運営者 Bitlet 姉妹サービス
1422件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号 この地方創生推進交付金制度は、官民共同、地域間連帯、政策関連帯等の促進、先駆け的優良事例の横展開を支援するとして平成30年度予算は1,000億円の予算を計上しているものです。たしか上限2億円で2分の1の助成で、しかも複数年間なのかなと思うのですが、この交付金またはこれらの支援制度を活用するプランや予定はありますでしょうか。 ○議長(平林寛也君) 村長。 もっと読む
2018-12-13 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月13日-04号 また、県での今後の取り組みですが、今年3月に策定をいたしました諏訪湖創生ビジョンに基づき、人と生き物が共存し、誰もが訪れたくなる諏訪湖の実現に向けて、官民協働により取り組んでいくこととしております。   もっと読む
2018-12-12 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月12日-03号 それぞれの案件につきまして、その都度、校内いじめ対策委員会を開きまして、学校、家庭、場合によって教育委員会が連携して丁寧に対応してまいりました。   もっと読む
2018-12-10 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 あわせて、連携中枢都市圏の形成も視野に入れているということでございます。連携中枢都市圏構想は、中核市が近隣の市町村と連携をして、1つには圏域全体の経済成長の牽引、2つには高次都市機能の集積・強化、3つ目に圏域全体の生活関連機能サービスの向上、この3つの課題に取り組むことで、人口減少・少子高齢社会にあっても、一定の圏域人口を有しながら、活力ある地域を維持していくことを目的としております。   もっと読む
2018-12-10 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−05号 また、保健、医療、福祉及び司法等の関係者が幅広く連携し、制度の広報、利用の相談、利用の促進、後見人支援等のため地域連携ネットワークを構築し、その中核となる中核機関を設置することも求められております。   もっと読む
2018-12-07 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 また、オールシーズンの観光戦略に関する対話内容につきましては、施設間連携等による相乗効果を発揮できるように、今後の事業展開につなげてまいりたいと考えております。  現在、興味、関心を示している事業者とは情報交換を継続しているところでありまして、公民連携による飯綱高原全体の活性化が実現できるよう取り組んでまいります。 もっと読む
2018-12-05 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 次に、行政事務の圏域対応でございますが、現在、連携中枢都市圏構想に基づき、圏域市町村との連携事業を実施しているところであります。今後、更に様々な政策を広域連携するとともに、広域の枠を越えた活動も進めてまいります。   もっと読む
2018-12-04 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号 まず、信大と連携を生かした医師の派遣というようなお話でしたので、私のほうからちょっとその点についてお答えさせていただきたいと思います。  まず、現在行っています大学連携に関しましては、軽井沢病院の内科関係の医師確保に関する事項を最優先事項として進めておるところですけれども、今後、ほかの診療科につきましても、必要に応じて要望を上げていくことは可能と考えております。   もっと読む
2018-12-03 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号 なお、この教育支援チームとICT支援員は、定期的な報告会を通じてカリキュラムや研修方針について常に連携をとり、よりよい支援を推進してまいります。  以上でございます。 ○議長(市村守君) 答弁が終わりました。  7番、横須賀桃子議員。       もっと読む
2018-11-29 長野市議会 平成30年 12月 定例会-11月29日−01号 この他、人口減少社会に突入し、近い将来、1つの自治体で全ての行政サービスを提供していくことが難しくなっていくことを見据え、現在、連携中枢都市圏構想に基づき、50の連携事業を実施しているところでありますが、北信地域全体で、人口の社会増を目指すことや観光や移住・定住、医療や介護、自治体職員同士の交流や将来の人口減少に対応した職員数の確保など、様々な政策を広域連携していかなければならない時期に来ていると考 もっと読む
2018-09-25 安曇野市議会 平成30年  9月 経済建設委員会-09月25日−01号 それから、次の330ページのところなんですけれども、市町村セミナーのときに講師の方から指摘があって、官民境界線の不明なところに、これを明らかにするような補助金制度というものが設けられて予算化されるはずだと、こういう指摘を受けたんですが、ちょっと29年度の予算では間に合っていないかと思いますが、そういう動きが国等であって、30年度、あるいは31年度予算づけされるというようなことがありましたら、教えていただければと もっと読む
2018-09-20 安曇野市議会 平成30年  9月 総務環境委員会-09月20日−01号 ほかの部署との連携を強めまして、また、所管については調査研究をさせていただいていきたいと思っています。  以上です。 ○山田委員長 小林委員、いいですね。 ◆小林委員 はい。      (発言する声あり) ○山田委員長 堀内部長、何かありますか。 ◎堀内総務部長 内輪の話ですみません。債権なんですが…… ○山田委員長 堀内部長。 もっと読む
2018-09-14 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−04号 この他、川中島地区住民自治協議会では、長野保健医療大学と連携協定を結び、住民の健康増進事業などに今後取り組むこととしており、芹田地区住民自治協議会では、信州大学の学生の協力を得て地区のガイドブックを作成し、地区のイベントにも毎年参加していただいております。 もっと読む
2018-09-14 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号 2015年、市内の地ビール製造事業者から安曇野の地域性を最大限に生かすため安曇野産ホップを使用したビール製造のお話をきっかけに、市の農商工連携事業の一環として連携支援しております。   もっと読む
2018-09-13 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号 公民連携の推進に有効な手法である地域プラットフォームの創設につきましては、地域の金融機関や経済界などと相談してまいりたいと考えておりますが、官民双方がウィンウィンの関係を築くことが重要であります。単なる普及啓発ではなく、実のある地域プラットフォームとなるよう、組織の在り方について引き続き研究してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-09-12 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号 先ほど申し上げた小規模企業振興基本法の制定とあわせて小規模支援法の改正が行われ、商工会、商工会議所を中核とした連携の促進と書かれているように、商工会、商工会議所が中心になって地方創生の主役である市区町村との連携を図り、中小企業・小規模企業振興条例を全国各地で制定してもらわなければ、せっかくの小規模企業振興基本法も絵に描いた餅になってしまうという指摘もございます。   もっと読む
2018-09-12 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−02号 さらに災害対策本部については、様々な情報を整理し、関係機関と連携しながら迅速な対応をとることが重要になることから、今年度は国、県、警察、自衛隊、災害時の連携自治体、各種インフラ関係機関を交えた地震想定図上訓練を初めて実施し、防災力の強化を図ってまいります。 もっと読む
2018-09-11 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号 続きまして、病病連携、病診連携について申し上げます。最初に、病病連携、病院と病院との間での連携になりますが、例えば病院群輪番制病院相互の病病連携が考えられますが、先ほど申し上げましたとおり、どの病院も人員確保等の課題を抱えておいでになるため、夜間等の救急医療だけでなく、昼間の診療においても連携して診療に当たっているとお聞きいたしております。   もっと読む
2018-09-10 箕輪町議会 平成30年 9月定例会-09月10日−02号 その必要な投資を単にスマート自治体というようなことで減少できるかというと、そんなことはないわけでありましてそのことを十分考えていただかないと単純にスマート自治体になればいい、連携できれば行政サービスが今までどおりできるということでは私はないというふうに思ってますのでそういうことを申し上げたいというふうに思います。 もっと読む
2018-09-06 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月06日-03号 これにより入居者と地域の連携や交流がさらに促進をされまして、また新たなコミュニティのつながりができるといったことを期待しているところでございます。   もっと読む