運営者 Bitlet 姉妹サービス
1133件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号  安曇野市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例     議案第152号 安曇野市一般職の職員の給与に関する条例及び安曇野市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例     議案第153号 安曇野市体育施設条例の一部を改正する条例     議案第154号 平成30年度安曇野市一般会計補正予算(第5号) 第3 委員会審査報告の審議     議案第104号 安曇野市公告条例 もっと読む
2018-12-07 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 済みません、一つ質問を飛ばしまして、次にいきますが、9月の台風21号の際、千曲川左岸にある地区において、可搬ポンプで川の水を吸い上げる作業を行う際に、肝心のポンプが整備不良のため稼働しないというアクシデントが発生しました。そのため、急遽他地区から借りてきたものの、それらもスムーズに稼働できず、結局ポンプアップ作業が遅延したとのことでありました。   もっと読む
2018-12-06 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号 質問は先に通告してあります成人の開催方法見直しについてと、松くい虫対策についての2点について、質問させていただきます。  まず、最初の質問ですが、成人の開催方法見直しについてであります。  現在、伊那市の成人は、平成21年度より地区公民館区域ごとの10会場で開催しています。 もっと読む
2018-12-05 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 次に、成人のあり方につきまして、まず実施年齢についてお聞きいたします。  現在、伊那市では二十歳、20歳による成人を行っておりますが、過去にもこういったことを検討されたと思われますが、18歳から選挙権が与えられましてから、今後の成人ってどうなるんだろうということが一般市民また私の疑問といいますか、どうなるんだろうという心配、いろいろございます。 もっと読む
2018-09-18 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号 毎年行われている2分の1成人記念、安曇野市人権・平和特別授業の小学4年生対象の授業は、市外各地の経験も取り入れて充実させてもらいたいと思います。  3つ目は、戦争遺跡の保存と戦争関連跡地の活用です。安曇野市で戦争があったことを広く認識してもらうための記念碑、解説板の設置、これについては豊里開拓記念碑横の有明演習地跡の解説板以外はほとんど設置されていないのではないかと思います。 もっと読む
2018-09-13 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号 市立公民館で実施をされている成人学校について、条例案では、第13条で、教養講座として成人学校と区別している点です。  教養講座と成人学校は全く同一のものです。センター化に伴い、異なる名称、呼称は市民受講者の間に混乱を引き起こす何物でもありません。 もっと読む
2018-09-13 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−02号 2分の1成人と関係づけながら実施しましたが、授業を受けた子供たちは、赤ちゃんと触れ合ったり母親の思いを聞いたりすることで、自分の命や友達の命の大切さに気がついた。また、親への感謝の思いを持つことができたりしたと報告を受けております。また、赤ちゃんとかかわることで、どの子供も優しさを見せるなど、教育的価値の高い授業であるという実施校の先生方からの報告を受けております。   もっと読む
2018-09-12 飯田市議会 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号 なお、この予防接種事業には事務事業の分類の都合上、3目成人保健事業費の一部が含まれております。こちらに含まれるのは3目にあります大事業14高齢者予防接種事業費でございまして、金額は6,190万円余でございます。財源は全て一般財源でございます。  次に、136ページでございます。健康福祉委員等活動事業でございます。   もっと読む
2018-09-11 箕輪町議会 平成30年 9月定例会-09月11日−03号 アンケートについてもう一つですが、これは成人です。これまでの成人とはちょっと違った感じを受けました。の大部分はこれまでと変わりませんが、後半になってギターを弾いてそれに合わせてみんなで若者が歌うような歌をうたって参加者の気持ちがまとまっていたように感じて、今までの成人とはちょっと違うなということを感じる成人ではなかったかと思います。 もっと読む
2018-09-10 松川村議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-01号 続きまして、恒久平和祈念であります。  8月15日に松川神社東側の広場において、第3回目の恒久平和祈念を行いました。ことしは、約100名の方に参加いただき、戦没者・殉職者を追悼し、恒久的な平和を祈念しました。 もっと読む
