244件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

飯田市議会 2018-09-14 平成30年  9月 産業建設委員会-09月14日−01号

◆副委員長(熊谷泰人君) 1点、成果説明書の209ページ、観光誘客推進事業、この中に海外誘客促進事業費というのがあるんですけれども、10万9,000円ですか、極端に低い金額なんですけれども、来年ラグビーのワールドカップ、それから東京オリンピックが次あるわけですが、その辺のところの海外誘客に対しての考え方というのはどのような考えを持っておられるのかお聞きしたいんですが。

上田市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

サイバー攻撃に関しては、世界各地で新たな攻撃が次々にあらわれておりまして、特にラグビーワールドカップ、東京オリンピックの開催に伴って日本に対してのサイバー攻撃の増加が予想されます。今後におきましても国やICT関連機関等から提供されるサイバー攻撃に関する情報の把握に努めまして、セキュリティー対策を継続的に見直ししてまいります。  以上でございます。

上田市議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−趣旨説明−01号

国際キャンプ地等誘致関係では、上田市菅平高原キャンプ地誘致委員会の活動支援を継続するとともに、ラグビーワールドカップにおける事前キャンプ誘致について、イタリア共和国に対し誘致活動を実施し、トレーニングキャンプ実現に至りました。住民自治組織関係では、城南地域で2組織、塩田地域、真田地域で計4組織の設立に至り、合わせて7地域で9組織の活動を現在行っております。

長野市議会 2018-08-09 平成30年  8月 9日 公共施設の在り方調査研究特別委員会-08月09日−03号

だから、今あるまた新しくホテルアルカディアとか、ラグビー場だとかスキー場とか、やっぱりそういったものに対して、個人所有もいろいろあると思うんだけれども、そういう皆さんにやっぱりある程度合意形成といいますか、こういうことをやるんですよと、場合によっては皆さんのところも関係してくるかもしれませんよというような話はしてあるんでしょうか。

安曇野市議会 2018-06-21 平成30年  6月 経済建設委員会-06月21日−01号

交付金は、既に御案内のとおり、東京オリンピックですとか、それからパラリンピック、ラグビーワールドカップの関係で交付率が下がっているわけでございますけれども、当初予算のほうは、補助対象基本額のルールに基づきまして、交付率2分の1ということで満額もらえる想定で当初予算は組んでおりますけれども、今回は内示を受けましたので、そちらの数字に合わせていただきたいということであります。  

長野市議会 2018-06-19 平成30年  6月19日 経済文教委員会-06月19日−09号

先ほどの長野Uスタジアムの関係につきましては、AC長野パルセイロのリーグ戦等につきましては、全国規模のリーグ戦ということで優先大会で入れておりますが、それ以外にも先般行われましたイタリア代表対ヤマハ発動機ジュビロのラグビーの試合ですとか、ラグビー、サッカー等の高校生レベルの県大会の決勝ですとか、そういった大きい大会につきましては予約を入れております。  

上田市議会 2018-06-13 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

また、特徴的な取り組みといたしましては、菅平高原がラグビーイタリア代表チームの事前合宿地となったことから、芝生広場においてラグビー体験やイタリア文化に触れるコーナーを設けたり、物産展でのイタリアカラーの装飾、元ラグビー日本代表選手によるトークショーなど、イタリア代表を盛り上げる取り組みも行ったところでございます。  

上田市議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−一般質問−03号

今回の市長の任期の中では、昨日の新生会尾島代表の代表質問に対する市長のご答弁の中でも一部触れられておりましたが、2019年ラグビーワールドカップに向けた菅平高原でのラグビーイタリア代表チームの合宿、2020年オリンピック・パラリンピック合宿誘致など、上田市においてはインバウンドを進める上で絶好の機会となっております。

上田市議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−一般質問−02号

また、来年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどはインバウンドの絶好の機会と捉えておりまして、引き続きプロモーション活動に積極的に取り組んでまいります。  以上でございます。 ○議長(小林隆利君) 尾島議員。           

