778件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

いじめ、そして虐待を含め体制の強化、充実を必要とする声も非常に多いですけれども、その実態、ここ3年のいじめの件数、その増減、そして現状、体制や問題点はどうであったのか。また今後どういったつもりでやっていくのかをお聞きします。

諏訪市議会 2019-06-10 令和 元年第 3回定例会−06月10日-01号

また、妊娠から出産、子育て子供社会的自立に至るまで切れ目のない支援を展開するため、4月に設置した「子ども家庭総合支援拠点すわ☆あゆみステーション」、ニックネームはあゆステですけれども、ここを中心に全ての子供とその家庭、妊産婦等への各種支援策を有機的につなぎ、児童虐待の予防、子供発達段階に応じた相談及びサービスの利用調整、ひとり親家庭や生活困窮世帯への生活・学習支援など、安心して子育てができる環境

諏訪市議会 2019-06-10 令和 元年第 3回定例会-06月10日-目次

について  承認第 1号 専決処分承認を求めるについて(平成30年度諏訪市一般会計補正予算(第8号))  承認第 2号 専決処分承認を求めるについて(諏訪市条例等の一部改正について)  承認第 3号 専決処分承認を求めるについて(諏訪市都市計画税条例の一部改正について)  承認第 4号 専決処分承認を求めるについて(諏訪市国民健康保険条例の一部改正について)  議案第26号 諏訪市放課後児童健全育成事業

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

児童虐待や生活困窮、あるいは日々報じられている不幸な事件の中には保護者自身の子供時代の生育歴の問題や発達の問題が背景に伺える場合がございます。また、議員のおっしゃられましたように孤立化しているケースもございます。そこに現在の子育ての悩みや家庭環境などが複雑に絡み合い、解決が難しくなっているケースが多く見られます。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

さらに、児童・生徒にも認知症への理解を広げていただくため、平成29年度には湖南小、昨年は湖南小と中洲小、豊田小の3校でサポーター養成講座を開催したところでございます。子供を通じて家庭内で認知症を話題にしていただくことで、より身近なこととして理解が広まるものと期待をされていることから、今後とも児童・生徒への啓発を進めていきたいと考えております。  

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号

新年度から全ての子供とその家庭、妊産婦等へのさまざまな支援策を有機的につなぐ「子ども家庭総合支援拠点」を設置し、児童虐待の予防、要保護児童への支援のほか、子供発達段階に応じた相談や福祉サービスの利用調整を行うなど、妊娠期から子供社会的自立に至るまでの包括的な支援を行います。また、教育委員会と連携し、ひとり親家庭や生活困窮家庭子供を対象とした学習生活支援を新たに展開します。

茅野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−03号

それらの質問に対し、今年度の重要施策としまして、本年4月に教育委員会こども部に教育福祉保健医療的支援を総合的に実施するため、家庭児童相談室と要保護児童対策地域議会とを包含させた体制づくりとしまして、こども・家庭総合支援拠点「育ちあいちの」が開設され、包括的な事業がスタートをしたところでございます。  

長野市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号

その他、具体的な事業につきましては、現在予算編成作業中ではございますが、例えば、健康寿命長野県一を目指して、寝たきりを未然に防ぐフレイル予防でありますとか、今社会的に問題になっております児童虐待対策、また、道路などのインフラ長寿命化、こういったものを、YOBOUの視点から、様々な新規・拡大事業の予算要求が現在上がってきております。その辺を、今、鋭意査定作業を行っているところでございます。  

岡谷市議会 2018-12-05 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−03号

こうした中におきまして、全国的に熱中症による児童への事故等が発生した状況から、国においても、児童生徒の健康を守るための猛暑対策として、小中学校へのエアコン整備に向けた予算措置がなされたところであり、岡谷市といたしましても、こうした国の動きを踏まえ、公立保育園や小中学校へのエアコン整備を進めてまいりたいと考えております。  

長野市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号

続きまして、児童虐待防止についてお伺いいたします。  今年、東京都目黒区で両親から虐待を受け、女児が死亡するという痛ましい事件は記憶に新しいところです。児童相談所への児童虐待相談件数は、2017年度には13万件を超え、5年前と比べて倍増しています。また、児童虐待により年間約80人もの子供の大切な命が失われているという現状があります。

長野市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−02号

次に児童虐待について伺います。  報道等で御承知のとおり、東京都目黒区在住の5歳の女の子が、この3月に両親による虐待で亡くなるという大変痛ましく、悲しい事件が起きました。また、大阪府堺市でも、両親が9歳になる長男を暴行して死亡させるという事件がありました。このような死亡事件を含め、全国的にも児童虐待は後を絶たない状況であります。  

茅野市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会-09月11日−05号

休園の基準につきましては、3歳以上児の場合、児童が20人未満のクラスは欠席者が4人を超えた場合、児童が20人以上のクラスでは欠席者が5人を超えた場合、また、園全体で欠席者が20%を超えた場合となっております。3歳未満児の場合は、状況に応じて5日間のクラス閉鎖または休園をするとしており、幼児棟と乳児棟、これが隔離されている園においてはクラス閉鎖の措置をしているところでございます。  

上田市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号

そこで、取り上げるべきテーマはさまざまあるかと思いますが、障害者施設職員などによる利用者への虐待が年々増加していることが厚生労働省から発表されております。特に子供さんの支援を担う方々には、正しく対応していただきたいと思うところですけれども、上田市の放課後デイの現場でお子さんへの虐待防止対策はどうか、お聞きいたします。 ○議長(小林隆利君) 近藤福祉部長。           

箕輪町議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会-09月11日−03号

はじめに児童虐待の防止策についてでございます。箕輪町における児童虐待の把握と対応についてをお伺いいたします。東京都目黒区で5歳の女児が亡くなった事件を初めとして昨今後を絶たない痛ましい事件が年々増えてきていることから、行政も私たち住民も改めて深く考え、取り組むことが必要と思い質問をいたします。

岡谷市議会 2018-09-03 岡谷市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−01号

児童福祉子育て支援では、関係機関と連携を図りながら、岡谷市保護児童対策地域議会を開催したほか、家庭児童相談事業などの実施により、児童虐待防止と早期発見に努めました。  また、こどものくにでは、新たに父親の育児参加に向けた「みんなで食べよう!