2018-09-10 箕輪町議会 平成30年 9月定例会-09月10日−02号 ただ課題は1点、統合保育園が予定をされております木下北南保育園につきましてはやはり重複投資になるだろうということもございますし、リースというのは非常に難しいようでありますので現時点では移動送風機によるレンタルということを検討させていただきたいというふうに考えております。保育園については当初予算に計上させていただく予定でございます。  課題は小学校、中学校でございます。 もっと読む
2018-09-10 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号 導入のきっかけは、成人のときの案内が特別支援学校出身者へ届かなかったことが導入するきっかけと言われておりました。副学籍をとるのも子供と親の自由であるようであります。地域の小中学校でのイベント等の案内の連絡は行っていて、交流は年に数回で、月に1回とまではなかなか進まないとお聞きいたしました。坂城町も副学籍制度を取り入れ、上田と稲荷山の特別支援学校へ通う児童生徒との交流もされているとお聞きしました。 もっと読む
2018-09-07 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月07日-04号 また、この交差点では日常的に走行速度を超過する車両も見受けられることから、県警に移動速度計測器(オービス)が導入されたことを受け、この機器を使用した取り締まりの実施を諏訪警察署へお願いしているところでございます。   もっと読む
2018-09-06 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月06日-03号 ◆中村[奎]議員 子供の貧困というのは当然親の貧困でありますけれども、金銭的なものというのは当然でありますが、その時代に親から受けた心の傷が成人してもトラウマとなり、フラッシュバックして子供に当たる。それが貧困の心理の連鎖のパターンだとも言われております。その心理の連鎖という面においての貧困連鎖を当町においてはどのように考えていらっしゃるのか、対策されているのかお伺いいたします。 もっと読む
2018-09-06 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号 月別では、7月が最も多く25人でございまして、年齢区分別では、18歳未満が15人、18歳から65歳までの成人が14人、65歳以上の高齢者が18人でございました。  場所別では、屋内が24人で、屋外が23人、ほぼ半数という状況でございます。また、症状別では、重症の方が5名、それから中症、軽症患者が42名ということでございます。 ○議長(黒河内浩君) 唐澤議員。 もっと読む
2018-09-03 箕輪町議会 平成30年 9月定例会-09月03日−01号 胃がん対策として、従来のがん検診に加え、成人対象者へのピロリ菌検査を実施しました。また、平成29年度は新規事業として、45歳の方を対象としたABC検診(胃がんリスク検診)を実施し、ピロリ菌検査は37人、ABC検診は70人が受診しました。健康増進事業は、健康教育、健康相談、訪問指導、栄養指導、歯科保健指導など、保健師、管理栄養士、歯科衛生士、健康運動指導士が連携をとりながら実施しています。 もっと読む
2018-08-02 飯田市議会 平成30年  8月 総務委員会協議会-08月02日−01号 ◆委員(井坪隆君) そういう志を持ったアンケートをしたらいいなというふうに、いわゆる記述とか。  なぜこんなことを申し上げるかというと、実は私の地区であったんですよ。役員のなり手がなくて、公民館委員なんか、広報部長、体育部長、公民館委員長、全部決まっていないの、まだ。 もっと読む
2018-07-20 飯田市議会 平成30年  7月 総務委員会-07月20日−01号 また、日本語教育ということを考えるところでありますが、子供が成人まで、いずれの年代においても、いろいろな年齢でこの地においでいただく方がいらっしゃいますので、いずれの年代においても日本語を学習できる環境が整うよう、関係部署、関係団体と連携した取り組みを進めてまいりたいと思っております。   もっと読む
2018-07-19 飯田市議会 平成30年  7月 総務・産業建設委員会(合同)-07月19日−01号 消防団員の確保につきましては、地域住民や若者が集まる成人やイベント等での消防団員の加入促進広報活動を継続して行っていきたいというところでございます。  また、高齢者の交通事故の削減につきましては、関係機関と連携する中で取り締まりの強化、または啓発活動を飯田市としましても行う中で、交通安全の意識を浸透するように努力してまいりたいというところでございます。 もっと読む
2018-06-15 佐久市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月15日−04号 現在の佐久市の医療を見ると、検査の数値も治療の基準も成人に合わせています。今後更に高齢化社会が進展していく中で、高齢者はいろいろな機能が衰えてくるので、高齢者の生活、食事、運動などに合わせた医療への転換や行政の取り組みが、ますます重要になってくると思います。病院、薬局、行政、3者がしっかり連携して、ポリファーマシー対策に取り組み、佐久市から少しずつ変えていただくことを心から願っております。 もっと読む