618件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2020-09-11 09月11日-03号

体育館については、予定されている長野県での国体においてバトミントンの会場になることが内定しており、市内外利用を含め、駅からの距離が近いことなどからも多方面の利用が想定されます。構想から10年余りがたち、ようやく完成のめどが立ったことにより、これから完成後の運営方法について考えていくわけであります。 

箕輪町議会 2020-09-08 09月08日-03号

昨日も国体開催お話が出ました。当然大型ハード事業のスケジュールの変更というのも起きてくるんではないかと、町民体育館、武道館の改修等に係わってですね、その時期をどういうふうにしていくかとかですね、いろいろ出てくると思いますが、少しこの辺ですね、財政健全化という視点でですね、改めて町長財政運営についてのお考えをお聞きしたいと思います。

須坂市議会 2020-09-02 09月02日-04号

国体が終わるまでに、大体幾らほどの予算が必要となるものか。また、その予算に見合った成果とはどんなものなのか。 ④なぜトランポリンなのかについて。 なぜ国体競技トランポリンを須坂で受け入れる必要があるのか。 要旨3、民間活力による臥竜公園事業。 これは、何でもかんでも民間に任せると何とかなると間違った考えで進めている事業ではないかという発想からの質問でございます。 

上田市議会 2020-06-30 03月18日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

これに対し、指定管理施設とすることにより、サービスの向上長野国体ソフトテニス競技会場として、テニスコート整備する上での効果的な施設整備などが期待できる状況になる。また、人件費の削減や自主事業開催などによる財政面での効果も期待できるが、市の財政負担については現状と同水準で推移すると見込んでいる等々の質疑応答があり、本案については原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

塩尻市議会 2020-06-17 06月17日-04号

昭和53年の33回やまびこ国体以来でございますので、ぜひ炬火リレー塩尻市の観光地をめぐるように希望しておりますが、それについて何か御意見ありましたら、お聞かせください。 ◎市民交流センター・生涯学習部長赤津光晴君) 令和9年度の第82回国民体育大会、第27回全国障害者スポーツ大会でございますが、塩尻市をアピールできる絶好のチャンスでもございます。

下諏訪町議会 2020-06-09 令和 2年 6月定例会−06月09日-03号

どうも国体も中止の方向で動いているようでありますから、そういった活躍の場が失われたことは非常に残念に思いますし、お気の毒だというように思っています。町といたしましても、先ほど教育長からお話をいただいたように、体育施設等、全面的に競技団体、また連盟に協力をしてまいりたいというように思っています。  

上田市議会 2020-04-02 03月04日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

2027年に開催される長野国体上田市内開催される競技テニスは、競技開催に向けてテニスコート整備することは公表されておりますが、上田スポーツ施設整備計画で示されている上田城跡公園体育館の移転問題でありますが、現在はルートインホテルズブリリアントアリーズ上田自然運動公園総合体育館活動拠点にしておりますが、今後、新たに建設される体育館は、ルートインホテルズブリリアントアリーズ活動拠点や、

長野市議会 2020-03-09 03月09日-05号

そのため、国体開催を見越した施設本体の在り方を早急に検討する必要があります。 併せて、国体終了後は、第27回全国障害者スポーツ大会会場にも期待される可能性が高いことから、ユニバーサルデザインの観点で検討されることも視野に進めてほしいと思います。国体後も継続的に市民スポーツ活動各種大会誘致に応えられるものとなり、冷暖房施設観客席の充実した使い勝手の良さを備えた器となることが重要です。 

飯山市議会 2020-03-06 03月06日-04号

◆9番(高山恒夫)  それではもう1点ですけれども、2027年には長野県で完全国体予定されておりますが、冬のスキー競技については飯山市で受けていくと、そういうことでほぼ決まっていると思いますが、夏の競技についても受入れの打診等あって、行動、動いておられるというふうに思いますが、どのような状況かおうかがいします。 ○議長(渋川芳三)  常田教育部長

安曇野市議会 2020-03-04 03月04日-04号

スポーツでいえば国体クラスともいえるこの美術展開催について、また、意義について、改めて多くの市職員市民の方にも知っていただき、ぜひ多くの方に足を運んで、芸術の息づく安曇野を感じていただけたらと思います。市の主催ではないですが、市制施行15周年の記念事業として、市を挙げての高まりを期待するものです。 ここで、市長にお伺いいたします。

飯田市議会 2020-03-04 03月04日-02号

◆23番(原和世君) ぜひこの地域から国体のみならず、オリンピックに行けるような、そんなスポーツ・文化ができるといいのかなあと、そんなふうにこの機会として捉えていただきたいと思います。そのためには市長、この施設もしっかり充実しないと駄目だと思いますので、その辺は今日は求めませんけど、ぜひ考えていただきたいなあと思います。 そういう中で、飯田市体育協会がございます。

安曇野市議会 2020-03-03 03月03日-03号

また、2027年には、長野県で第82回国民体育大会開催され、本市ではバレーボール競技が行われる予定となっておりますが、その後、全国障害者スポーツ大会長野県で開催され、国体と同会場で同種目を行うことが通例となっているとのことでありますので、全国障害者スポーツ大会開催について依頼がありましたら、本市といたしましても、対応してまいりたいと考えているところでございます。 

松本市議会 2020-02-27 02月27日-04号

国体に向け県内外から自転車競技者が集まり強化合宿等、多くの人が訪れることが予想されます。 また、本市の西、乗鞍岳を会場に1986年開始マウンテンサイクリングin乗鞍、東の美ケ原高原会場に2000年開始のツール・ド・美ケ原高原自転車レース大会は、いずれも多くのサイクリストの支持を得て実施されている自転車のヒルクライムレースであり、それぞれ今年で34回目、20回目の大会となります。

松本市議会 2020-02-26 02月26日-03号

最初に件名1、国体を想定した都市計画について伺います。 2027年(令和9年)、長野県において開催予定の第82回国民体育大会、第27回全国障害者スポーツ大会については、開閉会式及び各種競技が松本市において開催されます。そこで、国民体育大会全国障害者スポーツ大会の受け入れを想定した本市都市計画について伺います。 私は昨年9月定例会において、競技種目ごと受入れ施設整備方針をお伺いしました。