運営者 Bitlet 姉妹サービス
4078件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号 款別の補正額は、1款議会費は80万3,000円の増額、おめくりをいただきまして2款総務費は812万円の増額、3款民生費は200万円の増額、4款衛生費は75万円の増額、6款農林水産業費は65万円の増額、8款土木費は90万円の増額、10款教育費は177万7,000円の増額、合計で1,500万円の増額であります。  補正額の詳細につきましては、26ページからの給与費明細書をごらんください。   もっと読む
2018-12-17 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号 国土交通省の発表では、特にデータのかい離値が大きい建物について検証したところ、震度6強から7程度の地震に対して倒壊するおそれはないとのことでありますが、第一庁舎・芸術館に設置された製品は、不適切な製品かどうか不明の状態であり、同社の調査結果の報告を待っているとのことです。   もっと読む
2018-12-07 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 ただ、まちなかへ来てから自由に動けなくなってしまう、利便性が低くなると、やはり、まちなかまで公共交通機関では来ないということがありますので、中心市街地における利便性の高い公共交通網の整備を更に進めることもセットにした上でないと、なかなか渋滞解消にまではならないかと思います。   もっと読む
2018-12-05 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 2つ目は、災害時における土木用の大型機械、除雪車、し尿収集車、簡易トイレ等の確保はできているのかお伺いします。中越地震では下水道が損傷して大変であったと聞いています。本市は大河に囲まれており、孤立してしまう危険が想定されますが、対応は大丈夫でしょうか。   もっと読む
2018-11-29 長野市議会 平成30年 12月 定例会-11月29日−01号 公共交通の整備・再編のうち、中心市街地循環バスぐるりん号につきましては、市民や議会の皆様の御意見をお聴きしながら、運行コース等の見直しを進めてまいりました。  その結果、民間バス路線との役割分担を明確にするとともに、定時性を確保するよう外周を回るコースに決定し、来年4月からの運行に向け、市民の皆様への周知など、適切に準備を進めてまいります。   もっと読む
2018-11-29 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-11月29日−01号 改正前(8)につきましては、名称を現状に合わせ改正後の区分を(8)市町村交通災害共済用診断書とし、金額は2,000円のままで名称を変更させていただいてございます。  改正前(9)の証明書につきましては、改正後の区分及び金額を以下の3つの区分とさせていただいております。まず、改正後の(7)身体障がい者用診断書3,000円として、名称及び金額を新設させていただいてあります。 もっと読む
2018-11-28 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-11月28日−01号 観光面においては、二次交通の拡充を目的としたシェアサイクル事業については、8月から実証運行が行われております。JR穂高駅や安曇野しゃくなげの湯など、サイクルポート5カ所でスタートを切りました。  10月末現在の貸し出し台数は173台であります。しかしながら、全体の63%がレンタル的利用であり、穂高駅で貸し出され、穂高駅で返却される利用が相当数を占めております。 もっと読む
2018-11-27 佐久市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月27日−01号 また、債務負担行為につきましては、公共工事の平準化を図ることなどを目的に設定をするゼロ債務負担行為として、一般会計で道路維持修繕事業費及び交通安全施設事業費の2事業、特別会計で下水道事業特別会計の汚水管渠工事費の1事業を新たに設定をいたしました。  土木費の総合運動公園整備事業費は、佐久総合運動公園第二駐車場予定地の用地購入費であります。   もっと読む
2018-09-25 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−05号 初めに、議案第84号平成30年度長野市一般会計補正予算のうち、第8款土木費、第4項都市計画費に関連して申し上げます。  もんぜんぷら座の耐震補強工事の財源の確保についてであります。   もっと読む
2018-09-25 安曇野市議会 平成30年  9月 経済建設委員会-09月25日−01号 両事業とも社会資本整備総合交付金を活用して実施していることから、先般、8月2日になりますが、国土交通省本省、地整、また国会議員の皆様に、交付金の十分な配当と長期安定的に事業が進められるよう、関係予算の所要額確保について要望を行ってまいりました。  昨年度から継続しております穂高の西友通りの歩道改良工事につきましては、2工区に分け、発注し、契約済みとなっております。   もっと読む
