運営者 Bitlet 姉妹サービス
5948件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号 2つとして、都道府県が選ぶ奨励品種は高価格の家庭用米が中心で、コンビニのおにぎりやファミレスのライスなど、外食・中食用の業務米開発は民間企業の力を借りる方が効率的であること。3つとして、種子法で都道府県の品種開発を進めると、民間企業の品種開発への意欲を阻害するので、もっと民間の技術力を活用して、品種について農家の選択肢を広げるべきだという3点に集約できます。   もっと読む
2018-12-19 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号 そのような中で今後の見通しでございますが、歳入に見合った歳出とするために事業の効率化を進めて基金の取り崩しに頼らない予算編成を心がけていきたいというふうに思います。  あとシミュレーションということを言うと、何年先ということでは今のところはわからないという状況でございますが、ここ近年というか、最近のうちは大体40億前後というような形で行っている状況でございます。 もっと読む
2018-12-18 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号 そういうすばらしい状況を、今後もずっと続けていくためには、やっぱりそれなりの計画はぜひ、先ほどから繰り返しますがやってほしいというということが一つと、もう一つはそれをやっていくためには、国としても、今までは先ほども言いましたように、大規模化というような形できているわけです、あるいは効率化という形できているわけですけれども、とりわけ中山間地における、そういう小規模家族経営の方がしっかりと農業をやって、 もっと読む
2018-12-17 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号 次の10年を見据えて、市と住民自治協議会が更に深く、より良好な関係を築いていくことができるように、共通の課題を抱える地区同士が連携して解決策を検討したり、取り組む仕事を効率化して減らしたりする支援を進めるよう要望いたしました。  以上で報告を終わります。 ○議長(小林治晴) 以上をもちまして、総務委員会委員長の報告を終わります。   もっと読む
2018-12-13 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月13日-04号 特性としましては、高くなるほどよい風況を得られ、効率的な発電を行うことができること等により、風車の大規模化が進んでおり、商業用のプロペラ式風車につきましては、高さ70メートルから100メートル程度の規模が主流となりつつあります。   もっと読む
2018-12-13 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号 前回、2015年版から協働で取り組んでおりますが、市だけで作成すると多額な経費を要しますし、また、職員の負担も大きいわけですが、協働で行うことによりまして、効率的かつ効果的な事業ができているという状況であります。市民の皆様からも、非常にわかりやすくてという好評をいただいております。   もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 その上で、運行車両の配置や運行便を補足する応援便を適切に回すなど、全体の運行台数は維持しながら効率的な運行を検討していくことだろうと考えます。ちなみに、穂高地域は4月以降、10月が最も多い利用者となっております。また、堀金地域は各月によって大きな変動はありません。  なお、先ほど臼井議員からアンケート100人との御発言がございました。   もっと読む
2018-12-12 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月12日-03号 ◎町長 今回の水道法の改正によりまして、それを全部否定するわけでもないですし、民営化というものにより効率的に運営ができるという自治体もあるでしょうから、それは全国各地それぞれの自治体の持つ課題として、この法律が運用されていくものと思っています。   もっと読む
2018-12-11 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号 学校給食への地元農産物供給は、主に市内直売所やJAを通じて、直売所やJAでは給食センターと情報交換を行い、時期に応じて出荷できる農産物を確認しながら、効率的かつ安定的な供給ができるよう農家との調整を図っているところでございます。  また、給食センター側でも、可能な限り優先的に安曇野産農産物を使用してもらうよう取り組んでいただいており、お米は100%地元産ということでございます。 もっと読む
2018-12-11 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月11日-02号 経費については最大限に抑制し、効率的な運営を目指していますが、経費の削減にも限界があり、収益を見直す時期を迎えております。  資本的収支につきましては、経常収支が赤字であるため内部留保に回すことができず、大規模な設備投資を行う際は企業債の借り入れ等で財源を賄っている、将来負担が重くなることが予想されております。 もっと読む
