19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

須坂市議会 2015-02-17 02月24日-01号

資本的支出につきましては、量水購入費の減などにより88万円減額し、累計額を7億5,705万3,000円としました。 議案第26号 平成26年度須坂下水道事業会計補正予算第4号について申し上げます。 収益的収入につきましては、下水道使用料流域下水道維持管理負担金返還金の増などにより4,208万1,000円を増額し、累計額を21億9,770万5,000円としました。 

須坂市議会 2011-02-16 02月23日-01号

資本的支出につきましては、量水購入などの精査により162万7,000円減額し、累計額を7億3,760万4,000円としました。 最後に、議案第20号 平成22年度須坂下水道事業会計補正予算第3号について申し上げます。 収益的収入につきましては、人件費負担金精査に伴う一般会計からの繰入金の減額などにより49万1,000円減額し、累計額を17億1,987万3,000円としました。 

小諸市議会 2010-03-19 03月19日-04号

資本的支出は5億329万6,000円で、上水道改良工事配水池耐震補強設計量水購入、水位計取り替え、企業債償還金等であります。 平成22年度純利益は886万5,000円を見込んでいます。 委員より、ボイラーの修理に来た業者が、故障の原因を水質によると説明したそうだが、水質や器具に対して、適切な対応をしていただくように、指定工事店へ話をしていただきたいと意見がありました。

須坂市議会 2006-11-22 11月30日-01号

次に、議案第94号 平成18年度須坂市峰の原水道事業特別会計補正予算第2号につきましては、下水道への接続に伴う量水購入経費1万5,000円と過誤納還付金6万円をそれぞれ計上しました。 次に、議案第95号 平成18年度須坂下水道事業特別会計補正予算第3号につきましては、土木積算システムリース延長による経費精査職員人件費精査により、8万2,000円を減額しました。 

岡谷市議会 2005-02-28 02月28日-02号

1項建設改良費4億1,022万9,000円は、量水購入に係る営業設備費水道管改良工事水源整備等に係る配水施設費でございます。配水施設費のうち小井川浄水場排泥処理施設について、設計業務に係る経費910万円を計上いたしております。なお、配水施設費施工予定箇所につきましては、議案第36号資料の図面にお示ししてございますので、ごらんをいただきたいと思います。 

須坂市議会 2004-03-25 03月25日-05号

審査に当たり、委員各位から出されました質疑意見及び理事者答弁の主なるものは、 ・ 量水購入減額量水器の取りかえの数が少なくなったのか、または単価が下がったのか伺いたい。との質疑があり、平成15年4月から取りつける量水器は鉛の入らないものを使うことになり、当初値段が上がるものと想定していましたが、入札の結果、単価が下がったとの答弁がありました。 

中野市議会 2003-03-04 03月04日-01号

また、棚卸資産購入限度額量水購入限度額では、鉛を使用していない量水器の更新を図ることとしております。 次に、資本的収入では、企業債1億 6,120万円、水源開発の第6次拡張事業補助金等に充当する一般会計からの補助金 3,612万余円、下水道工事に伴う配水管布設がえの補償料等工事負担金1億5万余円を見込んでおります。

須坂市議会 1997-02-24 03月03日-01号

その他資産購入費では、ポンプ等購入費に 1,872万円、量水購入費に 415万 8,000円をそれぞれ計上いたしました。 企業債償還金は、企業債元金償還金として 1億 4,000万 9,000円をお願いするものであります。 以上で水道局所管説明を終わらせていただきます。 ○議長堀内幸尚君)  これより議案質疑に入ります。 質疑通告がありますので発言を許します。 

須坂市議会 1996-02-23 03月01日-01号

その他資産購入費 1,851万 3,000円、量水購入費 380万 4,000円をそれぞれ計上いたしました。 企業債償還金1億 2,236万 8,000円は、元金償還金をお願いするものであります。 以上で水道部所管説明を終わります。 ○議長丸山孝一君)  これより議案質疑に入ります。 質疑通告はありません。質疑はありませんか。          

須坂市議会 1994-02-24 03月03日-01号

その他、資産購入費 550万円、量水購入費 196万 4,000円をそれぞれ計上いたしました。 次に、企業債償還金 8,776万 5,000円は、企業債元金償還金であります。 以上で、水道部所管予算説明を終わります。 ○議長佐藤哲夫君)  これより議案質疑に入ります。 ただいまのところ質疑通告はありません。質疑はありませんか。          

須坂市議会 1993-03-23 03月23日-05号

・ 量水購入費の内容について伺いたい。 ・ 施設整備基金積立金の現在までの累計額について伺いたい。 ・ 財産運用収入が35万 1,000円減額となっているが、より有利な財産運用を要望する。等でありまして、それぞれ答弁を得た後、質疑意見を終結し、討論を省略して採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。 

  • 1