1743件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2021-09-12 09月12日-04号

それを補修しなければならない、芝の植えかえ、張りかえなどをしなければいけないので、そういうときにはあそこは閉鎖するということなんですが、春先からのプロ蹴球団としてのスケジュールを見れば、3月ぐらいには静岡のほうに行ってキャンプを1週間から2週間張る、その後地元のほうへ帰ってきて調整しながらいくというようなことの中で、何回来られるかというと、非常に回数は少ないと思うんですね。

上田市議会 2020-11-08 12月02日-一般質問-02号

災害廃棄物処理量の算定に当たっては、糸魚川静岡構造線断層帯の北側を震源とする大地震により発生が予測される可燃ごみを3年間かけて処理することや、平成22年の上田地域豪雨災害発生した約100トンの可燃ごみを2週間で処理することを想定した1日当たりの処理量を踏まえて7トンの処理能力を見込んでおります。 

塩尻市議会 2020-09-10 09月10日-02号

たまたま昨日ニュースを見ておりましたら、静岡県の三島市ですか、保育園で早朝、猿の群れが暴れているという通報があって、追い払ったら隣の中学校の3階建ての屋上まで行って暴れ回っていたという猿の状況が報道されていました。あれ見ているとおわかりのように、全く人間はなすすべがないと。行って捕まえることもできないし、鉄砲で撃つこともできないし、網で捕獲することもできない。

箕輪町議会 2020-09-08 09月08日-03号

5年生の浜松庄内地区への臨海学習につきましては、時期を延期して様子を見てまいりましたが、静岡県の感染拡大に伴いまして、目的地を上伊那郡内中心自然体験をテーマとして実施する予定でございます。4年生の社会見学につきましては9月から11月に長野市方面を目的に各校計画してございますけれども、現在東北信地方感染が多い状況にございますので、こちらにつきましては変更の可能性もございます。

大町市議会 2020-09-01 09月01日-03号

さらに、都道府県レベル協定として、全国知事会による、全国都道府県における災害時等の広域応援に関する協定を初め、関東知事会1都9県による震災時等の相互応援に関する協定中部圏知事会9県及び名古屋市による災害応援に関する協定のほか、新潟、山梨、静岡、長野の4県による災害時の相互応援等に関する協定におきましても、甚大な災害発生した場合の応援、受援について、多重的かつ強固な体制が整備されております。 

軽井沢町議会 2020-09-01 09月01日-03号

今、発地市庭のほうから静岡県牧之原にキャベツが出荷されているんですね。その評判なんかもいいというふうに聞いているんですけれども、具体的にどんなことなんでしょうか。 ○議長(佐藤敏明君) 答弁願います。 中山観光経済課長。     〔観光経済課長 中山 茂君登壇〕 ◎観光経済課長中山茂君) お答えいたします。 

上田市議会 2020-08-01 06月19日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

次に、静岡富士宮市の条例は、例外規定を除けば、市長抑制区域での事業に同意しないとしています。このため、今回提案されている上田市の条例より富士宮市の条例が市の姿勢が明確であると考えるが、見解はどうか。 次に、施行期日規則についてであります。この条例施行日は2段階に分けてありますが、具体的にはどうなのか。施行日によっては、条例の審議に際して規則等が必要になってくるのではないかと思います。 

大町市議会 2020-06-26 06月26日-05号

そして、先ほど来も討論で出ましたけれども、今年の1月31日、青森、福島、新潟長野静岡、岩手の6県知事が発起人となって、地域医療を担う医師の確保を目指す知事の会、これを立ち上げました。岩手県の達増知事趣旨説明を行いました。医学部定員に関する箇所を紹介します。 今後の医学部定員に関することです。政府骨太方針医学部定員の減員に言及していますが、医師不足地域においては定員増恒久化が必要です。

塩尻市議会 2020-06-18 06月18日-05号

総務部長羽多野繁春君) 気象変動によります自然災害が近年全国で多く発生していると先ほど議員からも御指摘をいただいたところでございますが、そういう中で、本市におきましても糸魚川静岡構造線帯における地震発生危険度が増している中、防災体制を強化するために、今、議員御案内のように災害現場で経験を持つ指揮命令情報伝達等にたけている元自衛官防災専門官として配置させていただきました。 

千曲市議会 2020-06-18 06月18日-05号

次に、1月20日、21日の2日間、静岡静岡市、神奈川県横浜市に出向き、総合計画の策定の考え方見直し考え方、また、総合計画にSDGsを取り入れる考え方などについて、視察調査をしてまいりました。 両市とも、総合計画は4年ごと見直しをしており、その4年ごととは、市長の任期に合せている現状がありました。

松本市議会 2020-06-15 06月15日-02号

静岡県焼津市では登録制度を導入し、猫を飼い始めたときに、猫の登録を義務づけています。申請時に登録手帳と猫の首輪、鑑札を交付しています。 近年、猫の飼育数が増加していることや寿命も延びていることから、飼い主の猫に対する飼育にさらに責任を持っていただける取組が重要であり、また近年、災害発生も懸念がされる中で、発災時、避難が必要となればほとんどの猫は戸外へ解放されることが予想されます。 

上田市議会 2020-06-04 06月18日-一般質問-03号

上田道と川の駅おとぎの里がみずから開拓した交流都市などとしましては、嬬恋村、静岡市清水区、和歌山県かつらぎ町、新潟市、八王子市などがあり、これらの都市などで活動する団体とつながることで、ヒトを初め農産物や食のモノ、千曲川での川遊び体験などのコトの各種交流を進め、上田市の交流人口の増加に寄与していただいているものと考えております。 

上田市議会 2020-04-01 06月17日-一般質問-02号

静岡富士市には、2008年の立ち上げから10年余りで約6,000社の中小小規模事業者支援を行い、来場相談件数が3万件に達した公的機関富士産業支援センター通称エフビズがあります。エフビズに代表されるビズモデルは全国21カ所に上り、行っているのは中小小規模事業者に対する無料の経営相談、コンサルティングです。