18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

飯山市議会 2013-09-12 09月12日-04号

これら利率を優先して、もっと償還すべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。また、有収率が前年度より改善されたとはいえ、まだ全国平均に比較して、4ポイント以上低い状況にあります。飯山の現状では、1ポイント改善されると年間約440万円の節減につながる状況と私は思います。有収率の向上のために、もっと漏水対策に私は投資をすべきではないかと提言し、1回目の質問を終わりといたします。

伊那市議会 2008-02-27 02月27日-01号

歳出につきましては、1款経営管理費1項総務費消費税中間納付のために増額をするもの、また3款1項公債費公的資金利率7%以上のものを繰上償還するために増額をお願いするものでございます。 以上が平成19年度伊那市簡易水道事業特別会計第2回補正予算でございます。 おめくりをいただきまして、262ページでございます。

千曲市議会 2007-03-07 03月07日-02号

過去における、例えば利率7%以上で借りている借金を早く返す。そのために国は新年度から特例的に補償金はなしで結構だという制度をつくりました。その点、千曲市はどうなのか。 それから5番目としては、行革集中プランについてであります。歳出削減対策、また国が制度化しております市場化テストですね、市場化テストの持っていきよう方、それから市と地域のあり方。

須坂市議会 2007-02-21 02月28日-01号

これは昭和56年度借り入れ義務教育施設整備事業債など利率市債償還が終了したことなどによるものです。また、一時借入金利子500万円についても、あわせて計上いたしました。 目3の公債諸費につきましては、16年度と17年度に発行した「いきいきすざか市民債」の元利支払いのため、手数料6,000円を計上したものでございます。 

須坂市議会 2006-02-21 02月28日-01号

これは昭和55年度借り入れをいたしました義務教育施設整備事業債など利率市債償還が終了したことなどによるものであります。 また、一時借入金利子500万円についてもあわせて計上をいたしました。 目3の公債諸費につきましては、16年度と17年度に発行いたしましたいきいきすざか市民債金利支払いのため手数料6,000円を計上したものであります。 

松本市議会 2001-02-26 02月26日-01号

次に、公債費は、83億 5,982万円、 2.2%の伸びとなっておりますが、過去の利率市債償還も順次終了し、公債費に占める償還元金の割合は74.5%と年々改善されております。 続いて、特別会計の主なものについて申し上げます。 まず、国民健康保険特別会計では、葬祭費の引き上げのほか、出産費窓口負担軽減のための貸付制度を創設いたしました。 

松本市議会 2000-06-13 06月13日-03号

続きまして、借りかえ制度の取り組みでございますが、上下水道事業につきましては、要件のうち 7.3%以上の利率起債、これはございますが、他の要件でございます本市の給水原価使用料単価基準より低うございまして、対象要件を満たしておりません。 また、下水道事業でございますけれども、まず、公共下水道事業でございますが、供用開始が25年以内のものが対象となっております。

中野市議会 1996-12-09 12月09日-02号

また、政府系資金の7%以上の高い利率資金につきましては、平成年度末の元金で17億 6,846万余円の残額でございますが、政府系資金利率資金繰上償還及び借り替えにつきましては、市長会などを通じて関係機関へ要望しているところであります。また、縁故債につきましては、相手方との合意が得られれば、繰上償還を計画していきたいと考えております。 

茅野市議会 1995-09-13 09月13日-06号

この多額な借入金利率を調べてみると、かなり高金利のものが含まれていることが判明してきたわけでありますが、今の利率状況、それからここに通告してありますように利率借入金の解消のための努力は、どのように払われてきたかというのが一つであります。 もう一つは、417ページの基金状況であります。 この多額の借入金を返済するための積立金である減債基金が、22億5,200万余円積み立てられています。

松本市議会 1994-06-14 06月14日-03号

まず、高利率起債借りかえでございますが、本市の下水道の5年度末の起債残高が495 億円ありまして、このうち、この制度対象となります年利 7.5%以上の利率公営企業金融公庫資金は約7億円ございます。この制度は、企業債元利償還が著しく高額になり経営を圧迫している事業に対して、金利負担軽減を行う借りかえ債制度昭和63年度に創設をされております。

  • 1