884件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

続きまして、次の18歳成人についての御質問をしたいと思います。2022年に成人が18歳に引き下げられた後の成人の対象年齢を18歳とするのか20歳とするのか、対応を決めるのは市町村と聞いております。18歳で成人を行うとした場合、2022年には18歳、19歳、20歳という三世代同時になることも考えられ、そうなると人数も3倍となり、成人の規模も大きくなります。

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

次に、読書習慣は生活習慣や環境によってさまざま違いがありますが、一般的には子供のときからの本に親しむ習慣が成人になっても身についている傾向があります。諏訪市成人市民における読書活動推進の取り組みの現状と今後の課題についてお聞かせください。 ○金子喜彦 議長  教育次長 ◎土田雅春 教育次長  成人についても子供と同様に、やはり活字離れやネットリテラシーの向上が課題となっていると考えております。

長野市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号

済みません、一つ質問を飛ばしまして、次にいきますが、9月の台風21号の際、千曲川左岸にある地区において、可搬ポンプで川の水を吸い上げる作業を行う際に、肝心のポンプが整備不良のため稼働しないというアクシデントが発生しました。そのため、急遽他地区から借りてきたものの、それらもスムーズに稼働できず、結局ポンプアップ作業が遅延したとのことでありました。  

伊那市議会 2018-12-06 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号

質問は先に通告してあります成人の開催方法見直しについてと、松くい虫対策についての2点について、質問させていただきます。  まず、最初の質問ですが、成人の開催方法見直しについてであります。  現在、伊那市の成人は、平成21年度より地区公民館区域ごとの10会場で開催しています。

伊那市議会 2018-12-05 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号

次に、成人のあり方につきまして、まず実施年齢についてお聞きいたします。  現在、伊那市では二十歳、20歳による成人を行っておりますが、過去にもこういったことを検討されたと思われますが、18歳から選挙権が与えられましてから、今後の成人ってどうなるんだろうということが一般市民また私の疑問といいますか、どうなるんだろうという心配、いろいろございます。

伊那市議会 2018-12-01 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-目次

成人の開催方法見直しについて          2. 松くい虫対策について         7番 三澤俊明君…………………………………………………………59          1. 人手不足への対応について            (1) 人手不足時代への伊那市の対応は            (2) 伊那市における外国人労働者雇用について          2. 

箕輪町議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会-09月11日−03号

アンケートについてもう一つですが、これは成人です。これまでの成人とはちょっと違った感じを受けました。の大部分はこれまでと変わりませんが、後半になってギターを弾いてそれに合わせてみんなで若者が歌うような歌をうたって参加者の気持ちがまとまっていたように感じて、今までの成人とはちょっと違うなということを感じる成人ではなかったかと思います。

箕輪町議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会-09月10日−02号

ただ課題は1点、統合保育園が予定をされております木下北南保育園につきましてはやはり重複投資になるだろうということもございますし、リースというのは非常に難しいようでありますので現時点では移動送風機によるレンタルということを検討させていただきたいというふうに考えております。保育園については当初予算に計上させていただく予定でございます。  課題は小学校中学校でございます。

岡谷市議会 2018-09-10 岡谷市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−03号

6月の諏訪地区森林づくりの集いが開催され、開会の折にも、岡谷田中小学校児童代表が、「心を込めて緑を育てる活動を通じ、豊かな心を育てる」と宣言されました。岡谷市内の4小学校児童の皆さんが、6年間、みどりの少年団として活動してきたその後の中学校における結成についての展開は、どのように考えているのかお聞きします。 ○議長(武井富美男議員) 尾張産業振興部長

上田市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号

導入のきっかけは、成人のときの案内が特別支援学校出身者へ届かなかったことが導入するきっかけと言われておりました。副学籍をとるのも子供と親の自由であるようであります。地域の小中学校でのイベント等の案内の連絡は行っていて、交流は年に数回で、月に1回とまではなかなか進まないとお聞きいたしました。坂城町も副学籍制度を取り入れ、上田と稲荷山の特別支援学校へ通う児童生徒との交流もされているとお聞きしました。

伊那市議会 2018-09-06 伊那市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

月別では、7月が最も多く25人でございまして、年齢区分別では、18歳未満が15人、18歳から65歳までの成人が14人、65歳以上の高齢者が18人でございました。  場所別では、屋内が24人で、屋外が23人、ほぼ半数という状況でございます。また、症状別では、重症の方が5名、それから中症、軽症患者が42名ということでございます。 ○議長(黒河内浩君) 唐澤議員

諏訪市議会 2018-09-03 平成30年第 4回定例会−09月03日-03号

続いて、成人はどのようにされるのかという質問ですが、個人的には今までどおり20歳がいいと思います。20歳になって飲酒や禁煙(同日、喫煙との訂正あり)、ギャンブルの解禁になるわけで、また18歳での成人では18歳の大学受験など成人に出られない。また19歳、20歳、一度に行うため大変な企画になるということですので、今までどおりやったらどうでしょうかという質問でございます。

諏訪市議会 2018-08-27 平成30年第 4回定例会-08月27日-目次

│   │       │   ①これまでの総括について               │ │   │       │   ②今後の対応は                    │ │   │       │   ③ほかの被災地との交流について            │ │   │       │(4)消防団員確保に向けて、小中学校とのかかわりについて  │ │   │       │(5)18歳成人

岡谷市議会 2018-06-15 岡谷市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月15日−04号

そのうちの何点かをちょっと御紹介をしたいなというふうに思いますが、まず数値による評価ではなく記述にすること。それから、個々の内容項目ごとではなく、大くくりなまとまりを踏まえた評価とすること。そして、他の児童生徒との比較による評価ではなく、児童生徒がいかに道徳的な成長をしたかを積極的に受けとめ、認め、励ます個人内評価として行う。そのようなことが示されております。  

長野市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

住民自治議会主催の生ごみ堆肥を活用した園芸教室、おさがり市コーナーの常設設置やマイバッグの作製、新成人への配布、また子供向け環境学習会の開催など、ごみ減量や環境問題を自らの課題として、地区独自に住民の意識向上を図っていただいており、改めて敬意を表するものでございます。  ごみの減量は市民、事業者、行政協働し、一体となって推進することが必要であります。  

上田市議会 2018-06-13 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

今の子供たちが成人し、社会で活躍する時代には、社会構造や雇用環境は大きく変化し、現在とはかなり違ったものになることが予想されます。前例のない予測困難な時代を迎えます。変化の激しい複雑な時代であるだけに、教育行政の期待も大きく、またそのハードルも高く、求められるものも多様化していると強く認識しております。  

伊那市議会 2018-06-13 伊那市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号

これをどういう人に配布しているかというと、昔は成人で配っていた、昔ってそんな昔じゃないですけど、成人に配っていたようなんですけれども、18歳に投票年齢が引き下げられたということから、18歳になった人に郵送して送るとか、高校を通じて選挙権を得た方へのプレゼントとして、こういうきれいな封筒、「未来へ旅立つあなたへ」と封筒に入れてプレゼントをしているというものです。