115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-27 諏訪市議会 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号 次に、各避難住民の避難経路、道路等における環境整備状況と今後の課題についてお聞かせください。 ○金子喜彦 議長  建設部長 ◎小松弘明 建設部長  避難所に通じる周辺道路につきましては、いざというときのため、道路施設を万全に備えておく必要があります。そのためには十分な歩道の確保や危険箇所の整備など、避難道路の安全性を強化する必要があると感じております。   もっと読む
2018-12-10 茅野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−03号 民泊は、訪日外国人が増加する中で宿泊場所不足の解消を図るため、旅館業法上の許可を要さず、届け出のみで営業活動が行える新制度であり、推進機構が実施を考えている事業ではございません。   もっと読む
2018-09-20 安曇野市議会 平成30年  9月 総務環境委員会-09月20日−01号 まず、11節需用費は2歳未満の乳幼児の紙おむつのごみ処理手数料減免事業であります。当初予算では1,300人分の燃えるごみ専用指定袋の現物給付を見込んでおりましたが、6月末現在の減免承認額は1,185人となっております。 もっと読む
2018-09-04 諏訪市議会 平成30年第 4回定例会-09月04日-04号 その具体的な取り組みとしましては、再生可能エネルギー導入設置の補助金の交付ですとか地球温暖化防止講演会、それから市庁舎のロビー展などでの普及啓発、また保育園等での環境紙芝居の実施、それから可燃ごみの削減を行っているところでございます。  可燃ごみの削減につきましては、各地区でのごみステーションでの市職員による分別指導を実施しております。 もっと読む
2018-06-12 諏訪市議会 平成30年第 2回定例会−06月12日-04号 管理事務所前にごみ入れが設置されているのは、管理する側の動線としては都合のよい置き場ですが、観光で訪れた方にとっては、玄関にごみ箱が並べられているように見え、歓迎されていないように感じるのではないでしょうか。  施設の建てかえなどは求めませんが、ペンキの塗りかえ時には統一性のある景観を考えていただきたいと思います。 もっと読む
2018-02-16 安曇野市議会 平成30年  3月 定例会-02月16日−01号 制限行為と使用料を県内他市の例を参考に見直し、物品販売等は1日当たり980円、募金等は1日当たり980円、興行は1日占有面積1平方メートル当たり59円、競技会、集会、展示会、博覧会、スポーツ教室等で、豊科南部総合公園芝生広場につきましては、1時間当たり半面の場合は5,000円、全面の場合は1万円、南部総合公園愛犬広場につきましては、1時間当たり全面5,000円、それ以外の都市公園は1日占有面積1平方 もっと読む
2017-03-22 下諏訪町議会 平成29年 3月定例会−03月22日-05号 清掃作業手当については、湖周ごみ処理施設の稼働により町の清掃センターでの業務従事が終了することになり廃止するものです。 もっと読む
2017-02-27 軽井沢町議会 平成29年  3月 第1回定例会(3月会議)-02月27日−02号 また、長野県に対しましては、県道借宿小諸線・信濃追分停車場線道路改良促進期成同盟会要望活動にて、町道借宿バイパス線の先線となる当該県道の整備促進及び町道借宿バイパス線に対する社会資本整備総合交付金の支援についての要望を、長野県建設部長、建設技監、道路建設課長に面会し、私と長野県議会議員、軽井沢町議会議長、議員、地元区長、建設課長により要望活動を行っております。   もっと読む
2016-09-13 飯田市議会 平成28年  9月 社会文教委員会-09月13日−01号 当委員会に対しまして、福祉課の小澤障害福祉係長、長寿支援課の松下課長補佐、熊谷課長補佐、山岸介護保険係長、子育て支援課の堤保育係長、澤柳家庭係長、熊谷子育て支援係長、蓑和こども家庭応援センター所長、鋤柄こども発達センターひまわり所長、保健課の原健康推進係長、大野医療給付係長、片桐国保係長、小林保健指導係長、市立病院経営企画課の筒井経理係長及び介護老人保健施設の久保田管理係長の出席について申し入れがあり、許可 もっと読む
2016-09-13 箕輪町議会 平成28年 9月定例会-09月13日−03号 ここを下りていったところのコミュニティーセンター下から南側へ行く道路、それと南町の交差点から西側へ上がっていく道路、中部小の下から中部小の南側を下りたところから木下へ行く道路、200mくらいだと思いますけども、それぞれ3カ所にグリーンベルトというようなことを考えて実施をしようと考えておりますが、本日いただきましたのは6号線沿いの保育所の西の信号機より西の通学路をということのようであります。 もっと読む
