えることは大事が、現役時代も4割を負担している中で収入もふえない状況からも、支える側としても厳しい状況ある。 もっと読む
2018-12-21 下諏訪町議会 平成30年12月定例会-12月21日-05号 町道の拡幅はできないかの質問に、砥川右岸の町道は県有地あり、砥川は一級河川あり、非常に困難ある。河川法による護岸の安全確保から、定規断面には建設物は建設できない。  公安委員会へ意見を出せば公安委員会と交渉ができ、左折禁止の解除の可能性はあるのかの質問に、建設水道課の諏訪警察署の意向を加味しての見解として、右折、左折を設定した経緯や経過があり難しい。 もっと読む
2018-12-21 佐久市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月21日−06号 国の人事院勧告や県の人事委員会勧告は、労働基本権の制限がある公務員の皆さんへの代償措置として、社会、一般の情勢に適用した的確給与を確保する機能を有するものあるとされています。この勧告は、民間の給与の支給状況を調査し、緻密比較に基づいたものありますので、尊重されるべきものと考えております。   もっと読む
2018-12-19 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号 ◎総務課長(白沢庄市君) 将来の負担を軽減すべく、事業の選択、そして集中、再構築、廃止などを含めてあらゆる方向性を模索しまして具現化することで持続可能財政運営の確立というのを目指してまいりたいというふうに思っております。 ○議長(平林寛也君) 大和田議員。 もっと読む
2018-12-17 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号 市庁舎・長野市芸術館の安全安心の取組についてあります。市役所第一庁舎と長野市芸術館には、KYB株式会社が製造した大臣認定等に不適合の可能性がある免震オイルダンパーが設置されております。 もっと読む
2018-12-13 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月13日-04号 持続可能は難しいんじゃないかといって、小さな町村は合併しか生き残る道はないよという方向の中で合併が進められました。そして今、平成の大合併が終わって、その検証というものはまだ済んでいません。国は大きなそういったシフトをしましたけれども、平成の大合併では、だけど、今そういった現状には国はないわけあります。   もっと読む
2018-12-13 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月13日−05号 本案に関する委員長の報告は、いずれも原案可決あります。  委員長の報告のとおり決することに賛成する議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○議長(市村守君) 着席願います。ただいまの採決の結果は起立全員あります。   もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 ここは開発可能かどうかといった問い合わせには、現在も窓口において、地図情報画面を活用しながら、農振農用地や管理をする改良区の所在、また、土地利用の制限などを案内をさせていただいているところございます。 もっと読む
2018-12-12 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月12日-03号 所得は低いのに保険料は一番高いという国保税の不公平を正すのは政治の責任あり、住民の暮らしと健康を守るためにも、国保制度の持続可能性にとっても、社会の公平・公正を確保する上でも重要政治課題と言えます。  日本共産党はこの重要課題を解決し、高過ぎる国保税を協会けんぽ並みに引き下げるために先月提案を行っています。1点目が、1兆円の国庫負担増を政府に求めることです。 もっと読む
2018-12-11 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月11日-02号 ただいま定刻の午前10時ございます。本日は平成30年12月下諏訪町議会定例会第2日目あります。  本日の議員の出欠を御報告いたします。ただいま出席している議員は11人あります。遅刻を予定されている議員は、4番森 安夫議員あります。よって、本会議は成立をいたしました。   もっと読む
2018-12-10 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 この1年を顧みてという質問ございますけれども、公共施設の再配置は、新設合併により誕生した市にとって、大変難易度の高い課題あるというように捉えております。特に、持続可能自治体運営を今後とも進めていく上では、冒頭申し上げましたように、避けて通れない課題というように捉えておりまして、いかに市民の皆さん方の理解をいただき、協働のまちづくりを推進していくか、苦慮をしているところございます。 もっと読む
2018-12-07 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 農業・農村の持続的発展を図るために、長野市農業振興アクションプランを効果的に実行し、農業者や市民が誇りと自信の持てる農業を実現することや、喫緊の課題となっている耕作放棄地の解消を図るため、再生、利用に対し積極的に施策展開を図り、支援することが求められています。   もっと読む
2018-12-06 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号 また、計画の検討に当たっては、市が主体となって総合調整、企画立案を行うわけですが、高い実効性が求められる他、持続可能エリアマネジメントも視野に入れなければならないことから、まちづくりの各分野において、高度知識、経験が必要となります。 もっと読む
2018-12-05 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 生態系の環境ピラミッドを壊すよう開発も進めてしまいましたが、これからは、一人一人がこのようライフスタイルを変えて、社会全体として持続可能社会を創らなくてはなりません。 もっと読む
2018-12-04 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号 それも含めて質問していきたいなと思いますけれども、児童発達支援センターは、一番小さい単位で原則的に市町村単位ということですけれども、これが困難場合は広域で開設するのも可能施設と伺っております。これは厚生労働省に確認いたしました。 もっと読む
2018-12-03 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号 〔8番 川島さゆり君登壇〕 ◆8番(川島さゆり君) 8番、川島さゆりございます。一般質問をいたします。  今回の質問は、SDGs(持続可能開発目標)について、環境対策について、観光面での危機管理について、この3点あります。   もっと読む
2018-12-01 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-目次   日程第1 一般質問……………………………………………………………………51   ◯7番 横須賀桃子君…………………………………………………………………51    1 「教育」に「テクノロジー」をかけ合わせた学習方法について    2 シニア世代が地域で安心して暮らし続けるための町づくりについて   ◯8番 川島さゆり君…………………………………………………………………75    1 SDGs(持続可能 もっと読む
2018-11-29 長野市議会 平成30年 12月 定例会-11月29日−01号 本市にも、本格的人口減少時代が到来し、長期的には経済規模の縮小や社会の活力低下などによる税収の減少が懸念され、社会保障関係経費や公共施設の老朽化対策費用の増加が見込まれる中で、将来の世代に負担を先送りしないようにすることが重要あります。  持続可能行政運営を目指していくためにも、公共施設の在り方を初め、あらゆる分野の行政のスリム化、効率化を進める必要があります。   もっと読む
2018-11-29 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-11月29日−01号 この課題については、来年6月に当町で開催されるG20持続可能成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合の主要議題とすること、日中韓の3カ国が合意をしております。   もっと読む
2018-11-21 長野市議会 平成30年 11月21日 まちづくり対策特別委員会-11月21日−11号 公共交通事業者等その他の関係者と協力し、相互に密接連携を図りつつ、主体的に持続可能地域公共交通網の形成に資する地域公共交通の活性化及び再生に取り組むように努めなければいけないというのが市の責務ございます。   もっと読む