46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-06-17 令和 元年第 3回定例会−06月17日-03号

また、次に外国人雇用の状況でございますが、長野労働平成30年10月末現在の長野県における外国人雇用状況の届出状況の集約によりますと、ハローワーク諏訪管内では、338事業所、1,877人の外国人労働者の届け出がございます。また先ほど申し上げました工業景況調査の中で外国人労働者の状況について聞き取りを行っておりまして、諏訪市では60社中16社、116名、製造業で活躍をいただいております。

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

厚生労働省長野労働発表の平成30年長野県内の民間企業における障がい者雇用状況の集計結果によりますと、民間企業の障がい者の実雇用率は過去最高の2.14%で、全国平均の2.05%を上回っているものの、法定雇用率2.2%を下回る結果となっております。  また、諏訪地域の民間企業の障がい者の実雇用率は2.31%となっております。

安曇野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号

長野労働のまとめでは、65歳までの高年齢雇用確保に関する措置を行っている企業は、従業員31人以上の企業においては、全ての企業高齢者雇用に関する措置がなされております。また、66歳以上の高齢者が働けるとしている企業のうち、70歳以上の方も働ける制度がある企業は29.5%となっており、前年比1.8ポイント上昇しており、高齢者雇用する企業が増加しているという傾向にございます。  

下諏訪町議会 2018-06-08 平成30年 6月定例会−06月08日-04号

当然、相談を受けた場合、相談者のプライバシー保護を最優先に考え処理に当たりますが、内部での相談が困難な場合を考えますと、長野労働など外部機関の相談窓口もありますので、そちらも利用できる旨を周知していく必要もあるのではないかと考えております。  また、セクハラに限らず職員が困ったことを何でも相談できる雰囲気づくりというものが大切ではないかと考えております。

上田市議会 2018-02-14 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月14日−一般質問−03号

また、長野労働の調べの有効求人倍率も、昨年の12月には25年ぶりに1.74倍の高水準を推移しております。人材確保においても、各企業知恵を絞っている状況であります。  そこで、伺いますが、新たに工業団地の造成事業を進めることにより、雇用の場はもちろんですが、若者の移住定住、人口増に大きな効果が期待できます。

安曇野市議会 2017-12-12 平成29年 12月 福祉教育委員会-12月12日−01号

すみません、お配りの資料にはないんですけれども、長野労働の発表によりますと、県内の8月の有効求人倍率は、全産業で1.62倍ですけれども、福祉分野では3.07倍と2倍近い人手不足となっています。  ハローワーク長野、これもちょっと資料にないんですが、大変失礼しますが、調査によりますと、フルタイムの介護職の8月の有効求人倍率は6.39倍と驚くべき数字も出ています。

下諏訪町議会 2017-03-08 平成29年 3月定例会−03月08日-03号

過日、1月25日に下諏訪町男女共同参画セミナーを開催した際には、昨年6月にイクボス・温かボス宣言をされた厚生労働省長野労働から講師をお招きをして御講演をいただきましたが、今年のセミナーには企業の、特に人事部門の方にも御参加をいただきたいということで、商工会議所の御協力を得て、町内企業へも開催案内を配布して周知をさせていただいたところでございます。

諏訪市議会 2016-09-06 平成28年第 3回定例会−09月06日-04号

○宮下和昭 議長  健康福祉部長 ◎土田雅春 健康福祉部長  管内につきましては、長野労働の調べでは、平成27年6月1日の数字でございますが1.88%ということでございまして、当市独自の集計数字はないということでございます。また、1人雇用すればかなりこの法定雇用についてはクリアする企業が多いそうなので、達成のために今後、また広報していきたいと考えております。  

上田市議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

長野労働労働基準部では、毎年、過重労働解消キャンペーンといたしまして、長時間にわたる過重な労働の疑いのある事業場や離職が極端に高いなどの企業に対しまして監督指導が実施されています。平成26年度の結果では、地域別や市町村別の内訳は公表されておりませんが、123の事業場を検査し、110事業場で何らかの労働基準関係法令の違反があったとされています。

茅野市議会 2014-09-24 平成26年  9月 定例会-09月24日−06号

委員会では、この病気に対しての認識と、労災認定の基準などの理解を深めて審査するために、17日に協議会を開き、長野労働から労働基準部労災補償課長と労災補償監察官のお二人にお越しいただき、労災認定の流れや基準、審査の手順などをお聞きした上で、MTBIについての対応をお聞きしました。  

軽井沢町議会 2014-03-17 平成26年  3月 第1回定例会(3月会議)-03月17日−03号

今年1月31日に長野労働が発表しました12月の求人状況につきましては、県の平均が1.0倍となりました。しかしながら、東信は0.87倍と相変わらず低い状況で、職を求める人が多い状況が続いております。  今年の2月28日、先月の末ですが、28日の発表でございますが、ちなみに1月の県平均1.01倍、東信は0.90倍ということでございます。

上田市議会 2014-02-13 平成26年  3月 定例会(第1回)-02月13日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

長野労働発表の県内12月の経済雇用状況は、地方経済にも景気回復が波及してきているということとして、一部に厳しさが見られるものの改善しているという見解が示されております。ハローワーク上田管内の月間有効求人倍率は0.86倍と前年同月を0.07ポイント上回っておりますが、安定した雇用環境と言えるまでの回復には至っておりません。

上田市議会 2013-12-03 平成25年 12月 定例会(第4回)-12月03日−一般質問−03号

景気の動向は長野労働局長の見解見ますと、今後も全体的には顕著に県内経済の改善の見通しと、こういうふうに言われております。そこで、やっぱり雇用環境を改善する抜本的な中長期に取り組む必要が今一番求められておると思いますが、雇用対策に向けた市の対応について、まずその点の対応策について伺いたいと思います。 ○副議長(清水俊治君) 金子商工観光部長。           

上田市議会 2013-09-10 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−03号

その上で長野労働では厚生労働省における全国一斉の取り組みとして、この9月からブラック企業の疑いのあるところを調査し、違反が行われている企業には再発防止に向けた指導を徹底するとともに、悪質なケースは会社名を公表するとしております。調査対象は全国で約4,000社、長野県内では80社程度の調査を予定しておりますが、それ以上の細かな部分についてはお答えできないということでございます。  

上田市議会 2013-02-25 平成25年  3月 定例会(第1回)-02月25日−趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、

地域雇用情勢につきましては、長野労働の1月の発表では「依然として厳しい状況にあり、持ち直しの動きに足踏みが見られる」との見解が示されております。また、ハローワーク上田管内の月間有効求人倍率は、0.79倍と前年同月を0.06ポイント上回っておりますが、安定した雇用環境とは言えない状況であり、今後もその動向を注視していく必要があります。