166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会−09月05日-04号

あるいは、そのまま放っておけば自然に雑木も生えてくる。それまで崩れなければ、それでもいいということもあるかもしれませんが、どうなんでしょう。お聞かせください。 ○議長 建設水道課長。 ◎建設水道課長(小河原) 今回目印等をつけて伐採を行っております。全ての木を切るということではございません。ですので土砂崩れ等のことも考えながら、目印をつけて作業を行っていただいているところでございます。  

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号

環境保全につきましては、諏訪の豊かな自然環境を維持し回復を図るため、市民や事業者、行政が一体となって特定外来種の駆除、諏訪湖のヒシ除去、霧ヶ峰高原の雑木処理を継続するとともに、新年度は寄附金を活用し、霧ヶ峰のニッコウキスゲの復元事業を実施します。また、新たな地下水等の利用規制の実施に向け、市民や事業者に丁寧に説明をし、水資源の保全意識の醸成を図ってまいります。  

茅野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−03号

市や各地域観光事業者だけではなく、建設業界、諏訪建設事務所、諏訪地域振興局、森林組合観光地の自治会等が連携し、観光客を気持ちよくお迎えしたいという気持ちのもと、ごみ拾い、草刈り、雑木の伐採等を行っております。  この取り組みは、もともと茅野市観光協会の環境整備委員会が音頭を取って始めた事業でございます。

諏訪市議会 2018-12-05 平成30年第 5回定例会−12月05日-05号

山焼きから山野火災を発生させて以来、毎年、財産区とボランティアによる雑木処理が行われております。山焼きの研究とか先進事例の視察も行われたようでございますけれども、今後もこのまま現状のままで行くのか、それとも再開する予定はないのか等についてお伺いをいたします。  また、火災により被害のあった高山植物など植生の復活状況についてもお伺いをいたします。

下諏訪町議会 2018-12-05 平成30年12月定例会−12月05日-目次

─┼─────────────────────┤  │   │ │  │2│水道事業について   │・水道事業の現状と将来について      │  │   │ │  ├─┼───────────┼─────────────────────┤  │   │ │  │3│八島湿原の環境整備につ│・八島湿原の歩道整備等について      │  │   │ │  │ │いて         │・八島湿原の雑木

安曇野市議会 2018-03-01 平成30年  3月 定例会-03月01日−03号

最後に、12月議会でもお願いしました鳴沢川源流の崩落復旧工事にあわせて下流にあります鳴沢川の川岸にあります雑木、こういうものを除去し、万一のときに流木等がひっかかって害がないように河川整備を行うべきではないか、調節池のしゅんせつなどもやっていただいたわけですが、このことについて、都市建設部長の答弁をお願いします。 ○議長小松洋一郎) 都市建設部長。      

諏訪市議会 2018-02-21 平成30年第 1回定例会−02月21日-01号

環境保全については、諏訪のすぐれた自然環境を後世に引き継ぐため、特定外来種の駆除、諏訪湖のヒシ除去、霧ヶ峰高原の雑木処理を継続し、生物多様性の維持及び回復を図ります。また、水資源を将来にわたって利用するための地下水等の利用規制や保全策のあり方については、新年度に審議会からの答申を受け、条例改正等を検討してまいります。  

諏訪市議会 2017-09-06 平成29年第 4回定例会−09月06日-05号

また、河川内に雑木が繁茂している箇所があります。特に中門川の上流部に目立ってきている箇所があります。先ほどちょっと答弁いたしました四賀の神戸の内水排除のポンプ、出口が中門川になるということで、こちらが機能するためにも適正な管理がされるように、この点についても県に今後も働きかけをしていきたいと思っております。              

諏訪市議会 2017-06-13 平成29年第 3回定例会−06月13日-04号

続いて、火入れの代替として雑木処理をしているわけですが、火入れとの効果の差異についてお伺いしたいと思います。 ○伊藤浩平 副議長  市民部長 ◎花岡光昭 市民部長  火入れと雑木処理、一番大きな違いは処理したものを運び出すことができるかできないかという点になります。火入れの場合は燃やした後に灰が現地に残るということでございます。

諏訪市議会 2017-06-05 平成29年第 3回定例会-06月05日-目次

                  │ │   │       │(2)ドローン特区(練習場)について            │ │   │       │(3)他協会等との関係と今後の取り組み           │ │   │       │3.霧ヶ峰の火入れについて                 │ │   │       │(1)延焼後の植生調査の結果について            │ │   │       │(2)雑木処理

茅野市議会 2016-09-09 平成28年  9月 定例会-09月09日−03号

空き家の周りが草だらけ、生け垣の枝が境界を越えて隣まで来ている、また、耕作放棄した田畑に雑草、雑木が生い茂って景観を悪くしているなどの苦情が寄せられていますか。  2、所有者が自ら整備しなければならない条例について。  周辺住民に不快感を与えても、他人が処分や処理できないのが現状です。

諏訪市議会 2016-08-29 平成28年第 3回定例会-08月29日-目次

                       │ │   │       │  ③小川地区の刈り取り抜き取り実験            │ │   │       │(3)各地域河川愛護活動について             │ │   │       │(4)市、県の環境整備事業について             │ │   │       │(5)外来植物除去計画について               │ │   │       │(6)雑木

大町市議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会-03月02日−04号

鷹狩山山頂の遊休2施設につきましては、平成9年より全く利用されておらず、周囲が雑木や雑草で覆われるなど、鷹狩山山頂の景観を大きく阻害する要因となっておりました。  今回、東山周辺地域観光整備計画を、観光課が主体となって策定をする中で、この施設の活用が大きな課題となったところでございます。  

上田市議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

これまで真田地域では多くの観光客が見込まれる真田氏歴史館、本城跡、長谷寺、信綱寺、またゆきむら夢工房などにおきまして、駐車場観光トイレ、案内看板などの整備を進めるとともに、ゆかりの地へスムーズに訪問できるよう待避所の設置、また史跡からの景観を考慮いたしました雑木の伐採の整備を行ってまいりました。今回予定しております整備につきましては、全て3月末には完了する見込みでございます。  

大町市議会 2016-03-01 平成28年  3月 定例会-03月01日−03号

そういう中では、外から見ると確かに周りは雑木だらけ、そして、草ぼうぼうというような状況、屋根もさびているというような状況ではありますけれども、雨漏りなども全くなくて、2つの建物、1つは昔のカヤぶき屋根の建物と、もう一つ大き目の何かカレーハウスに使っていた2階建ての建物でありますけれども、相当に材料の、いい材料を使っておりまして、両施設とも非常に中は十分価値があるなというふうには思っております。