187件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-06-18 令和 元年第 2回定例会−06月18日-03号

階級社会、皆さん松川村というのは裕福な村ですので、余りこういうことが気にならない村だとは思います。でも、一般的にはですね、階級社会経済大国にもかかわらず日本の相対的貧困率、これ15.7%。つまり6人に1人が貧困にあえいでいる。貧困率とは、収入から税金や社会保険料を引いた可処分所得が全国民の中央値の半分に満たない割合のこと。

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

ただ、補助金、助成の関係ですけども、やはり大きい長野市松本市等々は、先ほどおっしゃられた自治体あるんですけども、今の考えですと、やはり特例制度を使って消防団の分団以上、分団長以上の階級にあった方、今ある方でもいいんですが、そういった方については取得要件が免除されるということでありますので、まず先にそういった方々に周知をさせていただいて、少しでもふやしていきたいという考えでございます。  

安曇野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号

しかし、プロレタリアートの下にアンダークラスが生まれ、格差社会から新しい階級社会に移行したと言われており、21世紀視点でマルクス経済学を再評価しようという動きが出ています。今日の社会経済学の主要なテーゼは、経済不平等の解消であり、その経済学者のみならず、一般市民もその解決策をトマ・ピケティの「21世紀の資本」の中に見出そうとしました。マクロでは、首都圏地方格差が拡大しています。

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

日本防災士機構では、消防団員であって分団長経験者、分団長以上の階級にある者または分団長以上の階級経験者においては防災士資格認証申請を行うに当たって減免される要件があります。どんなものが減免されるかというのを御紹介すると、研修の履修証明書、講習をしたかどうかという証明書と、あと試験があるので資格取得試験受験及び合格証の証明、あとは救急救命講習の履修証明、3点であります。

長野市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−02号

議長(小林治晴) 根岸消防局長      (消防局長 根岸伸幸 登壇) ◎消防局長(根岸伸幸) 消防団員の年報酬は、平成13年度以降、同額のままであったものを平成27年度、各階級一律2,000円の増額を図ってまいりましたが、まだ国の水準には達しておりません。消防団員の士気を高め、若者の入団促進や安定的な確保という観点から、更なる待遇改善の見直しは必要であるというふうには考えております。  

茅野市議会 2018-06-08 平成30年  6月 定例会-06月08日−03号

年齢階級別に見ますと、60から64歳が2万6,803人で7.1%、65歳から69歳が1万2,980人で3.4%、70歳以上が4,411人で1.2%となっており、65歳以上が1万7,391人で4.6%を占めている状況となっております。  平成28年6月1日から平成29年5月31日の60歳定年企業における定年到達者4,616人のうち、継続雇用された者が3,892人となります。84.3%となります。

長野市議会 2018-03-20 平成30年  3月 定例会-03月20日−07号

消防団員の年報酬の引上げについては、本委員会からも継続的に要望しており、平成27年4月に各階級一律2,000円引き上げられたところですが、決して十分な報酬額とは言えないのが実情であります。  市では、消防団からの要望により、装備品の充実強化を優先して行っているとのことですが、年報酬の増額は、士気の高揚、団員の入団促進や安定的な確保につながると思われることから、大変重要と考えます。  

長野市議会 2018-03-09 平成30年  3月 9日 総務委員会-03月09日−03号

○委員長(小泉栄正) 原山次長消防次長兼警防課長原山昭) 今の小林委員さんからの前に、阿部委員さんから質問いただきました退職報償金の関係のところにつきまして先にお答えさせていただきたいと思いますけれども、退職時の階級、それから勤務年数で変わってきております。それですので、団長で30年以上で退団をされた場合は97万9,000円になります。

下諏訪町議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会−03月07日-03号

税収地方税収入、あるいは町税の主要3税、この点についてお伺いをしたいわけでありますけれども、あわせて町の交付金、あるいは起債の問題、公債費の動向、この見通し等についてお伺いをしたいと思うんですが、最初に地方税収入については、地域経済構造、特に産業構造階級構造、生活水準の反映としてあらわれてくるというように思うんですけれども、新年度の町税収入では、個人町民税では4,000万円増ということであります

