運営者 Bitlet 姉妹サービス
1440件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 松川村議会 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号 また、小学校の体育館は夜間利用している団体も多いようです。そこで、校内に設置されているAEDとは別に、体育館にもAEDがあればよいと思い、考えますが、いかがでしょう。 ○議長(平林寛也君) 社会教育課長。 ◎社会教育課長兼公民館長(古畑元大君) 小学校の体育館、夜間は社会教育課のほうで解放しておりますので、私のほうでお答えをいたします。  松川小学校体育館のステージに1台ございます。 もっと読む
2018-09-14 軽井沢町議会 平成30年  9月 予算決算常任委員会(9月14日)-09月14日−03号 中学3年生につきましては6名いまして、全て高校に進学したという実績を報告いただいています。  以上でございます。 ○委員長(大浦洋介君) 答弁が終わりました。  ほかに質疑ありますか。  8番、川島委員。 もっと読む
2018-09-12 飯田市議会 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号 次に、病院群輪番制病院運営費補助事業でございますが、飯伊医療圏内の6医療機関によります輪番制で、土曜日の午後49日、休日の昼間74日、夜間365日に、外科、内科の二次医療の患者対応をしていただいているものでございまして、飯伊地区包括医療協議会へ補助金の支出をしております。29年度の受け入れ患者数は1万1,507人でございました。 もっと読む
2018-09-10 松川村議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-01号 さらに、8月4日のふるさと祭りに鹿港國民中学の皆さんに人形劇を披露していただき、祭りに花を添えていただきました。  松川村からは、11月下旬に中学生56名と引率11名の派遣を予定しております。既に、事前研修がスタートしておるところであります。   もっと読む
2018-09-10 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号 また、小学校中学年以上になりますと、学習の理解へのおくれや学校に行かれなくなってしまったなどの相談内容がふえる傾向にございます。発達障害の特徴の一つとして、同一の子供でも成長していく過程で、また環境によってあらわれる症状も異なることに注意をいたしまして相談業務に当たっている状況にございます。   もっと読む
2018-09-10 飯田市議会 平成30年  9月 総務委員会-09月10日−01号 ここでの課題、取り組みですけれども、この大学とのネットワーク構築を地域振興に多面的に役立てていくことだと思いますが、29年度におきましては、特に中学、高校の教育を大学等の知見から支援、協力いただくというケースが多くなってきております。こういった大学、研究機関との連携がいずれ地域の財産になっていくように、取り組みを積み上げていきたいと思います。  それでは、次のページをお願いします。   もっと読む
2018-09-07 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月07日-04号 録画可能日数では、赤砂崎防災公園の2台は過去約2.5日、約60時間、駅前広場については過去約5日分、駅東リサイクルステーションの1台と博物館の9台については過去約1週間分、浄水場の3台、時計工房儀象堂の4台及び矢の根やのl0台については過去約3週間分、図書館については過去約1カ月分、ハイム天白については夜間のみ約2カ月分の画像を保有しております。   もっと読む
2018-09-06 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月06日-03号 ◎町長 ここ数年来、このお祭りにですね、子供さんに参加をしていただきたい、そんな仕組みをつくってきたということでありますから、そういった意味では今回も多くの小学生や、また向陽高校生たちが、また中学生とともにですね、参加していただいたり、新たなまた形ができてくれたことは大変うれしく思います。 もっと読む
2018-09-04 軽井沢町議会 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月04日−03号 2017年度には、基本構想で示した高校改革に係る理念、方針について、旧12通学区ごとの地域懇談会や産業界、大学関係者、郡市中学校長会、中学生、保護者との意見交換等実施、広く県民に意見を聞き議論を深めました。   もっと読む
2018-09-03 軽井沢町議会 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月03日−02号 中学1年生85名に対して5回、中学校3年生90名に対し5回、国立大学の生徒による英語もしくは数学の個別指導をインターネット回線を利用し受けることができるものです。小学生においては、5・6年生が公立校で全国初となるマンツーマンのオンライン英会話に取り組んでいます。  このような教育に取り組む背景を考えてみますと、次のような特徴があるのではないかなと思います。 もっと読む