2018-09-21 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月21日-05号 歳出で、諏訪交通安全協会下諏訪支部活動補助金については、企業からの賛助金等もある。新規事業がふえれば補助金もふやすことになる。  交通安全施設整備工事では、町で手がけられるものが限られている。ミラー、注意看板、白線など。  土木総務費、備品購入費では、国・県からの図面等を印刷していた古いタイプのトナー式のプリンターがリース切れとなったので、新機種を購入した。   もっと読む
2018-09-20 安曇野市議会 平成30年  9月 総務環境委員会-09月20日−01号 公共交通連携事業、ここに篠ノ井線松本地域活性協議会で、JR篠ノ井線利用促進を図るためにPRイベント何がしということで書いてございまして、利用促進に向けたパークアンドライド方式の整備先進研修、松本で行いましたということであります。 もっと読む
2018-09-14 飯田市議会 平成30年  9月 産業建設委員会-09月14日−01号 交通安全につきましては、日ごろから職員教育を徹底しているところでございますが、そのような中で本件事故を発生させ、まことに申しわけございません。  今回の事故を契機に、事故を起こした職員と話し合いを持つとともに、課全体でも話し合いを行い、交通事故防止策を講じ、これまで以上に交通安全に努めておるところでございます。  以上、説明とさせていただきます。 もっと読む
2018-09-13 軽井沢町議会 平成30年  9月 予算決算常任委員会(9月13日)-09月13日−02号 まず、18の一番上の交通安全施設の整備状況でございますが、カーブミラーの新設は5基で、修繕は2基でございます。  続きまして、29ページをお願いいたします。  農林水産費関係でございますが、一番下の3)の農道舗装状況でございます。特に新設はございませんので、変わりはございません。  続きまして、33ページ、土木費関係になります。 もっと読む
2018-09-13 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号 国土交通省が発表しておりますコンパクト・プラス・ネットワークの推進についてと題する資料によりますと、多極型コンパクトシティにおいて、拠点エリアには循環型の公共交通ネットワークの形成や、コミュニティバスなどによる支線輸送などの整備、再構築を推進していくよう記載されています。   もっと読む
2018-09-12 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−02号 ○議長(小林治晴) 島田危機管理防災監      (危機管理防災監 島田 斉 登壇) ◎危機管理防災監(島田斉) 今回の被災地派遣では、岡山県倉敷市においては避難所運営の支援を、広島県尾道市においては土木技術系職員による技術的支援を行いました。 もっと読む
2018-09-11 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号 1つは、地域公共交通政策です。昨日も質問がありましたが、地域の交通政策づくりは、生活交通だけではなく地域福祉の課題でもあり、教育、地域コミュニティーなど、住民が地域で生きていく上で土台となる総合的な社会的政策づくりです。高齢化が進む中で、その重要性は増しています。市では、2年間、政策企画部に交通政策課を設置しましたが、現状は都市建設部管理課の一部門となっております。 もっと読む
2018-09-11 佐久市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−04号 通学路につきましては、各学校において定期的に安全点検を実施しており、市教育委員会におきましても、通学路交通安全プログラムに基づき、区要望等により危険箇所を把握し、関係機関と合同点検を行う中で安全対策を実施しております。 もっと読む
2018-09-11 箕輪町議会 平成30年 9月定例会-09月11日−03号 もう1点挙げますと交通問題であります。交通問題はみのちゃんバスとか伊那本線とかそういったことはいいんですけれども、交通政策でやるものと福祉政策でやるものと農山村政策でやるもの、産業政策でやるもの、いろんな形で住民の皆さんの足の確保というものが今の状況では十分できない、高齢化に伴って十分できないというようなこともありましてそんなところは今回改めて見てみますと進んでいないなというふうに思いました。 もっと読む
2018-09-10 松川村議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-01号 また、土木費が子ども未来センター整備事業の増などにより7,510万6,000円(14.2%)増、教育費が教育施設整備基金積立金の増などにより9,923万2,000円(25.6%)増となっております。  以上が、一般会計歳入歳出決算の状況であります。  なお、普通会計で見る経常収支比率は前年度より0.5ポイント低下し、75.6%となりました。引き続き、経常的な経費の抑制に努めてまいります。   もっと読む