運営者 Bitlet 姉妹サービス
979件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号 保育園につきましては、厚生労働省の管轄で、児童福祉施設という扱いになります。保育士は国家資格になります。幼稚園につきましては、文部科学省の管轄で教育施設区分となりますので、先生につきましては教員免許が必要となります。あと保育園につきましては、ゼロ歳から利用できる児童福祉施設でございますが、幼稚園につきましては3歳からの教育施設となります。   もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 安曇野市内には、多くの外国籍の方が生活をされており、この中で学齢期の子供について、教育委員会が日本語教育支援を必要とする児童・生徒を把握するのは、主に転入時となります。本年5月1日現在における学校基本調査によれば、外国籍の児童・生徒は、議員が配付された資料のとおり、小学校7校で32名、中学校6校で18名、計50名となっております。   もっと読む
2018-12-10 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 沿道の緑化のほかにも、認定こども園であるとか、あるいは未就学児と保護者の皆さんによるモザイクアート、あるいは小・中学生による17校の児童・生徒から御協力をいただきまして、プランターの花修景、また、市内4つの、先ほど話にもございました高校の代表の皆さん方も御参加をいただきまして、安曇野インター周辺及びJR駅の花壇修景等、計画をしておりまして、市民を挙げて、それぞれの皆さん方から御支援、御協力を賜っているところでございます もっと読む
2018-09-21 安曇野市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月21日−01号 ◎中澤副参事兼穂高健康支援センター長兼健康支援担当係長 この妊婦訪問についてですけれども、ここに書いてありますとおり、虐待予防、それから社会的支援という内容には経済的な問題を抱えた妊婦さんですとか、あるいは若年の妊婦さんなど、こちらで支援が必要だと思われる方たちに対する訪問件数がふえております。   もっと読む
2018-09-13 飯田市議会 平成30年  9月 社会文教委員会協議会-09月13日−01号 子供の発達に関することや児童虐待予防に関する機能のほか、就学相談等の機能を有し、関係する専門機関へつなげ、その後の支援に努めているところでございます。  相談対応は、主要な施策の成果説明書資料10ページでも記載しておりますが、まとめたものが資料1の3にございますので、そちらをごらんください。  横長の表の続きにございます。   もっと読む
2018-09-13 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−02号 また、今夏児童館では、43名の児童が体調不良を訴えておりましたが、冷感シート等で身体を冷やして休息をとることで対応してまいりました。小学校内の教室を活用した児童クラブは、通年実施の4校に加え、長期休み中に1校で実施しております。これらの教室へのエアコンにつきましては、本年度は2校の児童クラブ室に新たに設置し、未設置は豊科南小学校内の、豊科南小児童クラブのみとなっております。 もっと読む
2018-09-12 飯田市議会 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号 ここの108ページより、4目の児童発達支援センター事業費でございます。  子供発達センターひまわりの3部門のうち、この108ページのところは児童福祉法に定める児童発達支援センター機能でございます。障害児の通所による療育及び保護者相談等に対する療育相談業務です。通所児童の定員は36のところ、在籍・登録児童数は45でございました。 もっと読む
2018-09-11 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号 そこで、取り上げるべきテーマはさまざまあるかと思いますが、障害者施設の職員などによる利用者への虐待が年々増加していることが厚生労働省から発表されております。特に子供さんの支援を担う方々には、正しく対応していただきたいと思うところですけれども、上田市の放課後デイの現場でお子さんへの虐待防止対策はどうか、お聞きいたします。 ○議長(小林隆利君) 近藤福祉部長。            もっと読む
2018-09-07 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月07日-04号 以前までは会場を社中に設けておりましたが、参加される児童、生徒の割合が社中生徒から北小児童のほうに偏ってきたこと、北小児童が社中学校に通うことが大変なことから、数年前から会場を北小学校に変更して実施しているところであります。  現在の状況といたしましては、参加する児童、生徒は約15名、大半が北小児童になります。 もっと読む
