315件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊那市議会 2021-03-19 03月19日-05号

防災ラジオ接続助成について、助成内容を教えてもらいたい。」との質問に対し、「ケーブル光化によって、伊那ケーブルテレビ契約をせずに防災ラジオを使用していた人は、防災ラジオが使用できなくなる。今までの経緯から、契約がなく引き続き防災ラジオの使用を希望する方に、工事費の半額を助成するよう考えている。」旨の答弁がありました。 

下諏訪町議会 2020-12-18 令和 2年12月定例会−12月18日-04号

現在、防災無線デジタル方式になっておりますが、現在町で販売されている防災ラジオアナログ形式のまだ古いもので今使われているというような形であるわけであります。聞こえることには聞こえるんですけれど。  デジタル防災ラジオ販売を望む声もあるわけでありますが、デジタル式防災ラジオ販売価格がちょっと高価になるというようなこともお聞きをしているわけであります。これは大体どのくらいになっているのか。

下諏訪町議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会−12月14日-目次

│   │     │  │   │ │ │  │        │防災ラジオ販売の考えはある │   │     │  │   │ │ │  │        │ か。             │   │     │  │   │ │ │  │        │災害時、住民からの情報を受ける│   │     │  │   │ │ │  │        │ 体制をどう考えるか。     

伊那市議会 2020-12-08 12月08日-02号

一つ、防災ラジオの件なんですが、高遠地区でこの9月にアンケート調査が回ったんですね、唐突と感じた住民が非常に多くいました。で、伊那ケーブルテレビジョン様のケーブルテレビ網を利用した現在の防災ラジオの「防災情報」や「朝夕のお知らせ」これが聞けなくなるということで、このラジオを必要とするかしないかということを聞くアンケートです。

下諏訪町議会 2020-09-16 令和 2年 9月定例会−09月16日-05号

質疑では、防災行政無線設備更新工事をしたが、雨では住宅の中では聞き取れないため、防災ラジオやフリーダイヤルで内容の確認をと町民に周知している。  地方創生推進事業費有識者会議は2回開催。1回は交付金効果検証、もう1回は総合戦略効果検証。第2期総合戦略策定年度のため予算を計上したが、総合計画との一本化を図るため策定年度を1年間延長したことにより、策定に伴う会議が不要となり不用額が生じている。

安曇野市議会 2020-09-14 09月14日-03号

防災ラジオもお持ちでない方もいらっしゃいますし、スマートフォンデジタル機器の扱いに不慣れだったり、ガラケーをお持ちの高齢者の方も多くいらっしゃると思います。たとえ防災ラジオをお持ちでも、その場で聞こえる体制にそのときあるとも限りません。なので、様々な手段で、全ての住民情報を確実に届ける体制づくりが必要だと思われます。 

千曲市議会 2020-09-08 09月08日-03号

日田市では今年度防災ラジオを全市の希望世帯に無償貸与することを決め、6月から導入が始まり、現在まで約6割の世帯普及、今回の豪雨災害で早速効果を発揮し、12時間前、6日の夕方に最大音量避難情報が流れ、避難勧告を告げるけたたましい音と赤いランプが点滅し、住民避難行動につながり多くの命を守りました。 全国でも、あらゆる災害現場で実証され導入が進んでいます。

須坂市議会 2020-06-25 06月25日-04号

◆14番(竹内勉)  私もメールとかいろいろ幾つも同時にぱらぱらあのときは鳴っていたんですけれども、そういうものが交通整理した形でそれぞれ届くようにまずはしていただくということが必要だと思うんですが、それと併せて前から議論になっていますデジタル化防災ラジオとか、これ中野市なんかでは、須坂市でいえば昔の有線みたいなこのくらいの箱型のやつが全戸に設置されていて、そこに市からの情報が全部流れるとそういうふうになっているんですけれども

岡谷市議会 2020-06-18 06月18日-03号

(2)防災ラジオ、防災メール普及拡大。 防災情報を速やかに伝達していくためには、防災ラジオ、防災メールをより一層普及拡大していくことが重要であります。どう捉えているかお聞きいたします。 (3)諏訪広域消防消防団、各行政区、自主防災組織等との連絡手段・方法の充実。 新型コロナ関係だけでなく、各種災害発生時には対面での連絡が困難となることも予想されます。

安曇野市議会 2020-06-11 06月11日-02号

それでは、次に、防災ラジオについてお伺いをいたします。 総務省は、新型コロナウイルス感染症の抑制に向け、関連する情報なども確実に伝達する手段として、防災行政無線を受信する防災ラジオ普及させるとしています。スマホ携帯電話を持たず、緊急速報メールが受け取れない高齢者らにも正確な情報が伝わることが大切であります。 

上田市議会 2020-04-01 03月03日-一般質問-03号

また、上田市内全域をカバーするためには、現在既存の防災無線鉄塔6か所へ中継局を併設することで市内全域聴取可能範囲とすることができ、中継局設置防災ラジオの購入には国の財政支援制度を活用することで2分の1の補助を受けることが可能とのことです。改めてこういった中継局設置をしてはどうか伺い、施設導入コストを精査し、試算することに取り組んではどうか伺います。 

下諏訪町議会 2020-03-16 令和 2年 3月定例会−03月16日-05号

防災ラジオの在庫が57台あり、1台2,000円で希望を受け付けている。  税務課では、法人町民税予定納税額算定基準が変更されたため、歳入では今年度より減額の計上となっている。  固定資産税では、新築が30年度85軒、元年度64軒と減とはなっているが、大規模な滅失がないため増額となる。  県地方税滞納整理機構は、町単独より専門的で厳しい対応が可能と言える。