2016-06-15 小諸市議会 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月15日−02号 ◎市長(小泉俊博君)   今、田中議員が言われた、私が行政書士であるという中で、例えば県の許可の窓口が小諸市役所の農業委員会などの窓口である場合の書類に関しては、当然その処理をする日程が他の行政との係わり合いがありますので、これについて改善をするというのは、現実的には難しいと思います。   もっと読む
2016-03-18 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月18日−05号 使用料については、旅館業法の簡易宿泊所営業許可が必要であり、難しい面がある。」旨の答弁がありました。  「所管は総務部であるが、モデルハウスの説明に支障はないか。また利用者へのアンケートも必要ではないか。」との質問に対し、「モデルハウスの利活用は、田舎暮らしモデル地域事業など、地域とのかかわりの中で事業を進めている人口増推進室で行うことが適当であると判断している。 もっと読む
2016-03-15 長野市議会 平成28年  3月15日 建設企業委員会-03月15日−02号 ○委員長(望月義寿君) 竹内委員 ◆委員(竹内重也君) 2点ございまして、1つは繰越明許の関係の広域ごみ焼却施設関連道路事業の7,417万5,000円、この大体の内訳というんですかね、どこの部分なのかという点がまず1点。   もっと読む
2016-02-24 安曇野市議会 平成28年  2月 総務環境委員会-02月24日−01号 ○小松委員長 ただいまの申し入れ、委員長のほうで許可いたします。  それでは、会議に戻ります。  午後から、これからは政策部の所管事項となりますので、よろしくお願いします。  まず、政策部長、御挨拶、よろしくお願いします。  小林部長。 もっと読む
2015-09-15 箕輪町議会 平成27年 9月定例会-09月15日−03号 1番 唐澤千洋議員 ◆1番(唐澤千洋議員) 質問に入る前に議長の許可を得て、通告書の誤りを訂正させていただきたいですがよろしいでしょうか。 ○木村議長 どうぞ ◆1番(唐澤千洋議員) 通告書の4番目の森林行政についてでございますが、そのなかの下古田地籍とある下古田を削除していただきたいと思います。 もっと読む
2015-09-07 千曲市議会 千曲市議会 会議録 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月07日−02号 特に景観が最も美しくなければならない棚田が見える18号バイパスでは、ごみ道路の真ん中、草の中などあちこちに投げ捨てられており、千曲市を訪れるドライバーやウオーキングをしている市民の皆さんにとっても気分が悪い景色になっています。  平成26年の事務報告書で、毎月20日間出動されて回収しているそうですが、不法投棄の量はふえる一方です。 もっと読む
2014-09-10 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成26年  9月 定例会-09月10日−02号 ◆14番(飯島光豊君) 施設や設備についてですけれど、国の基準では遊び、生活の機能並びに静養の機能を備えた占有区画を設けるというふうになっておりますけれど、伊那市では全クラブに占有区画があるというふうな記述になっております。しかし、静養するような場合、例えば病気で子供が寝ているような場合に、静かに寝るところも全てのところにあるということでよろしいでしょうか。 ○議長(伊藤泰雄君) 原教育次長。 もっと読む
2014-09-09 箕輪町議会 平成26年 9月定例会-09月09日−03号 ○下原議長 町長 ◎平澤町長 豪雨があったときにはですね、地区別の状況等についてはそれぞれ担当課、道路水路におきましては建設水道課、それから林道等につきましては産業振興課の方でパトロールしてですね状況を確認するということになっております。 もっと読む
2014-03-13 安曇野市議会 平成26年  3月 環境経済委員会-03月13日−01号 ○内川委員長 ここで、発言の許可について申し上げます。  発言したいときは、委員長と挙手により許可を求めてください。許可を得た後、発言の前に必ず委員の皆さんにおいては姓を、執行機関の皆さんにおいては所属と姓を名乗って発言してください。  なお、1つの項目について質疑答弁が再々度と続く場合は許可は当然でございますが、姓だけ名乗って発言をしてください。発言の許可については以上であります。   もっと読む
2014-02-28 諏訪市議会 平成26年第 2回定例会−02月28日-03号 その立地地区以外の方は自分たちの出したごみでありながら、自分ごととして捉えない傾向がどうしてもあります。やむを得ない部分もありますが、ぜひこの最終処分場を諏訪市として受けたというのは一つの契機として、その理解を深めてさらなるごみ、だからやっぱりごみは減らそうねという機運にまたつながっていくものだと思います。そういったことについてはいかがでしょうか。 もっと読む