686件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会−03月07日-01号

次に、本日上程いたします議案概要説明申し上げます。  議案第4号 特別職職員で非常勤もの報酬及び費用弁償に関する条例一部改正する条例は、近隣及び同規模町村調査する中で、村監査委員報酬改正するものであります。  

原村議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会−03月04日-04号

6番  内 田 章 子         7番  松 下 浩 史     8番  小 池 和 男         9番  小 平 雅 彦    10番  芳 澤 清         11番  小 林 庄三郎 4 欠席議員 なし 5 地方自治法第121条規定により、会議事件説明ため出席求めた者は次とおりである。   

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

10月22日に川西公民館で、北和田沢防災というか、砂防事業について説明会があったと聞いておりますが、そちらほうへ参画されていたか。それから、この関係防災計画説明中で具体的な砂防事業関係説明があったか。その辺お伺いしたいと思います。 ○議長(平林寛也君) 建設水道課長。

下諏訪町議会 2018-12-13 平成30年12月定例会−12月13日-04号

概要ということでお聞きしたので、また21日に詳しいところは御説明があるというふうにはお聞きしております。  外部評価見直し点について、目標設定含めた事務事業評価自体見直し、事業課とヒアリングによる適正な評価指標によって客観的な評価になっているかについてお考えお聞きしたいと思います。 ○副議長 総務課長。 ◎総務課長(伊藤) お答えいたします。

下諏訪町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会−12月12日-03号

今回料金引き上げにつきましては、使用者皆様にわかりやすく周知行うとともに、改定後料金につきましては経営戦略では5年ごとに見直す計画ではございますが、毎年度決算状況確認し、管路更新など設備投資進捗状況、純利益、資金残高など経営状況検証行い、上水道審議会など外部意見も取り入れながら適正な料金について継続して検証行い、町が掲げる基本理念である県下一安くておいしい水供給が継続されるよう

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

その説明会、年に数回、区長会に行って説明させていただいていますけれども、その中で未入区者方がいらっしゃいましたら、そういう訓練に参加声かけていただいて、一緒に参加していただきたいという声がけしております。そういったことで、名簿だとかそういったものも出していただいていませんので、実際そういう調査というものはしていません。

軽井沢町議会 2018-12-11 平成30年 12月 予算決算常任委員会(12月11日)-12月11日−01号

今、軽井沢リゾート会議都市目指していくというようなことで、まだG7、これからG20とか開催したり、いろんな面でそういった会議都市、国際会議ができるような町にしていこうということまだスタートしたばかりです。また、東大、信大と包括連携もスタートしたばかりです。

長野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−05号

予約可能人数超える申込みがあった場合には抽せんなど、各園が定めた選考方法事前に保護者に説明した上で選考行い、予約者内定することとしております。  第1期申込件数は計120件となっておりまして、内定者については12月17日に決定する予定でございます。  

岡谷市議会 2018-12-06 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−04号

観光振興については、6月定例会一般質問中で藤森議員が、諏訪地域包括的な広域観光振興推進ということでお聞きしていますが、復習も兼ねて内容少し読ませていただきます。  「諏訪地域では、観光資源活用ために、市町村超え、官民協働でさまざまな取り組みがされております。

諏訪市議会 2018-09-18 平成30年第 4回定例会−09月18日-05号

最初に、当委員会は会期中9月6日、7日、10日3日間、延べ15時間余にわたり、全委員出席もと、平林副市長、藤森会計管理者及び各部課長、局長、次長、室長、係長出席求め、平成29年度決算書、成果説明書、不用額説明書等により、全部局説明受け、慎重に審査したこと申し上げます。  それでは、委員総括意見陳述概要について御報告いたします。  

長野市議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−04号

市民プール統廃合案が提案されました。老朽化した市民プールは廃止やむなしと思います。しかし、市民プール見直しだけではなく、同様施設である学校プール老朽化や地域性に配慮しながら、市民プールと学校プール総合的に削減する計画示すべきだと考えます。  今回説明では、利用状況詳細把握、3つゾーン分けにより地域格差配慮したものと評価しております。

長野市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号

施設統廃合考えるためには、個々施設果たす役割、利用状況や運営状況、老朽度や将来的なコストなど捉えた分析が不可欠でございます。したがいまして、まずは施設所管する部局が再編対象施設検討しなければならないと考えております。  施設所管課が検討した結果につきまして、公共施設マネジメント推進課が包括的に進捗管理し、全庁的な取組司令塔として役割果たしてまいりたいと考えております。  

飯田市議会 2018-09-12 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号

具体的にはやはりこういった利用者皆様ケアマネジメントやっておりますが、先ほど申し上げましたように地域包括支援センターがやっておりますので、地域包括支援センターが業務行う中を通じて、きちんと利用者皆さんに、こういう形で条例改正も行われてというところ理解していただくということで、取り組み進めてまいりたいと思います。 ○副委員長(山崎昌伸君) 福沢委員。

箕輪町議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会-09月10日−02号

その他に自分用タブレットとか自分用パソコン持っている生徒もたくさんおりまして、その8割がインターネット使用条件につながっていくと、そういった現実でございます。ラインやSNSなどネットワークで友達や外部と日常的に通信行っている生徒も8割近くおります。

茅野市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会-09月10日−04号

第3次福祉21ビーナスプランでは、地域で暮らす子どもから大人まで、そのらしい生活生涯にわたって、健やかに、安心して、豊かで快適に生活することができるまち目指して、保健福祉サービスセンター中心に茅野市社会福祉協議会、地区コミュニティセンター、事業者や地域などが包括的な支援体制とれるよう地域包括支援体制構築目指しております。