運営者 Bitlet 姉妹サービス
21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2014-09-08 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成26年  9月 定例会(第6回)-09月08日−03号 日本会議国会議員懇談会は、1970年代から改憲や元号の法制化、夫婦別姓反対の運動を進めていた右翼の改憲団体を再編、総結集し、1997年日本会議が発足し、日本会議国会議員懇談会は同年5月に発足しました。日本の侵略戦争はアジア解放の正義の戦争だったと美化する靖国派の歴史観に立ち、自主憲法制定、天皇元首化のほかに国民に国防の義務を課すべきなどの主張を展開してきました。   もっと読む
2014-09-08 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成26年  9月 定例会(第6回)-09月08日−03号 日本会議国会議員懇談会は、1970年代から改憲や元号の法制化、夫婦別姓反対の運動を進めていた右翼の改憲団体を再編、総結集し、1997年日本会議が発足し、日本会議国会議員懇談会は同年5月に発足しました。日本の侵略戦争はアジア解放の正義の戦争だったと美化する靖国派の歴史観に立ち、自主憲法制定、天皇元首化のほかに国民に国防の義務を課すべきなどの主張を展開してきました。   もっと読む
2007-09-07 塩尻市議会 平成19年  9月 定例会-09月07日−04号 それから事実婚の対象者が伸び悩むといいますか、ふえない理由でございますけれども、この事実婚の関係は、どういうケースが多いかというと、いわゆる夫婦別姓にこだわって、それで事実婚を選択しているという方が多いというふうに一般的に言われておりますけれども、当市においては、まだまだそういった理由で事実婚に踏み込むカップルが少ないと、そんな実情かと思います。   もっと読む
2005-12-13 松本市議会 松本市議会 会議録 平成17年 12月 定例会-12月13日−03号 また、夫婦で役職につくとき、市民の視線はさらに厳しくなります。これを意識してか、行政が本腰を入れるべき男女共同参画社会への推進がバックラッシュしているのを、このところ強く感じます。初めから課長、部長になることを考える人はほとんどないでしょう。考えたとしてもなれるものではありません。一生懸命働いてきた結果の副産物が役付ではないでしょうか。 もっと読む
2005-03-09 松本市議会 松本市議会 会議録 平成17年  2月 定例会-03月09日−04号 次に、夫婦が共同で育児を行うための職員を対象とした特別休暇制度を、群馬県太田市が少子化現象への歯どめになることを祈るとして昨年12月に男性職員の育児休暇を義務づけると報道されました。新制度で男性職員は幼児が生後1歳になるまで計6週間の育児休業が有給でとれる。これまでも育児休業はとれたが、休業中は無給でした。本市でも参考にと考えますが、市長の見解をお聞かせください。   もっと読む
2003-09-09 上田市議会 平成15年  9月 定例会(第3回)-09月09日−一般質問−03号 今は男女平等の時代であり、夫婦においても別姓を云々という時代にもなっております。いかに生まれ育ったときからの名前とか地名、町名というのは先人が名づけた大切な、大切な文化的資産と言われており、自治会のつながり、コミュニティーの再生や復活を目指したいと思います。  なおまた、旧町名復活の県下の動き、先進地の事例などここでお聞きをいたします。 もっと読む
2002-09-12 原村議会 平成14年第 3回定例会−09月12日-03号 私は先ほど野明議員の質問に対して村長答えたから、今からやれといっても多分やらないと言うんだろうと思いますが、住民の皆さんは本当に結婚する意思がないんなら、そんな結婚する式だとか、あるいは名字はどのように、今夫婦別姓もありますけれども、名字をどうするなんていう話はおかしな話だと、受けとめとして。そうに言っておられるんですよ。 もっと読む
2002-06-12 茅野市議会 平成14年  6月 定例会-06月12日−05号 今は、結婚しても夫婦別姓の時代でもございます。本人の希望する場合に限り旧姓の使用を認めてはいかがかと思いますがお考えをお聞きするものでございます。  続きまして44、選挙関係、ITと選挙についてお尋ねいたします。  山田選挙管理委員長さんには、公私共に御多用中のところわざわざ御出席を賜りまして御答弁をいただきますこと、心から御礼申し上げたいと思います。よろしくお願いいたします。   もっと読む
2002-03-04 松本市議会 松本市議会 会議録 平成14年  2月 定例会-03月04日−02号 さらに、選択的夫婦別姓制度や女性と年金制度も検討されていますように、社会制度や慣行を見直す動きも始まっております。  松本市でも男女共生化は青少年婦人課から立ち上げられ、企画部に移管されて、その間、行動計画の策定、女性センター設置など着々と進められ、前向きに取り組んで、立派な体制をつくり上げてこられました。平成10年には、男女共生プランまつもととして、行動計画をつくられました。 もっと読む
1998-06-18 松本市議会 松本市議会 会議録 平成10年  6月 総務委員会-06月18日−04号 ------------------------- △陳情第15号 選択的夫婦別姓の導入等民法の一部改正を求める意見書の提出について ○委員長(三村英俊君) 次に、陳情第15号 選択的夫婦別姓の導入等民法の一部改正を求める意見書の提出についてを議題といたします。  事務局から朗読願います。      (事務局職員陳情文を朗読) ○委員長(三村英俊君) 次に、理事者の見解を求めます。   もっと読む