上田市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−趣旨説明−01号

いよいよ「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開催が来年に迫ってまいりました。  公認チームキャンプ地の誘致につきましては、ラグビーワールドカップ2019組織委員会による選定結果の発表を待つ段階となっておりました。残念ながら菅平高原は選ばれませんでしたが、これまで公認キャンプ地誘致について絶大なるご支援とご協力を賜りました関係機関並びに議員各位には、この場をおかりして御礼申し上げます。  

長野市議会 2018-03-09 平成30年  3月 9日 経済文教委員会-03月09日−04号

○委員長(佐藤久美子) 下平課長 ◎スポーツ課長(下平嗣) A面という一番屋島橋に近いところはサッカー、ラグビー兼用でございまして、ラグビーのスクール等も日曜日には練習をしております。それから、アメリカンフットボールもやっております。 ○委員長(佐藤久美子) 野本委員 ◆委員(野本靖) 2目から外れちゃいけないんだけど、その使用料というのはこの後どこかで出てくるんですね。

上田市議会 2018-02-15 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月15日−一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託−04号

平成29年度中の具体的な取り組みについて申し上げますと、市外に向けたプロモーションといたしましては、首都圏から多くの人を呼び込むために、埼玉、千葉、神奈川県を中心に放送されておりますテレビ番組を活用し、上田の観光情報や農産物に関する情報、また世界の菅平に向けたラグビー関連の情報、そして移住に関する情報など、さまざまな分野にわたる上田の魅力を継続的に情報発信しております。  

上田市議会 2018-02-14 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月14日−一般質問−03号

2019年ラグビーワールドカップ事前キャンプ地として、日本のラグビーの聖地菅平にイタリアチームが決定したことは、いよいよ世界の菅平になるチャンスを与えていただいたと言えます。国際交流を通じての経済的効果などは、今までとは違う効果が期待できます。既にイタリアチームのマネジャーなどが菅平に見えております。ことしの夏は、ラグビーのイタリア代表チームが菅平を訪れる予定であります。

上田市議会 2018-02-13 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月13日−一般質問−02号

2019年ラグビーワールドカップのイタリア代表の事前キャンプ地に菅平高原が決まり、上田市、菅平高原の名前が全国はもとより全世界へも発信できることはすばらしいことであります。先日、JR上田駅でIOC、国際オリンピック委員会の猪谷千春名誉委員と偶然お会いでき、お話しさせていただきました。

上田市議会 2018-02-05 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月05日−趣旨説明−01号

上田市の魅力を高める取り組みの一つとして進めているラグビーワールドカップ2019日本大会のキャンプ地誘致につきましては、昨年10月に締結した上田市菅平高原キャンプ地誘致委員会とイタリアラグビー連盟との合意に基づき、本年5月下旬に1回目となるトレーニングキャンプが実施される予定です。  

上田市議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月18日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

加えて、東京オリンピック・パラリンピック及びラグビーワールドカップ日本大会開催に当たり外国人の訪日もふえることが見込まれる中、ラグビーワールドカップ日本大会においてイタリアチームの事前キャンプの誘致が決まった上田市としても、受動喫煙防止対策を国際スタンダードに合わせる必要がある。

上田市議会 2017-12-05 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月05日−一般質問−03号

2019ラグビーワールドカップキャンプや2020東京オリンピック・パラリンピックに係るキャンプ地誘致を契機とした人と人との交流、あるいは議員ご指摘の各種スポーツイベントの充実、さらには交流人口の拡大や地域経済への波及効果等を目指す取り組みであるスポーツツーリズムの推進など、スポーツ行政を取り巻く状況が変化し、その多面的な価値をまちづくりに最大限生かせるような新たな体制づくりも求められていると認識をしております

上田市議会 2017-12-04 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月04日−一般質問−02号

来年度以降につきましては、ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場するイタリア代表チームが菅平高原でトレーニングキャンプを行うことを受け、上田商工会議所や商店街からイタリアやワインをテーマとして町なかを盛り上げる企画が提案されているところでございまして、引き続き商店街を活性化する取り組みを連携して進めてまいりたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。  以上でございます。