2051件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2021-09-02 09月09日-委員長報告、質疑、討論、採決、一般質問-02号

法律では森林所有者に適切な森林管理を行わなければならない責務があることを明確化し、その上で長期間間伐が行われない森林等対象に、所有者へ今後どのように森林を管理していくか意向調査を行い、所有者がみずから森林経営管理ができない場合には、所有者から委託を受けて伐採等を実施するための権利経営管理権を市町村に設定いたします。

上田市議会 2021-04-30 07月01日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

これに対し、林業経営に適さない森林収益を上げることが難しいため、森林の持つ土砂崩落防止機能等を高めることを目的に、切り捨て間伐を行い管理する考えである等々の質疑応答があり、本案については原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 ○議長小林隆利君) 次に、議案第62号につき環境建設委員長の報告を求めます。松尾環境建設委員長。          

塩尻市議会 2020-12-10 12月10日-05号

また、一方のイノシシについては、手前みそでございますが、ことし私もナメコの桜の木を切りに、あるいはワラビをとりに、あるいは間伐材を整理に、山に時間があれば半日単位で入っておりますが、イノシシ、鹿、1回も見ておりません。今まで全くなかったことです。あるときにはイノシシのちびと軽トラで追いかけっこしたともあるんですけれども、ことしはそれもない。

塩尻市議会 2020-12-05 12月05日-02号

自然災害が多発する中で、森林多面的機能を維持していくには、間伐の未整備林を解消し土砂災害等発生リスクの低減を図り、地域住民の安全・安心を確保することや、松くい虫被害拡大防止のためにも森林整備早期に進めていかなくてはなりません。 そこで、昨年度の森林整備実績と松くい虫の被害状況及び取り組み内容についてお伺いいたします。 4.交通政策について。 (1)台風19号被害による影響について。 

上田市議会 2020-10-24 12月04日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

燃料となる木材は、東信地域の各森林組合素材生産者等森林経営計画などに基づき、区域内で伐採する主伐や間伐などで発生します低質材や松くい虫被害材を購入する計画となっており、原木のまま施設に搬入され、別会社の信州ウッドチップ株式会社チップ化し、燃料として利用するものでございます。

岡谷市議会 2020-10-05 10月05日-06号

討論において、平成18年7月豪雨災害により、山林に関する意識は高く、水源涵養治山の観点から間伐事業等による整備を推進し、長期的な山林保全が求められる中、湊財産区の財産である立木については、材価の低迷によって売払い収入は低くなっているものの、令和元年度も持続的、精力的に森林整備を行い収入確保に努められている。 

松川村議会 2020-09-08 令和 2年第 3回定例会−09月08日-01号

右側の立ち木の推定蓄積量でございますが、こちらは除間伐による減少があり、成長による増加もありましたが、合計では減少しました。  その下、(3)出資による権利でございますが、増減はありません。  下段2の物品につきましては、公用車合計台数1台の増であります。内訳としましては、消防自動車は2台購入し、2台廃車したために増減ではゼロでございます。

大町市議会 2020-09-03 09月03日-05号

そのためには効果的な間伐保育、効果的な木材の出荷などとともに、対象森林集約化が大変重要であると考えております。 つきましては、今後実施いたします意向調査を通じて森林所有者の皆様に制度の趣旨を御理解いただき、より多くの森林集約化することにより、可能な限り収益の向上を目指してまいりたいと考えております。 

大町市議会 2020-09-02 09月02日-04号

市内事業者によりますと、森林整備の搬出間伐に発生するC材は全体の2割から3割程度で、チップとパルプの材料として市外に搬出し加工されており、このうちチップについては主に発電用に使用されているとのことでございます。 また、この事業者では、今後、林業での地産地消を目指し、C材を活用して自らチップを生産し、地元企業に販売する構想もあると伺ってもおります。 

軽井沢町議会 2020-08-31 08月31日-02号

ややもすると先ほど言いましたように無届けのがあったり、間伐があったり、あるいは協議されていても、それが遵守されているかどうかというのはやはりチェック、いわゆる現場確認というのが大変大切だというふうに思っています。ですから、今後も、こういう条例、要綱、協議がなされますけれども、その遵守が確実に行われているかどうか、これを何とか確認をしていただきたいというふうに思います。 

岡谷市議会 2020-08-27 09月03日-01号

林業関係では、市有林などの保育事業継続実施と、民有林間伐を中心とした森林整備に努めたほか、林道横河山線に架かります観音橋の架替事業において下部工を実施するなど、森林の保護と林業振興に向けた基盤整備を併せて進めてまいりました。 また、松くい虫対策として、被害木の伐倒駆除及び周辺調査を行うとともに、早期発見に向け監視体制強化を図ってまいりました。 

塩尻市議会 2020-06-17 06月17日-04号

先ほど申しました緩衝帯整備も含めて、この材とそれから林地残材切り捨て間伐等の林地残材、これを集約して持ち込む。これが2点目であります。 それから、今申し上げました市有林施業の材。この三つの制度設計をこれからしていくと、おのずとその目標値、市としての施業によるいわゆる搬入の材の目標値というのが出てきます。

塩尻市議会 2020-06-13 06月13日-02号

木質バイオマス発電所として県内最大規模の出力1万4,500キロワットの発電所を建設し、間伐材や、これまでは山に残置された未利用材木材加工施設から発生する製材端材を年間約10万5,000立米をチップ化し、燃料として使用、発電を行う計画と聞いております。この事業は、森林整備やエネルギーの有効活用等につながる塩尻市にとりましても大変期待の大きな事業であります。

諏訪市議会 2020-06-08 令和 2年第 2回定例会−06月08日-03号

伊藤浩平 議長  経済部長中島英司 経済部長  諏訪湖への流入河川については、山地の急傾斜地を流れるものが多くありまして、河川沿い間伐等の森林整備が不十分でありますと、想定外降雨量があった場合に数多くの倒木が河川に流れ込みまして、下流域市街地等に甚大な被害を与えてしまうおそれがあり、これは議員のおっしゃるとおりでございます。  

上田市議会 2020-04-02 03月04日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

減少傾向の主な理由につきましては、まず市内人工林の多くが林齢を重ね、主伐の時期を迎えている森林が多く、間伐などの森林整備箇所減少傾向にあることが挙げられます。また、国の方針として、木材製品国際競争力強化するために、間伐材生産拡大目的とした合板・製材生産性強化対策事業への補助にシフトしていることなどが挙げられます。