2018-12-10 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 このことによって、当初の計画よりも、効率よく人口減少の抑制が図られているんではないかというように私は捉えております。  以上です。 ○議長(小松洋一郎) 猪狩議員。 ◆15番(猪狩久美子) 4つの基本目標を言っていただきました。  この戦略に乗ってやっていくということで、徐々に浸透してきているので、この人口減少の抑制は図られていくんじゃないかというお答えでした。   もっと読む
2018-12-07 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 第七次長野市行政改革大綱に基づき、市民や地域等と連携、協働し、効果的・効率的な防災・減災対策の推進が必要と考えられますが、具体的な対応策について見解を伺います。 もっと読む
2018-12-06 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号 ○議長(小林治晴) 倉石総務部長      (総務部長 倉石義人 登壇) ◎総務部長(倉石義人) 私からは、市役所の働き方改革とこれからの業務の効率化についてのうち、初めに、本市におけるAIの活用に向けての取組についてお答えいたします。  本市においても、業務へのAIの適用可能性について検証を行うため実証実験等を始めつつあります。 もっと読む
2018-12-05 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 議員御指摘のとおり、AIやIoTを用いたイノベーションの創出により新たなモノやサービスを生み出し、業務の効率化や生産性を向上させることは、人口減少による労働力の低下が懸念される中で、今後の経済成長にとって大きな役割を担うものと考えております。   もっと読む
2018-12-04 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号 気づいたその場で明確にその情報を共有することができるので、大変効率がよいというところで提案をしていたものです。  こういった通報システムについて、さきの一般質問で導入検討を伺いました。当時の建設課長の答弁、ちょっと引用いたします。スマートフォンを利用した、この場合は特に道路の破損状況の通報ということですが、近年取り入れている自治体が増えていることは承知しております。 もっと読む
2018-12-03 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号 テクノロジーを活用して、今回タブレット教育が始まるわけなんですけれども、例えば歴史の授業で、江戸時代について教える時期に、国語の時間には江戸時代の作品を教えるなど、2つの教科を連動させることは、生徒にとっても興味を引く効率のよい学び方であって、ICT教育に早くから力を入れてきた欧米では、もう既に取り組んでいる教え方であるんですけれども、タブレット教育をすることで、このように2つの教科を連動させるというすごい もっと読む
2018-12-03 原村議会 平成30年第 4回定例会−12月03日-02号 こうしたことから、平成30年度については、現在の財政状況を職員一人ひとりが認識し、事務事業の継続性などの見直しを行い、新電力への切り替えなどの経費支出の効率化に努めました。また、義務的経費を除く経常経費の2%削減に取り組み、第5次原村総合計画重点施策や原村地域創生総合戦略の基本目標等の達成に向けた、創意工夫による効果的な予算編成を行いました。   もっと読む
2018-11-30 原村議会 平成30年第 4回定例会−11月30日-01号 まず一つ目が、組織体系が効率的かつ適切なものであり、責任体制が明確化されているか。2番目といたしまして、人員配置及び勤務体制が適切なものとなっているかと。3番目といたしまして、実行のために必要な有資格者(経験者)が確保されているかどうか。4番目といたしまして、防犯・防災への対応について十分に検討され確保されているか。5番目として、緊急時における連絡系統が明確にされているか。 もっと読む
2018-11-29 長野市議会 平成30年 12月 定例会-11月29日−01号 持続可能な行政運営を目指していくためにも、公共施設の在り方を初め、あらゆる分野の行政のスリム化、効率化を進める必要があります。  足下の平成29年度決算においては、財政健全化指標は国の基準を大きく下回り、健全財政が維持されたところでありますが、財政調整基金の取崩しは拡大し、経常収支比率は過去最大となるなど、財政の硬直化が進んでいる状況であります。   もっと読む
2018-11-21 長野市議会 平成30年 11月21日 まちづくり対策特別委員会-11月21日−11号 バス事業者からの意見といたしますと、まちが拡散をしてきた中で、目的地が分散をしていると当然、運行自体は非効率にならざるを得なくなります。密度が薄くなってまいります。 もっと読む