1231件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

市内全小中学校、そして清陵中学校も含めた児童・生徒250名が参加しまして、「尊い命を守るために、自分たちにできること」をメーンテーマとして話し合いをしたわけでございます。  最初に広島市の平和学習へ行った子供たち、それから東松島市、被災地への虹の架け橋プロジェクト、これに行った子供たち、あるいは児童会の、あるいは生徒会の代表者など、それぞれ4名の子供によってパネルディスカッションを行いました。

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会-02月19日-目次

び地方消費税率の引上げに伴う関係条例の整備に関する条例を定めるについて  議案第12号 学校教育法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例を定めるについて  議案第13号 諏訪市駅前交流テラスすわっチャオ条例を定めるについて  議案第14号 諏訪市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部改正について  議案第15号 諏訪市手数料徴収条例の一部改正について  議案第16号 諏訪市児童遊園条例

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

安曇野市が今、待機児童3歳未満の子供たちの、保育園に入れないという事情もあるんです。これは、お父さん、お母さん、働かなきゃ食っていけないんです。これが、安曇野市外にも真面目に働く人たちがいるんです。子供なんか3歳までは自分の手で育てたいんです。それができないじゃないですか。かなわないんですよ。  ですから、皆さん、これから悩んで、これつくろうよ、あれつくろうよ、あるんです。

松川村議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号

保育園につきましては、厚生労働省の管轄で、児童福祉施設という扱いになります。保育士は国家資格になります。幼稚園につきましては、文部科学省の管轄で教育施設区分となりますので、先生につきましては教員免許が必要となります。あと保育園につきましては、ゼロ歳から利用できる児童福祉施設でございますが、幼稚園につきましては3歳からの教育施設となります。  

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

駅前広場は、JR茅野駅西側に面した約1ヘクタールの広さがあり、特急あずさ利用者割引パーク・アンド・ライドがある市営青空駐車場147台、駐輪場239台、送迎用駐車場とタクシーの待機所、ロータリー機能をあわせ持つ駅前交通広場、公衆トイレ、また公園で構成しているわけです。整備された東口とは印象の違いが際立っており、30年以上経過した西口施設の早期の改修が必要となっている時期でもあります。  

茅野市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−04号

また、待遇等につきましてでございますが、それにつきましては、平成22年ごろだと思いますが、国の指導もございまして、手当の見直しということでこの待機手当等が廃止されております。実質超勤の対応というところでございまして、これは6市町村におきましても手当等はなく、超勤の対応をしているという状況でございます。 ○副議長(伊藤玲子) 伊藤正陽議員。

長野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−05号

子供が減っていく時代ですが、働くママが増えていることを背景に未満児保育の増加も多く、市では待機児童はないとの話ですが、希望の保育園に入れないケースも見受けられます。近隣の幼稚園や認可外施設を含めた代替案の提示と、その後の丁寧なフォローが求められます。  

長野市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号

○議長(小林治晴) 宮崎治夫議員 ◆24番(宮崎治夫議員) 先般の信濃毎日新聞にも、待機児童の可能性が出てくる3歳未満児、それから、保育士の確保がそれに追いつかないというような報道が出てきています。そうは言いながらも、一番は、原理原則ばかりでなくて、いかに親御さんたちの気持ちを酌んで、どういうふうにしていくかという部分が、やはり大事だと思うんです。  

伊那市議会 2018-12-05 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号

特養老人ホームも待機者がふえています。ことし9月26日時点の特別養護老人ホームの待機者数は、233名でした。11月1日現在では、208名の待機者がいます。これでは、申し込んでも1年以上待たないと入れないのではと思います。2015年4月から、原則要介護3以上に入所申し込みが制限されて、待機者は全国的に減りました。

岡谷市議会 2018-12-05 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−03号

こうした中におきまして、全国的に熱中症による児童への事故等が発生した状況から、国においても、児童生徒の健康を守るための猛暑対策として、小中学校へのエアコン整備に向けた予算措置がなされたところであり、岡谷市といたしましても、こうした国の動きを踏まえ、公立保育園や小中学校へのエアコン整備を進めてまいりたいと考えております。  

軽井沢町議会 2018-12-04 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号

また、児童発達支援センター整備の前から、支援を必要とする児童に対し早期支援につなげる体制を確立していくため、来年度におきましては、1歳6カ月児健診で成長・発達面の経過観察が必要となった児童に対し、3歳児健診実施前の期間に成長の様子を確認し支援ができるよう、既に実施している乳幼児相談の中に言語聴覚士による言葉の相談を追加し、また、作業療法士や臨床心理士、保育士、保健師による2歳児教室を予定しております

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

諏訪市にしかない大変ユニークな施設で、現在は児童福祉施設となっているということなんですが、早速見学に行き、授業の様子、児童たちの掃除、食べている給食も一緒に食べさせていただいて、食べた食器も自分たちで洗っている姿を確認してきました。児童は非常に目が生き生きとして輝いていて、それが印象的でありました。どうですかと聞いたら、異口同音に楽しいと言っておりました。  

諏訪市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会−12月03日-03号

また、我が町をより安全に快適にするために、みずからの力が大切であると考えてくださる各地区の区長や区民の皆さんが、防災への備えを備品整備にとどまらず、訓練や隣の区との協定、あるいは原材料支給による自主工事など、あるいは民生児童委員や各種の委員と地域内の高齢者支援、健康寿命延伸活動など、諏訪市を磨くさまざまな活動がふえてきていると感じております。

下諏訪町議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会−09月21日-05号

児童手当は少子化で減少し、29年度は2万5,838件で、月平均2,150件だった。  教職員用コンピューターは、教室に112台、図書館に5台が設置されている。  小学校就学援助は、28年度101人、29年度89人。特別支援教育就学奨励費は、28年度15人に対し、29年度は21人となった。  中間教室の教育相談員賃金は、1名分。

松川村議会 2018-09-19 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号

ところが、ああいう形で児童が亡くなったと。こういうことであります。  文科省は、この事故を受けて緊急の安全点検を全国の自治体に実施するように通知しております。松川村も安全点検をそれに基づいて実施されているようですけれども、その結果をお尋ねいたします。  

諏訪市議会 2018-09-18 平成30年第 4回定例会−09月18日-05号

そして待機児童ゼロとしています。  企業内施設では、保育士の資格を持った人が基準の半分くらいとなっていたり、調理室の整備、設備が不十分、そういったことが国内の調査でも明らかになっております。  保育の質に対する不安、疑問がございます。申請であるために、これを認可することにより、監督義務が行政にあるため、質の確保には十分注意するという答弁がありました。

安曇野市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号

問題の内容により、家庭児童相談室と情報共有をして支援会議を開き、児童相談所や医療等の外部機関とも連携して対応しております。特に、情報の共有という点につきましては、毎週1回、教育・福祉担当者会議を開き、子供の多様な問題にかかわる市内外8カ所の担当者が集まり、情報共有と対応について検討しております。

長野市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−02号

国の児童虐待防止対策の強化に向けた緊急総合対策では、増加する児童虐待に対応し、子供の命が失われることがないよう、国、自治体、関係機関が一体となって対策に取り組むこととされ、子供の安全確認ができない場合の対応の徹底、乳幼児健診未受診者、未就園児、不就学児等の緊急把握の実施、また、児童虐待の早期発見、早期対応、児童相談所や自治体の間の情報共有の徹底等を示しております。