2018-06-21 安曇野市議会 平成30年  6月 経済建設委員会-06月21日−01号 去年、この委員会の中で御質問いただいて、水圧とか夜間の流量とかもはかりながら検討してきました。配水系が今、田尻から南原地区については岩原低区という配水系になっています。深沢堰を挟んで田尻地区があるわけなんですが、そこは堀金の田多井のほうの中区配水というところからの配水の区域になっております。 もっと読む
2018-06-18 飯田市議会 平成30年  6月 社会文教委員会協議会-06月18日−01号 ◆委員(吉川秋利君) ほかのところを見ていたら、夜間なんかはセンサーをつけることによって人が少なく管理できるような、いずれにしても金もかかったりとかいろいろあるんで、そこら辺が非常に難しいかなというところもあると思いますが、大変なことだと思いますが、頑張っていただきたいと思います。 ○委員長(福沢清君) ほかにいかがですか。  よろしいですか。       もっと読む
2018-06-14 松川村議会 平成30年第 2回定例会-06月14日-02号 ◎教育次長(原勇一君) 松川村につきましては、現在、休日・夜間については、職員室に職員がいれば対応、いない場合は対応しないということでやってございます。長期休業中につきましては、日直がおりまして対応いたします。  あと小中学校につきましては、緊急時に担任に連絡が入る場合もありまして、管理職と連絡をとる中で対応をしてございます。   もっと読む
2018-06-11 茅野市議会 平成30年  6月 定例会-06月11日−04号 中学2年では、生徒自身が体験したい職業を二、三日体験する職場体験学習がございます。老人ホーム等で介護の仕事を体験したいという生徒もふえてきており、高校の進学でも介護の資格をとれる高校へ進学する生徒もございます。   もっと読む
2018-06-08 下諏訪町議会 平成30年 6月定例会−06月08日-04号 平成29年度の体育館、総合運動場、屋内運動場、錬成の家及び夜間学校施設開放を合わせました使用料の徴収額でございますが、前年度比約14万6,000円増の581万8,750円でございました。体育館のみで見ますと、前年度比約39万円増の384万50円でございました。以上です。 ○議長 森 安夫議員。 ◆森議員 活用がですね、大変活発にされておりまして、大変すばらしいことだと思います。 もっと読む
2018-06-07 下諏訪町議会 平成30年 6月定例会−06月07日-03号 昔はハイキングコースとして整備されていまして、私もあそこをハイキングコースという形で、小学校か中学かちょっとわかりませんけれども、連れられて行った覚えがありますけれども、現在はどうなっているかお教えいただければと思います。 ○議長 産業振興課長。 もっと読む
2018-03-14 軽井沢町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月14日)-03月14日−02号 どうしても時間が、昼間できればいいんですけれども、昼間できることも考えてはまいりますけれども、今のところ、夜間の開催という方向でいこうかなということを見ておりまして、時間帯の関係ですとか含めまして、含めることも可能でしたら、もちろん考えてまいりたいとは思います。 もっと読む
2018-03-05 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−03号 また、このたびの連続火災には、市民の皆様に強い注意喚起が必要と判断したことから、臨時にポンプ車による夜間巡視の広報活動を実施したところでもあります。  また、消防団本部に属します岡谷市消防音楽隊には、演奏活動による火災予防の普及啓発を任務としており、特に重要とされております幼少期からの火災予防意識の高揚に努めているところでもあります。   もっと読む
2018-02-26 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-02月26日−01号 次に、学校教育関係では、市内の全中学2年生を対象とするキャリアフェスを伊那市民体育館で開催をするほか、伊那西小学校の小規模特認校指定、また中学校部活指導員の任用、さらに引き続いて小中学校の体育館の非構造部材耐震化、給食施設改築工事などを実施をしてまいります。   もっと読む
2018-02-20 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月20日−01号 また、中学3年生までの子供の医療費を助成する子ども医療費給付事業では、平成30年8月診療分より、医療機関等の窓口での受給者負担金(500円)を除いた医療費を無料とする現物給付方式を導入し、子育て世帯の負担軽減を図ってまいります。   もっと読む