1013件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-05号

2010年度より「高等学校就学支援金」政策が実施され、私学に通う生徒にも「就学支援金」が支給されました。しかし、昨今の低迷する厳しい経済状況の中で、保護者の方々の学費負担は深刻な状況が未だ続いております。多くの保護者・生徒が公立高校との学費格差をなくしてほしいと願っています。  多様なカリキュラムを持つ私学は、子どもたちに大きな夢と可能性を与えてくれています。

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

┼────────────────┤ │ 元. 7.25 │私立高校に対する公費助成をお願いする陳情│松本市里山辺4102        │ │     │書                   │中信地区私学助成推進協議会   │ │     │                    │会長 山田和男         │ │     │                    │事務局 エクセラン高等学校

諏訪市議会 2019-06-19 令和 元年第 3回定例会−06月19日-05号

学校関係につきましては、教員資格を持つ発達支援相談員が福祉教育をつなぐための相談支援活動を始めているほか、中学校の卒業後から社会的自立に至るまで、支援体制の構築に向けまして高等学校など関係機関との情報共有や連携の取り組みを始めています。  なお、あゆステを設置したことによりまして、他の相談窓口がなくなったわけではございません。

原村議会 2019-06-04 令和 元年第 2回定例会−06月04日-03号

高等学校授業料は、制度改正により平成26年度から免除や軽減措置がされております。公立高校であれば、村県民税所得割の額が50万7,000円未満であれば就学支援金により授業料の支払いはありません。私立高校においても村県民税所得割の額により差がありますが、25万7,500円未満であれば授業料年額17万8,200円が就学支援金と県の補助金で支援されております。

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

それから、次に、教育扶助の関係で高等学校などの修学費の関係でございますが、クラブ活動費の実費支給ということで、現行の年額でございますが6万4,800円が年額で8万3,000円ということになっております。  それから、入学の準備金の関係ですが、現行が6万3,200円が8万6,000円ということで、これはそれぞれ実費の上限額でございますが、引き上げがされたところでございます。  

長野市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号

次に、議案第152号長野市学校職員給与に関する条例の一部を改正する条例は、長野県高等学校学校職員給与が改定されたため、長野市高等学校学校職員についても同様に措置することに伴い、改正するものでございます。  以上、補正予算及び条例の改正につきまして、御説明申し上げました。  よろしく御審議の上、御決定くださいますよう、お願い申し上げます。

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

2点目としましては、18歳、19歳の投票率向上を目指しまして、茅野高等学校東海大学付属諏訪高等学校の18歳になる3年生を対象に、選挙啓発小冊子と啓発ティッシュを配布させていただきました。あわせて、選挙に興味を持ってもらうよう、市役所2階で実施をしております期日前投票の投票立会人、これの公募のお願いを学校を通してさせていただきました。

軽井沢町議会 2018-12-07 平成30年 12月 社会常任委員会(12月7日)-12月07日−01号

軽井沢高等学校の町立化につきましては、去る9月11日の議会全員協議会でもご説明しましたとおり、年間の経費として人件費で3億円程度、建物ほかの維持管理費で1億円程度、校舎の老朽化を考慮しますと、計画的な修繕が5,000万円から1億円程度必要と考えられ、合計4億5,000万円から5億円の経費がかかります。

軽井沢町議会 2018-12-04 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号

公設塾の設置につきましては、去る9月11日の議会全員協議会でご説明いたしましたとおり、長野県教育委員会の第2期高校再編を見据えて、再編の対象となる可能性のある軽井沢高等学校について、地域から高校がなくなることを憂慮する地域の住民の意見を踏まえた上で、実施したいと考えているものでございます。  

軽井沢町議会 2018-12-01 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-目次

…………………………………………………139   日程第1 一般質問…………………………………………………………………139   ◯1番 寺田和佳子君………………………………………………………………139    1 当町の子どもに関する取り組みについて   ◯14番 土屋 浄君………………………………………………………………161    1 町内小中学校の教職員の勤務実態について    2 軽井沢高等学校

軽井沢町議会 2018-11-29 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-11月29日−01号

軽井沢高等学校公設塾支援の関係ですが、軽井沢高等学校の存続のための有効な手段及び特色づくりの一環として、将来の軽井沢を担う人材育成目的として、平成31年4月開設に向け補正予算を計上いたしましたので、よろしくご審議をお願いいたします。  11月13日には、除雪関係で提携の信濃町と飯山市を訪問してまいりました。

茅野市議会 2018-09-25 平成30年  9月 定例会-09月25日−資料

2010年度より「高等学校就学支援金」政策が実施され、私学に通う生徒にも「就学支援金」が支給されました。しかし、厳しい経済状況の中で、保護者の方々の学費負担は深刻な状況が未だ続いております。多くの保護者・生徒が公立高校との学費格差をなくして欲しいと願っています。多様なカリキュラムを持つ私学は、子どもたちに大きな夢と可能性を与えてくれています。

下諏訪町議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会−09月21日-05号

2010年度より「高等学校就学支援金」政策が実施され、私学に通う生徒にも「就学支援金」が支給されました。しかし、昨今の厳しい経済状況の中で、保護者の方々の学費負担は深刻な状況が未だ続いています。多くの保護者・生徒が公立高校との学費格差をなくしてほしいと願っています。  多様なカリキュラムを持つ私学は、子どもたちに大きな夢と可能性を与えてくれています。

軽井沢町議会 2018-09-20 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月20日−05号

また、9月28日にはUWC ISAKジャパン・ショーテラスにて、軽井沢町4小・中学校と軽井沢高等学校、UWC ISAKジャパン及び軽井沢風越学園設立準備財団の7者で、軽井沢町における教育について、さまざまな連携をするための協定締結を行います。  次に、本年度の敬老祝賀事業でありますが、9月15・16・17日の3日間で100歳以上の方20名と88歳を迎えられた方91名のお宅を訪問しました。