運営者 Bitlet 姉妹サービス
1169件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号  安曇野市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例     議案第152号 安曇野市一般職の職員の給与に関する条例及び安曇野市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例     議案第153号 安曇野市体育施設条例の一部を改正する条例     議案第154号 平成30年度安曇野市一般会計補正予算(第5号) 第3 委員会審査報告の審議     議案第104号 安曇野市公告条例 もっと読む
2018-09-18 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号 毎年行われている2分の1成人記念、安曇野市人権・平和特別授業の小学4年生対象の授業は、市外各地の経験も取り入れて充実させてもらいたいと思います。  3つ目は、戦争遺跡の保存と戦争関連跡地の活用です。安曇野市で戦争があったことを広く認識してもらうための記念碑、解説板の設置、これについては豊里開拓記念碑横の有明演習地跡の解説板以外はほとんど設置されていないのではないかと思います。 もっと読む
2018-09-13 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−02号 2分の1成人と関係づけながら実施しましたが、授業を受けた子供たちは、赤ちゃんと触れ合ったり母親の思いを聞いたりすることで、自分の命や友達の命の大切さに気がついた。また、親への感謝の思いを持つことができたりしたと報告を受けております。また、赤ちゃんとかかわることで、どの子供も優しさを見せるなど、教育的価値の高い授業であるという実施校の先生方からの報告を受けております。   もっと読む
2018-09-12 飯田市議会 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号 なお、この予防接種事業には事務事業の分類の都合上、3目成人保健事業費の一部が含まれております。こちらに含まれるのは3目にあります大事業14高齢者予防接種事業費でございまして、金額は6,190万円余でございます。財源は全て一般財源でございます。  次に、136ページでございます。健康福祉委員等活動事業でございます。   もっと読む
2018-09-10 松川村議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-01号 続きまして、恒久平和祈念であります。  8月15日に松川神社東側の広場において、第3回目の恒久平和祈念を行いました。ことしは、約100名の方に参加いただき、戦没者・殉職者を追悼し、恒久的な平和を祈念しました。 もっと読む
2018-09-10 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号 導入のきっかけは、成人のときの案内が特別支援学校出身者へ届かなかったことが導入するきっかけと言われておりました。副学籍をとるのも子供と親の自由であるようであります。地域の小中学校でのイベント等の案内の連絡は行っていて、交流は年に数回で、月に1回とまではなかなか進まないとお聞きいたしました。坂城町も副学籍制度を取り入れ、上田と稲荷山の特別支援学校へ通う児童生徒との交流もされているとお聞きしました。 もっと読む
2018-09-07 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月07日-04号 また、この交差点では日常的に走行速度を超過する車両も見受けられることから、県警に移動速度計測器(オービス)が導入されたことを受け、この機器を使用した取り締まりの実施を諏訪警察署へお願いしているところでございます。   もっと読む
2018-09-06 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月06日-03号 ◆中村[奎]議員 子供の貧困というのは当然親の貧困でありますけれども、金銭的なものというのは当然でありますが、その時代に親から受けた心の傷が成人してもトラウマとなり、フラッシュバックして子供に当たる。それが貧困の心理の連鎖のパターンだとも言われております。その心理の連鎖という面においての貧困連鎖を当町においてはどのように考えていらっしゃるのか、対策されているのかお伺いいたします。 もっと読む
2018-08-28 飯田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-08月28日−01号 まず、シャルルヴィル・メジェール市内の道路を飯田通りと命名していただいております答礼といたしまして、龍江地区の天龍峡桜街道をシャルルヴィル・メジェール通りとする命名を開催いたしますとともに、飯田市公民館東側の旧人形とけい塔の跡地では、シャルルヴィル・メジェール市の木ニレと飯田市の花ミツバツツジを両市の関係者により記念植樹いたしました。 もっと読む
