運営者 Bitlet 姉妹サービス
1370件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 佐久市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月21日−06号 また、議案第101号 平成30年度佐久市一般会計補正予算(第7号)について中、所管事項について、3款3項4目保育所費、保育所への空調設備設置に係る設計委託料に関して、31年度の夏までに予定している61室へ設置完了することをお願いしたい。全国的に空調設備の需要が集中すると思うが、しっかりした業者とメーカーの選定に尽力いただきたい。 もっと読む
2018-12-17 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月17日−05号 との質問に対し、「国民健康保険、被保険者は減少傾向にあるが、医療費が高額してきていること等によるものと考えている。」旨の答弁がありました。  「高額療養費対象者に外国人がどの程度含まれているか。」との質問に対し、「外国人の割合は算出していない。」旨の答弁がありました。  「今後も高額療養費が増加していく見通しか。」 もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 憲法26条2項では、義務教育はこれを無償にするとうたっています。給食は教育の一環である食育として、学校教育に位置づけられていますから、給食の無償は当然と考えます。  一方、子育てしやすいまちづくりを目指している安曇野市として、少子対策、子育て支援の施策として無償を実施することは大変有効であると考えます。全国的には、段階的に実施している学校もあります。   もっと読む
2018-12-12 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月12日-03号 いまだに情報が錯綜している状況ではございますが、議員からもお話がありましたとおり、来年10月からの保育無償に伴います市町村減収分は国費で賄うとの方向性が示されており、町の試算では、来年の半年間の無償で三つの保育園に係る分では4,000万円程度の保育料の減収が見込まれます。また、他市町の幼稚園に通園している園児等に係る影響は100万円程度と見込んでおります。 もっと読む
2018-12-11 原村議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-04号 ◆3番(永井和人) 医療については長い間ずっと医療費無料ということでもってやってきたわけなんですけれども、この医療費が年々右肩上がりでどんどんこう上がって、1億円を超えるというような状況になっております。 もっと読む
2018-12-11 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 社会委員会-12月11日−01号 それから通信内容も暗号をされております。  それから今、記録が残るのではないかという御質問でしたが、データの記録はその時点で自動的に消去されるような仕組みになっております。  それから、カードの取り忘れ防止、そういった機能もついております。あと当然、監視カメラ等もついております。   もっと読む
2018-12-10 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 また、無償貸与した機器が故障をしたり、修理の依頼が非常に多いという市の声も聞きました。また、無償貸与制度を設けても、利用がなかなか少ない市もあったということであります。総合的に検討しまして、補助制度といたしました。   もっと読む
2018-12-10 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−05号 明年10月からの幼児教育無償で、保育が必要な子供たちを市が把握することも求められる中、保育の希望がかなうような柔軟で丁寧な相談体制の整備を望みます。  他市では保育コンシェルジュを置く動きもあると聞いていますが、本市のお考えを伺います。 もっと読む
2018-12-07 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 また、子供を預かる保育園も、2園への送迎のために保育時間が延びるなど、保育現場の職員の負担も増加しております。  そうした中、行政側の原理原則ばかりでなく、保育現場の声、保護者の声を取り入れ、柔軟な整合性を図ることが急務と考えます。 もっと読む
2018-12-06 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号 そこで、保育行政への影響についてということで質問いたします。  政府は消費税の増税分の使い道として、保育料の無償を打ち出しました。 もっと読む
2018-12-06 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号 次に、小・中学校給食費の無償について伺います。  文部科学省は学校給食の無償に関する全国調査を行いました。これは昨年公明党の山本香苗議員が参議院厚生労働委員会において、給食費の補助制度を設ける自治体が増え、無償に踏み切る事例も出ている実情を踏まえ、実施自治体の制度の仕組みや効果、子供たちへの影響を調査、分析するように求めた質問に対して行われたものです。   もっと読む
2018-12-05 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 ◆8番(宮原英幸君) 給油所過疎は住民一般生活の面でも、防災面でも、いずれ顕在をしてくる課題だと考えます。   もっと読む
2018-12-05 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 また、政府が幼児教育と保育無償の費用負担を都道府県と市町村に押し付けようとしていますが、そのまま受け入れるのでしょうか、所見を伺います。  財政分野において、地方自治体本来の役割について伺います。  地方行財政の分野で、国は、公的サービスの産業の旗印の下、引き続き行政改革を押し付け、校舎や公民館などの公共施設の統廃合、行政サービス縮小、公営企業の広域を一層進めようとしています。 もっと読む
2018-12-04 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号 幼児教育の無償に向けた当町の取り組みについて伺っていきたいと思います。  国は、2019年、来年10月から幼稚園、保育所、認定こども園における幼児教育の無償を実施するとしております。いまだ無償がどの範囲までされるのかというのが明確ではない状況ではありますが、これが実現した場合、可能な限り子どもと一緒にいようと頑張っていた母親が子どもを預けて働いてみようかなと考えるきっかけにもなり得ます。   もっと読む
2018-11-29 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-11月29日−01号 各世帯へエコバッグを無償配布することで、一人ひとりがこの問題について意識し、プラスチックごみの削減に取り組むことで環境汚染を防ぐことにつながるものと期待をしております。  今年、記録的な猛暑が続き、全国で冷房空調設備の設置の動きが一斉に広がる中、町の保育施設、子育て支援施設及び学校施設への設置状況でありますが、保育施設においては、各保育園未満児室に一部設置済みであります。 もっと読む
2018-09-21 安曇野市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月21日−01号                                   黒岩一也    保育担当係長     竹内 章     課長補佐兼保育所長  塚原理恵    子ども発達支援相談室長               望月恵子 --------------------------------------- 会議に出席した参考人   [陳情第6号関係]    穂高プールを守る会  百瀬信子  廣川みゆき もっと読む
2018-09-19 松川村議会 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号 それに伴いまして保育料の無償が実施されるというふうになっております。  先日、共同通信が全国主要都市を対象にした調査結果が発表されておりました。それを見ますと、無償によって入所希望者が急増して保育所に入れない子供が出るのではないかと心配されるということです。   もっと読む
2018-09-18 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号 ◎福祉部長(花村潔) 実務面での影響があるかという御質問ですが、国では認可外保育施設の無償の対象者を、保育の必要性があると認定された子供であって、認可保育所や認定こども園を利用できない者とするとしています。 もっと読む
2018-09-14 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号 市立認定こども園の民営についてです。  市長が平成27年10月に行政改革推進委員会に諮問した内容の中に、昨今の子育て世代の子育てニーズが多様してきており、未満児保育や休日保育などの充実が求められてきていますとあり、認定こども園民営中長期ビジョンの中でも多様な保育ニーズへの対応というのが出てきます。この多様な保育ニーズとは何なんでしょうか。   もっと読む
2018-09-13 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号 政府が6月に閣議決定した経済財政運営と改革の基本方針2018、いわゆる骨太の方針に教育費の負担軽減が盛り込まれ、幼児教育については、全ての3歳から5歳児と住民税非課税世帯のゼロ歳から2歳児を対象に、幼稚園、認可保育所、認定こども園が無償となり、更に保育の必要性があると認定されれば、認可外保育施設や幼稚園の預かり保育も対象となり、2019年10月からの全面実施を目指すとしています。   もっと読む