16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

この問題は、いわゆる限界集落などの過疎地の問題だけでなく、都市部にも広がっております。遠隔地を対象にした移動販売車、やしマルシェは好評のようでありますが、市街地域でも交通難民買い物難民がいっぱいいるわけであります。これは下諏訪町だけではなくて全国的にそういう傾向にあるようです。下諏訪町につきましても同様でありまして、イオン様が店を改修のために閉店されている影響は大きいのであります。

松川村議会 2016-09-15 平成28年第 3回定例会-09月15日-03号

実際問題、白馬村の基幹産業観光であり、ここがこけたら限界集落になるのは時間の問題という危機意識が役場職員全体に浸透している。だから、彼らが語っていた言葉には真実みが強く感じられました。松川村の基幹産業は米であり、リンゴであることは十分承知しております。  長野県では、県国際観光協会がインバウンドに関する指導をしてくれるとのことでした。固定人口の増加はほとんど不可能だと思います。

諏訪市議会 2013-03-01 平成25年第 1回定例会−03月01日-04号

諏訪市少子高齢化、また、それから人口の自然滅、それから限界集落というのもできてきているということを聞いておりますが、その辺についてちょっとお聞きしたいと思いますが、いかがでしょうか。 ○小林佐敏 議長  市長 ◎山田勝文 市長  毎年、ロータリーの皆さん方からお呼びいただきまして、新春卓話、すばらしいお話と書きまして、卓話ということを30分ぐらいですけれども、させていただいております。

諏訪市議会 2011-06-13 平成23年第 5回定例会−06月13日-03号

5地区の中で上諏訪地区が一番高齢化率が高いということでございますけれども、こうなりますと、50%を超えると限界集落というようなことが言われているそうですけれども、限界集落に区が幾つもあるようでございますが、その対策はどんなような考えを持っておられるか、ちょっとお伺いします。

原村議会 2011-03-04 平成23年第 1回定例会−03月04日-03号

ですから限界集落とかいう言葉が生まれました。これがそう持ち出したのが、小泉・竹中ラインと言われています。  そして、その中でやられたこと、例えば税制のフラット化です。所得税と住民税を入れかえました。そして今住民の皆さん、今確定申告の最中ですが、所得税はかからなくても、住民税は多くかかるような制度になりました。それから、老人控除の廃止です。扶養控除も廃止されそうです。一部ありました。

諏訪市議会 2010-06-04 平成22年第 2回定例会−06月04日-04号

過疎地の限界集落ですとか、都市近郊の高齢化したニュータウンとは状況が違いますが、現在の諏訪市の現状をどうとらえているか、まずお伺いいたします。あとは質問席でお願いします。 ○小林佐敏 議長  健康福祉部長 ◎小林幸人 健康福祉部長  それでは、私の方から買い物弱者の現状をどうとらえているかという点について、まずお答えをしたいと思います。  

原村議会 2010-03-08 平成22年第 1回定例会−03月08日-04号

限界集落というふうに近い人口39人。高齢化率は69.2%、世帯数19世帯、55歳以上74.4%、こういうところをやっぱり詳しく調査をして、そうしてこの人たちね、何とかしてその分校の建物をですね、もう廃校になっているんですが、これを活用したいと、これを改修してほしいという要望が出てくるんですね。

諏訪市議会 2010-03-03 平成22年第 1回定例会−03月03日-04号

このような状況で、地方では生活する上での基礎条件の厳しい限界集落が増加するなど、人、土地、村の三つの空洞化現象が起こり、地方に暮らす意義や誇りまで失いつつあるという、誇りの空洞化現象が起きているとも言われています。このような空洞化は、中山間地域のみならず、地方の中小都市にまで里下りしており、大都市との格差が生じていると指摘されております。  

原村議会 2010-03-02 平成22年第 1回定例会−03月02日-目次

│       │  │     │      │  作成を急がないと限界集落になるよ│       │  │     │      │  うなところはない。)      │       │  └─────┴──────┴──────────────────┴───────┘...

諏訪市議会 2008-12-09 平成20年第 5回定例会−12月09日-04号

子供の数が減るのは田舎ばかりではなくて、都心においても同じ現象であり、限界集落というか、そういう地域も出てきております。中野区においては小学校を29校から21校へ、中学校を14校から9校へと、通学区域の見直しを始めています。  本市においては、生徒数全体で横ばいあるいは微増の状態がしばらく続きますが、学校によっては生徒数の減少が起きている学校もあるといわれています。

下諏訪町議会 2008-03-07 平成20年 3月定例会−03月07日-02号

施政方針の中で、冒頭で町長は、全国各地における限界集落存在が問題に大きく取り上げられていることを指摘し、崩壊の根底には住民自身が、その地域への愛着を喪失する誇りの空洞化がありますとあります。その対処療法的な対策だけでは効果は難しい。誇りを持つ運動が必要としております。私は、この誇りについて、もう少し町長にお聞きしたいと思います。  

下諏訪町議会 2008-03-03 平成20年 3月定例会−03月03日-01号

全国各地における限界集落存在社会問題として大きく取り上げられる中、集落の崩壊の根底には、住民自身がその地域への愛着を喪失する「誇りの空洞化」があると一部では言われております。  そうであるとするならば、対処療法的な対策だけを講じてもなかなか効果は期待できず、地域住民がみずからの地域学び、誇りを持つという運動が必要となってまいります。  

  • 1