軽井沢町議会 2018-01-12 平成30年  1月 第1回定例会(1月第1回会議)-01月12日−01号

ニューヨークタイムズの記事によると軽井沢町は、新幹線の沿線のほかの地域とは違い日本的ではない地形景観を持ち、中央ヨーロッパやニューイングランドのようなブルジョア階級通勤者たちの集落のように感じられ、建物にも美しさが宿り、日本人が夢見る典型的な西洋的田園で、居心地のよさをブランドとして発信しているとのことです。  

茅野市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会-09月12日−05号

平成22年と平成27年の国勢調査の結果から、社会増減の傾向をはかる指標であります純移動率について分析したところ、男女ともに15歳から19歳の年齢階級人口におきまして純移動率が大きくマイナスとなっております。これは高校を卒業して、進学や就職に伴い市外へ転出することが要因として挙げられると思います。  一方で、50歳以上の年齢階級人口では、男女ともに純移動率がプラスとなっております。

安曇野市議会 2017-09-07 平成29年  9月 総務環境委員会-09月07日−01号

そのときに、ここでは実に今や階級的立場を守る者はただ1人。だが、私は寂しくない。山宣一人孤塁を守るという有名な、背後に市民がいるからと、民衆がいるからと言っているんですが、この途中で民衆と言った途端に弁士中止ですよ。これにつながる共謀罪だと言わざるを得ないというように思うんです。

長野市議会 2017-06-21 平成29年  6月21日 総務委員会-06月21日−06号

○委員長(中野清史) 原山次長消防次長兼警防課長原山昭) 消防団手当の見直しにつきましては、一番のところ、今、団長の階級が1名、副団長の階級が10名、分団長の階級が75名となっているんですけれども、その数値が機構の見直しの関係で変動してくる等の関係がありますので、それが固まって、それで手当の関係もそれに合わせて見直していく形で検討しておりますので、それが多分今年に諮問の形になってくると、来年度末

茅野市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日−05号

年齢階級別に見ますと、60から64歳が2万5,510人の7%、65歳から69歳が1万1,260人の3.1%、70歳以上が3,331人の0.9%となっています。  最後に、参考としまして、茅野広域シルバー人材センターの会員について説明をさせていただきます。  平成29年3月31日現在の会員数は、男性463人、女性149人で計612人となっております。

安曇野市議会 2017-03-03 平成29年  3月 定例会-03月03日−04号

議員御指摘のとおり、平成26年1月に要綱を設置いたしまして各分団と隊から1名ずつ委員を出していただいて班長階級以下の団員18名によりまして、安曇野市消防団員確保対策検討委員会を設置をして、団員確保に向けていろいろな取り組みを進めてきております。  まず、27年度には5回開催をしております。

長野市議会 2017-02-20 平成29年  2月20日 総合計画等調査研究特別委員会-02月20日−01号

順調に推移している5項目は、目標1に係る新規就農者数、目標2に係る年齢階級15から34歳の社会増減、観光入込客数、目標4に係る長野市を住みやすいまちと感じる市民の割合、目標5に係る連携中枢都市圏の連携協約締結市町村数でした。  努力を要する3項目のうち、目標1に係る雇用創出人数の達成に向けては、企業や商工団体等と連携した経済の活性化につながる商工業振興や、更なる企業誘致の取組が求められます。

軽井沢町議会 2016-12-16 平成28年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月16日−05号

今、議員さんおっしゃられました級のほうについては、階級によってでございます。  号俸につきましては、勤務年数等によりまして号俸が増えていくというものでございます。  以上です。 ○議長(内堀次雄君) ほかに質疑ございませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(内堀次雄君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。  お諮りいたします。

大町市議会 2016-12-08 平成28年 12月 定例会-12月08日−03号

◆4番(大和幸久君) ハーバード大学教授アメリカの共同体主義の代表的な論者、マイケル・サンデル氏は、公民性を強化しようとすれば所得の分配とは関係のない共同体の諸制度である公立学校図書館公園公共交通機関商店街などさまざまな階級の人々が交流する制度が促進されなければならないと述べ、公民性、すなわちシティズンシップ、市民性の醸成にとって最も大切なものが公共施設であると述べております。