1997-06-18 長野市議会 平成 9年  6月 定例会-06月18日−02号 さて、家庭の重要性より個人の権利を主張しているとしか思えない夫婦別姓が論じられております。同姓の不便な人は自分の通称を用いることを認めてもらえばよいのであって、家族という概念を揺るがす夫婦別姓には反対です。  さて、女性問題としては、共生時代に入ってまいり、勤労者女性会館しなのきでは共生共育を進めていただいております。 もっと読む
1997-06-12 箕輪町議会 平成 9年 6月定例会-06月12日−02号 御存じのように、今多くの家庭で夫婦共働きに加え、高齢化が進み、学校から帰宅後の子供の面倒を見ることができない家庭が増えております。そんな中、神戸市で起きたあの悲惨な小学生の頭と胴体を切断した殺人死体損壊遺棄事件は、一人神戸市の問題ではなく、いつ我が身に降りかかってくるかもしれない大きな問題であります。 もっと読む
1996-12-10 松本市議会 松本市議会 会議録 平成 8年 12月 定例会-12月10日−03号 まず、夫婦別姓についてお尋ねをいたします。去る11月8日の新聞報道によりますと、埼玉県新座市は、全国に先駆けて市の職員の夫婦別姓を認めたとのことであります。結婚して姓が変わる職員に対して、戸籍は当然、税務などの関係書類は変更はされますが、市長に申請をすれば、役職があろうとなかろうと、仕事上に使う姓名、名刺、名札、職員名簿などを変えなくてもよい。 もっと読む
1996-12-09 松本市議会 松本市議会 会議録 平成 8年 12月 定例会-12月09日−02号 ひとり暮らしの老人が53世帯、80歳以上だけの夫婦世帯が8世帯、虚弱老人が6世帯。また、これらの老人世帯ではありませんけれども、生活保護世帯が8世帯、母子世帯が43世帯ということで、 100世帯を超える皆さんが、生活については注意深く、いわゆる福祉を今しているということではないんですが、福祉サービスも時によってはすぐ必要になる世帯という状況で、3分の1近くまでいっているという状況です。 もっと読む
1996-12-01 松本市議会 松本市議会 会議録 平成 8年 12月 定例会-目次 19号とやまびこ道路の整備について      (3)国道 143号の混雑解消策について     4 街路樹の保全について      (1)被害状況と対応について      (2)浸透性舗装について     5 生活改善について      (1)現状と今後の対応について   21番 田辺哲雄君…………………………………………………………………130     1 企画部関連行政について      (1)夫婦別姓 もっと読む
1996-06-17 松本市議会 松本市議会 会議録 平成 8年  6月 定例会-06月17日−02号 男女平等、機会均等等が長く言われてきておりますが、いまだその女性の地位は低いと言われており、現在では夫婦別姓問題も論議されている段階であります。本市も女性の地位向上と社会参加を積極的に進めるために、庁内に女性室を設け男女共生会議や女性の諸団体の活躍が目覚ましく、女性の意見が幅広く取り入れられてくるようになりました。 もっと読む
1996-06-13 塩尻市議会 平成 8年  6月 定例会-06月13日−04号 その1、現民法は結婚すれば夫婦は同姓が原則となっていますが、改正点は希望すれば夫婦がそれぞれ結婚前の姓を名乗ることができる、選択的夫婦別姓制としています。市長は、この方向に賛成ですか、反対ですか、理由を挙げて所信を表明していただきたいと思います。  その2、現民法は婚姻最低年齢を男18歳、女16歳となっていますが、これを男女とも18歳にしようとしています。 もっと読む
1996-03-06 塩尻市議会 平成 8年  3月 定例会-03月06日−02号 夫婦別姓に関する法律が、このごろ話題になっております。私は儒教的教育も受けたので個人としてはしっくりしないものも感ずるのでございますが、しかし養子は迎えやすくなるかもしれません。中国は秦の時代には既に夫婦別姓であり、漢の創始者の劉邦の妻は呂后でありました。中国では現在も夫婦別姓で先進的にも思われますが、またそれは一夫多妻制のなごりなのかもしれません。 もっと読む
1994-09-13 長野市議会 平成 6年  9月 定例会-09月13日−04号 なぜならば、夫婦共稼ぎなど、市民の生活スタイルの変化や、市役所の完全週休二日制などにより、早朝や夜間、休日などでも市民の窓口サービスに対する要望は高まっておりますし、高齢化が進む中では、申請等の手続を簡素化し、市民の負担をできるだけ軽減することが求められているからであります。  長野市でもこのシステムの導入について検討すべきと考えますが、御所見をお伺いいたします。   もっと読む
1994-09-09 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成 6年  9月 定例会(第4回)-09月09日−04号 その責任を一体どう自覚して夫婦の契りを交わされていくかということが意外と忘れてしまっている人か、あえてわかっていてそのことの自分の責任を放棄しているのか私にはわかりませんが、そういう人たちが非常にふえてきている。えてして母親としての、女性としての権利の主張を母親としての責任を放棄することの詭弁にすりかえている場合も、私はなきにしもあらずだとそう思ってます。 もっと読む
  • 1
  • 2