2018-08-02 飯田市議会 平成30年  8月 総務委員会協議会-08月02日−01号 ◆委員(井坪隆君) そういう志を持ったアンケートをしたらいいなというふうに、いわゆる記述とか。  なぜこんなことを申し上げるかというと、実は私の地区であったんですよ。役員のなり手がなくて、公民館委員なんか、広報部長、体育部長、公民館委員長、全部決まっていないの、まだ。 もっと読む
2018-07-20 飯田市議会 平成30年  7月 総務委員会-07月20日−01号 また、日本語教育ということを考えるところでありますが、子供が成人まで、いずれの年代においても、いろいろな年齢でこの地においでいただく方がいらっしゃいますので、いずれの年代においても日本語を学習できる環境が整うよう、関係部署、関係団体と連携した取り組みを進めてまいりたいと思っております。   もっと読む
2018-07-19 飯田市議会 平成30年  7月 総務・産業建設委員会(合同)-07月19日−01号 消防団員の確保につきましては、地域住民や若者が集まる成人やイベント等での消防団員の加入促進広報活動を継続して行っていきたいというところでございます。  また、高齢者の交通事故の削減につきましては、関係機関と連携する中で取り締まりの強化、または啓発活動を飯田市としましても行う中で、交通安全の意識を浸透するように努力してまいりたいというところでございます。 もっと読む
2018-06-14 松川村議会 平成30年第 2回定例会-06月14日-02号 また、正月の出初め、春の入退団、それから日曜日に行われますポンプ操法大会等を拝見しますと、団員の皆さんのきびきびした態度に、いつも気持ちのよい思いをさせていただいておるところでございます。  さて、昨年の暮れでしたけれども、川西で民家火災が発生をいたしました。 もっと読む
2018-06-13 上田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号 今の子供たちが成人し、社会で活躍する時代には、社会構造や雇用環境は大きく変化し、現在とはかなり違ったものになることが予想されます。前例のない予測困難な時代を迎えます。変化の激しい複雑な時代であるだけに、教育行政の期待も大きく、またそのハードルも高く、求められるものも多様化していると強く認識しております。   もっと読む
2018-06-12 諏訪市議会 平成30年第 2回定例会−06月12日-04号 成人と少年の違いや特徴的なところなどあればお聞かせを願います。  以下は質問席にて質問をいたします。 もっと読む
2018-06-12 軽井沢町議会 平成30年  6月 総務常任委員会(6月12日)-06月12日−01号 ◆委員(川島さゆり君) 過日、私もちょっと見学のほうへ行かせていただいたんですけれども、あと、ちょっと住民の方、周りの方のちょっと住民のお声も上がっていまして、この今年12月25日に開通というお話でございましたが、スケジュール的には。   もっと読む
2018-03-19 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月19日−05号 また、子供から成人までの食育推進事業で、子供たちが月一日お弁当をつくる日を提唱する講師の講演会を予定している。すこやか健康塾なども少しずつ見直す中で、ライザップも参考に事業を充実させていく。」旨の答弁がありました。  「子育て支援センターの最近の利用者数の傾向と、未満児保育の運営経費は。」 もっと読む
2018-03-14 軽井沢町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月14日)-03月14日−02号 すみません、今お話のとおり、町長、中学校の卒業ということで、ちょっと出席させていただいております。  副町長も今、療養中ということで欠席となっておりますけれども、本日、平成30年度の予算についての審議ということで各担当課のほうから説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-03-09 飯田市議会 平成30年  3月 社会文教委員会-03月09日−01号 次に、4款1項3目成人保健事業費ですが、大事業11の中事業05がん検診事業費でございますが、検診委託料として乳房検診の受診者増に対応するため必要な増額をお願いするものでございます。財源につきましては、がん検診実費負担金と一般財源でございます。  以上、よろしくお願いいたします。 ○委員長(福沢清君) 続いて、10款教育費のうち人件費にかかわる部分について、北原学校教育課長。 もっと読む
2018-03-08 安曇野市議会 平成30年  3月 福祉教育委員会-03月08日−01号 この調査をもとに、副学籍校となる小・中学校では所属学級を決めたり、希望により名簿、げた箱、机などを準備したり、入学に出席を希望される場合には、保護者や在園している幼稚園、認定こども園等とも丁寧な打ち合わせを行って、新学期に備えていく予定でおります。  次に、平成29年度中学生海外ホームステイ交流派遣事業の出発激励を3月4日に行いました。 もっと読む