2018-09-06 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月06日-03号 保護者のいない児童虐待されている児童など、養護を必要とする児童を入所させて養護し、あわせて自立を支援することを目的とする施設ですが、このところずっと満床状態だそうであります。それだけ問題を抱え困っている児童が多いということだと思いますが、諏訪地方では同学園と茅野市、諏訪市、岡谷市は契約しているものの、当町は契約していないというふうな話でした。今までに何か経過がございますか。 もっと読む
2018-08-30 軽井沢町議会 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-08月30日−01号 母子保健関係ですが、10月1日より出産後間もない時期の産婦に対して、産後うつの予防や新生児への虐待予防等を目的とした産婦健康診査事業と、家族等の支援が十分が受けられず、退院後の育児不安等の問題を抱える産婦の精神的及び身体的な不安を軽減することを目的とした産後ケア宿泊型事業の実施を予定しております。これにより、母子保健、子育て環境の一層の充実が図られることとなります。 もっと読む
2018-08-28 飯田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-08月28日−01号 主な内容は、この10月から開始する産後鬱の予防や新生児の虐待予防等を目的とした出産直後の検診に対する助成、ピアゴ飯田駅前店の閉店に伴う買い物支援策としての地域公共交通等の実証運行事業、点検調査の結果に基づいた市所有のブロック塀の撤去補強工事費の計上のほか、国・県の補助事業の内示に伴う事業費の計上などでございます。  ここで関連して、飯田駅前のピアゴの閉店に関連して申し上げます。 もっと読む
2018-08-22 飯田市議会 平成30年  8月 全員協議会-08月22日−01号 児童虐待について、件数が増加している。背景として、社会的意識の高まりがあるかもしれないが、検証と対策が必要。子育て世代はSNSを活用している。子育て世代情報をSNSを使用して発信するような施策を検討してはどうかなどの意見がありました。  総合的な評価としては、取り組んでいる姿勢は評価するが、さらに理想実現に向け取り組みを強められたいを評価としてまとめました。   もっと読む
2018-08-01 飯田市議会 平成30年  8月 社会文教委員会協議会-08月01日−01号 ◆副委員長(山崎昌伸君) 待機児童の問題は、飯田市では現状ゼロというふうに言っております。 もっと読む
2018-07-19 飯田市議会 平成30年  7月 議会による行政評価・全体会-07月19日−01号 市では、早くから延長保育、未満児保育、病児保育、学童保育、児童発達支援など各種保育等サービスを拡大しつつ飯田市子育て応援プランを策定しまして、結婚相談、分娩施設の確保、家庭の子育てを支える相談支援サービスなどに取り組むとともに、医療費や保育料などの子育ての経済的負担の軽減を図ることで、若い世代が結婚、出産、子育ての希望をかなえるための環境づくりを進めてまいりました。 もっと読む
2018-06-20 安曇野市議会 平成30年  6月 福祉教育委員会-06月20日−01号 さて、今月4日、明科地域の小学校児童が、不審者による被害に遭った際には、大変な御心配をおかけいたしました。市教育委員会といたしましては、子供の命にかかわる一大事と受けとめ、学校、地域、保護者とともに厳重な警戒をしてまいりました。その後も、松本市内、安曇野市内で不審者に児童・生徒が遭遇したという報告が続いておりますので、注意喚起は継続して行っております。   もっと読む
2018-06-15 安曇野市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−03号 福祉部長は、家庭児童相談室で新規に児童虐待で受理した相談件数を答えています。14年71件、15年87件、16年112件、驚くべき勢いで増加しています。しかし、これらは認知された件数です。陰湿な問題は明るみに出にくいことを考えると、これより多くのいじめ、虐待があると考えるべきでしょう。   もっと読む
2018-06-14 安曇野市議会 平成30年  6月 定例会-06月14日−02号 今回、認定こども園の民営化は、安曇野市の抱える喫緊の課題として少子高齢化による児童の減少が挙げられ、今後10年間で600人の就学前児童が減少をしていくと推計がなされました。また、先日マスコミ等でも報道されましたが、3歳児未満児の増加に伴う待機児童への対応もしかりであります。   もっと読む
2018-06-12 諏訪市議会 平成30年第 2回定例会−06月12日-04号 また、学校におけるいじめや体罰、家庭内の虐待などの問題に対する活動といたしまして、法務局と人権擁護委員との連携により、小中学校の児童・生徒にSOSミニレターを配布し、それを通じて、先生や保護者にも相談できない子供の悩み事を的確に把握し、関係機関と連携をとりながら子供の人権問題の解決に当たっております。   もっと読む
2018-06-12 上田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−一般質問−03号 さて、親の死亡や虐待などさまざまな事情で親と一緒に暮らせない子供たちが約4万5,000人、長野県でも600人いると言われています。 もっと読む