5659件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

主な改正点としまして、乗降が少ない路線の統合として7路線を4路線に統合し、運行経路・時間の効率的な運行を図りました。また、より柔軟なダイヤの構築としまして、通学児童・生徒の実態に応じ、遠隔地の利用者がよりスムーズに通院や買い物ができるよう、目的地に応じた往復の所要時間を考慮しております。主なものとしまして、フリー乗降区間の拡充、所沢地区への乗り入れを実施しております。  

下諏訪町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

討論では、職員の勤務時間、休暇についてしっかり管理してもらい、職場も業務効率を図った上で運用してほしいとの賛成討論がありました。  挙手全員で原案どおり可決しました。  議案第6号 下諏訪町資金積立基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例については、特定目的基金である公共施設整備基金の使途について、財源として充当できる費用の範囲を拡大するためのものです。  

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

業務の効率化を図ってまいりました。現在の係員は、上下水道建設係兼務の2.5人体制でございます。近隣の市町村や平成28年度国の水道統計調査報告にあります同規模自治体に比べ、大変少ないということでございます。平均職員数は3人でございますが、当村といたしましては、建設改良工事、災害、の今ない状態でございますので、人件費も含めて適正と考えております。  

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

既存の温泉旅館につきましても、施設の効率的で有効な活用をいただけるよう、観光施設宿泊助成金事業、こういった制度も御用意をしてございますので、施設の改修などに対する支援も現在でも行っているところでございます。日帰り温泉施設の改修につきましても御相談に応じてまいりたいというふうに考えております。  

原村議会 2019-03-01 平成31年第 1回定例会−03月01日-03号

課題ということ、あるいは効率的な学習を行うためにというようなことなんですが、やはりいかに効率的な学習を行うためには、使いこなしていくかと、そういった適切な指導、そういったようなものが大事だと考えていますが、今、教育長がおっしゃったように、いわゆる研修、職員に向けていくということで、そんなようなことで理解させていただきました。それでよろしいでしょうか。  

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

県では来年度から連続した10日以上の休暇取得の促進を進めるとのことですが、年休の平均取得日数を見る限り、当市においても連続休暇が取得しやすい職場風土の構築、個人業務から脱した組織による仕事、また各課所におけるIT、ICT、AIなどを活用した事務の効率化や合理化を進めていかなければならないと痛感しているところでございます。  

原村議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-目次

│       │  │     │      │ 3.情報活用能力を育て、効率的な学│〃      │  │     │      │  習を行うために新たに考えているこ│       │  │     │      │  とはあるか。          

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

諏訪市といたしましては、これら二つの計画を一本化することで、市政について市民へのわかりやすい説明が可能となること、また進捗管理を一本化することで事務の効率化が図られることなどから、2019年度までとしている現在のまち・ひと・しごと創生総合戦略を2年間延長し、2022年度スタートとする第六次総合計画へ統合・一本化することがよろしいと考えておりますが、これは改選後に判断されるべきものでございますので、現状

下諏訪町議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会−02月25日-01号

監査関係では、公正で効率的かつ効果的な行財政運営の確保と地方自治の健全な発展に貢献するため、定期的な監査のほか、技術監査の実施に伴う経費を計上しております。  税務関係では、身近な生活に欠かせない税金の役割を正しく理解していただけるよう、引き続き小中学生を対象とした租税教育を実施します。

諏訪市議会 2019-02-22 平成31年第 1回定例会−02月22日-02号

〔「議長11番」の発言あり〕 ○金子喜彦 議長  廻本多都子議員 ◆11番(廻本多都子議員) この条例、税金にかかわる事務ということで、商工課から税務課に所管が移るということなんですけれども、理由としては効率的にと考えられているんですけれども、実際の営業証明書の発行は商工課が深くかかわるところで、法人台帳は税務課にあり、別々のことをやっていたのを一つにするということなんですけれども、どういう利点があるのかということと

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号

人口減少時代における事業収支を踏まえ、効率的で安定した事業運営を図るため、水道事業ビジョンに基づく計画的な施設、管路等のインフラ更新や耐震化を進めてまいります。新年度は足倉配水池の機械設備改良工事や新有賀水源ポンプの改修工事などを実施します。  下水道につきましては、未整備地区への本管延伸を行うとともに、下水道ストックマネジメントに基づいて、老朽化した管渠等の更新を進めます。

松川村議会 2019-02-07 平成31年第 1回臨時会−02月07日-01号

目2節18備品購入費844万4,000円の計上でございますが、福祉バスの経年劣化及び運行の効率化を考慮し、ワンボックス車両への更新を図るため、ワンボックス車両2台分の購入費用の計上でございます。  目4節15工事請負費233万9,000円の計上でございますが、これはゆうあい館の浴槽タイル張りかえ工事費及び厨房空調設備更新工事費用の計上でございます。  

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

2つとして、都道府県が選ぶ奨励品種は高価格の家庭用米が中心で、コンビニのおにぎりやファミレスのライスなど、外食・中食用の業務米開発は民間企業の力を借りる方が効率的であること。3つとして、種子法で都道府県の品種開発を進めると、民間企業の品種開発への意欲を阻害するので、もっと民間の技術力を活用して、品種について農家の選択肢を広げるべきだという3点に集約できます。  

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

そのような中で今後の見通しでございますが、歳入に見合った歳出とするために事業の効率化を進めて基金の取り崩しに頼らない予算編成を心がけていきたいというふうに思います。  あとシミュレーションということを言うと、何年先ということでは今のところはわからないという状況でございますが、ここ近年というか、最近のうちは大体40億前後というような形で行っている状況でございます。

松川村議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号

そういうすばらしい状況を、今後もずっと続けていくためには、やっぱりそれなりの計画はぜひ、先ほどから繰り返しますがやってほしいというということが一つと、もう一つはそれをやっていくためには、国としても、今までは先ほども言いましたように、大規模化というような形できているわけです、あるいは効率化という形できているわけですけれども、とりわけ中山間地における、そういう小規模家族経営の方がしっかりと農業をやって、

飯田市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−05号

議案第148号「公の施設の指定管理者の指定の期間の変更について(飯田市上村山村文化資源保存伝習施設)」及び議案第149号「公の施設の指定管理者の指定について(飯田市上村山村文化資源保存伝習施設)」は、同じ公の指定管理者の指定にかかわる議案であるため、事務効率の観点から一括議題とし、審査を行いました。  

長野市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号

次の10年を見据えて、市と住民自治協議会が更に深く、より良好な関係を築いていくことができるように、共通の課題を抱える地区同士が連携して解決策を検討したり、取り組む仕事を効率化して減らしたりする支援を進めるよう要望いたしました。  以上で報告を終わります。 ○議長(小林治晴) 以上をもちまして、総務委員会委員長の報告を終わります。