1036件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2022-03-29 09月11日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

この結果、今後40年の間には、浄水場で1カ所、水源施設で5カ所、ポンプ場で2カ所、配水で19カ所が廃止できる見込みであり、また管路におきましては、総延長1,020キロメートルのうち56%に相当する573キロメートルが、現在の口径を縮小することが可能であると見込んでおります。今後の施設更新に当たりましては、これらを踏まえて、ダウンサイジングによる費用削減に取り組んでまいります。 

塩尻市議会 2021-09-27 09月27日-05号

議案第7号 平成30年度塩尻水道事業会計剰余金の処分及び決算認定については、委員より、その他特別利益に計上したものは具体的にどういうものかとの質問に対して、平成29年度に施工した野村配水内にある松塩水道用水計量器室松塩水道用水分岐箇所から計量器室までのダクタイル鋳鉄管口径250ミリの送水管松塩水道に無償譲渡したが、その固定資産に伴う長期前受金戻入特別利益に計上したものであるとの答弁があり

上田市議会 2021-09-02 09月09日-委員長報告、質疑、討論、採決、一般質問-02号

また、施設関連では、つちや水源部分取水施設配水1カ所、減圧槽2カ所等の設置工事があり、今年度から来年度にかけて施工を予定しております。 次に、各地区への給水開始時期でございますが、平成29年度には既設管路を一部利用する形で上流域に当たる大日向地区の約100世帯については給水を既に開始しております。

塩尻市議会 2021-06-04 06月04日-01号

上水道事業におきましては、新東山配水既設管の接続を行い、東山水系水道システム構築事業が完了いたします。 自己水源松塩水道用水からの供給に切りかえ、安全で安定した給水維持管理効率化が図られるところでございます。 下水道事業では、地震発生時における緊急輸送路の機能を維持するために、国道153号に埋設されている下水道管耐震化を進めてまいります。

上田市議会 2020-10-24 12月04日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

上下水道局長 柏木 明彦君登壇〕 ◎上下水道局長柏木明彦君) まず、台風19号に伴う上下水道施設全体の被害状況でございますが、水道施設では2カ所の浄水場や4カ所の取水施設土砂流入倒木などにより被害を受けたほか、配水ポンプ場では、機器損傷倒木などで25カ所が被害を受けました。また、管路では、河川横断箇所において7カ所で管路が破断するといった被害がありました。 

岡谷市議会 2020-03-16 03月16日-07号

次に、議案第23号 令和年度岡谷水道事業会計予算について、委員より、今井上配水施設構築について、令和年度はどのようなことを予定しているのか質疑があり、工事については、令和元年から2年度、3年度と3ヵ年の工事を予定しており、元年度造成工事を行った。来年度本体築造を行なう。本体は、耐震性に優れ、容量約4,800立方メートルのサイズを検討しているとのことでした。 

箕輪町議会 2020-03-16 03月16日-04号

議案第5号において、主な質疑は落雷による配水の損害2箇所はどこか、またいつ落雷したものか。答弁として南小河内排水池と大原配水で9月10日、被害はありませんでしたとのことであります。 また、議案第6号 令和年度下水道事業会計補正予算(第4号)、主な質疑受益者負担金増額の内容は。当初予算はかなり堅く見積もっているが、12月の補正でも公共、特環合わせて1,150万円の増額をさせていただいた。

大町市議会 2020-03-12 03月12日-06号

次に、議案第29号 令和年度大町水道事業会計予算の審査では、委員から、水道基本計画の策定に当たり、人口減少による需要減や、安全で安定的な水道水供給するためにも、既存水源の見直しや施設集約化をすることにより、今後の施設維持管理経費節減なども視野に入れた基本計画にすべきではないかとの質疑があり、行政側から、全体構想の中では、災害時の緊急事態を想定し、既存水源については現状を維持し、各配水管網

飯田市議会 2020-03-05 03月05日-03号

上下水道局長前澤秀夫君) 水道施設には、浄水場、それから配水、ポンプ場といった施設がございまして、飯田市内でこれら施設の総計は179施設に及びます。上水道では浄水場が7つ、配水が89、それから遠山簡易水道では浄水場が13、配水が36、そのほかポンプ場ですとか井戸水源がある状況でございます。 

塩尻市議会 2020-03-03 03月03日-03号

あと、塩尻駅北の住宅開発でありますとか東通線整備だとか、配水築造だとか、市はその辺の投資をしております。これがやっぱりちゃんと返ってくる、そういう循環のこれは仕組みの一環であるというふうに理解をいたしますので、それが回っているという理解でよろしいということですか。 ◎産業振興事業部長産業政策観光担当](塩原恒明君) 結構です。

長野市議会 2020-02-27 02月27日-01号

主な事業といたしまして、令和元年東日本台風災害で被災した施設復旧に要する経費として、災害復旧事業2億3,750万5,000円、老朽管解消事業22億6,341万8,000円、活性炭注入設備設置工事など犀川浄水場整備6億1,667万1,000円、蚊里田低区2号配水築造工事など送配水施設整備5億3,355万7,000円、道路や下水道工事に伴う配水管移設など他事業関連送配水管布設替等4億3,997万6,000

大町市議会 2020-02-19 02月19日-02号

款1項2目1施設管理費は、公営簡易水道施設維持管理事業費で、主なものは、光熱水費で、配水等の水道施設電気料のほか、委託料では、水質検査業務委託料ほかでございます。 12ページ、款2建設改良費は、美麻青具地区及び八坂切久保地区の送配水管布設工事及び電気装設備更新工事などの工事請負費が主なものでございます。 款3公債費は、地方債元利償還金及び利子でございます。 

岡谷市議会 2020-02-18 02月18日-02号

令和年度予算につきましては、市民のライフラインである安全・安心で安定した水道事業の継続のため、岡谷水道事業基本計画岡谷水道事業経営戦略に基づく施設更新、再構築耐震化など建設改良事業、特に基本計画の目玉となる新配水、今井上配水築造のほか、引き続き水質管理施設維持管理に取り組む予算を編成いたしました。 それでは、企業会計予算書の3ページを御覧ください。 

大町市議会 2020-02-18 02月18日-01号

年度におきましては、本年度用地取得が完了しました平海の口の南平配水更新工事に着手するとともに、安心・安全な水道水供給を目指して計画的な施設更新を図ってまいります。 温泉供給事業につきましては、大町温泉郷地区内の老朽化した配湯管布設替え工事を順次実施しており、新年度におきましても計画的な更新工事を進め、温泉安定供給に努めてまいります。 

岡谷市議会 2020-02-10 02月17日-01号

上下水道維持整備といたしまして、水道事業では、将来の水需要の動向や施設老朽化に注視するとともに、岡谷水道事業経営戦略及び岡谷水道事業基本計画に基づき、将来を見据えた経営基盤の強化を図りつつ、今井上配水整備をはじめとする水道施設の再構築事業に取り組むほか、水道施設更新耐震化計画的に進め、安全で安心なおいしい水を将来にわたり安定的に供給してまいります。 

須坂市議会 2020-02-10 02月18日-01号

主な建設改良事業といたしましては、配水管布設及び布設工事のほか、坂田低区配水水弁更新工事塩野浄水場関連自家発電機設備設置などを予定してございます。 第3条では、収益的収入及び支出予定額を計上しております。 第4条では、資本的収入及び支出予定額を計上し、資本的収入資本的支出に対して不足する額につきましては、内部留保資金等により補填するものとしてございます。