95件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長野市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号

また、第8款土木費、第5項土地区画整理費、3目都市開発事業費、南石堂A1地区優良建築物等整備事業補助金4,076万2,000円について、民間でできる事業については、市民の税金を投入するべきではありません。  また、長野市国民健康保険特別会計、歳入の第1款第1項国民健康保険料について、平成29年度は大幅な値上げがされました。

長野市議会 2018-03-20 平成30年  3月 定例会-03月20日−07号

土木費に関して、商業施設マンション建設への公費投入は不要との考えから、土地区画整理費中の都市開発事業費のうち南石堂A1地区優良建築物等整備事業補助金2億5,442万円を減額する。  歳入について、分担金及び負担金のうち放課後子ども総合プランの月2,000円の利用料である1億7,000万円を減額する。  

長野市議会 2018-03-19 平成30年  3月19日 議会運営委員会-03月19日−06号

土木費に関して、商業施設マンション建設への公費投入は不要との考えから、土地区画整理費中の都市開発事業費のうち、南石堂A−1地区優良建築物等整備事業補助金2億5,442万円を減額する。  歳入について、分担金及び負担金のうち、放課後子ども総合プランの月2,000円の利用料である1億7,000万円を減額する。  

長野市議会 2018-03-13 平成30年  3月13日 建設企業委員会-03月13日−01号

特に、都市開発、まちづくり、都市整備部の皆さんには一番お力添えいただいているわけですけれども、またいろいろな意味で、審査しながら、前向きな御意見を頂くようにお願いいたします。  続いて、理事者の御挨拶をお願いします。  上平部長都市整備部長(上平敏久) 委員の皆様には、連日の御審査、大変お疲れさまでございます。

長野市議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会-12月18日−06号

また、第8款土木費、第5項土地区画整理費、3目都市開発事業費、南石堂A1地区優良建築物等整備事業、翌年度繰越額4,076万2,000円については、この事業への税金投入に反対であります。  その他、意見を申し上げます。  国民健康保険特別会計に市単独一般会計繰入金11億5,663万4,000円を繰り入れ、市民負担軽減の御努力をされていることは評価いたします。

長野市議会 2017-12-12 平成29年 12月12日 建設企業委員会-12月12日−07号

次に、3目都市開発事業費につきましては、補正額120万6,000円を減額し、補正後の予算額を3億3,052万8,000円とするものでございます。これは職員8人分の人件費として、年間所要額の調整を行うものでございます。  以上で人件費に係る説明を終わりますが、この後、担当課から債務負担行為補正について説明いたします。

長野市議会 2017-10-02 平成29年 10月 2日 決算特別委員会-10月02日−04号

3目都市開発事業費は、予算現額2億7,165万9,000円、支出済額1億8,132万5,899円、翌年度繰越額4,991万2,000円、不用額4,042万1,101円でございます。  目の支出目的につきましては、都市開発事業に係る調査、計画、整備に要する経費でございます。  節ごとの執行状況につきましては御覧のとおりで、説明欄を御覧ください。  

長野市議会 2017-03-13 平成29年  3月13日 建設企業委員会-03月13日−01号

第8款第5項3目都市開発事業費は3億3,173万4,000円で、目の概要は、枠内の土地再開発事業費の概要に記載のとおり、権堂地区市民交流施設の管理運営に要する経費、予定地区計画調査に要する経費、優良建築物等整備事業補助金に要する経費、街なみ環境整備事業(善光寺周辺、松代、戸隠地区)に要する経費、歴史的風致維持向上計画の推進・進捗管理に要する経費、あと申し訳ありません、記載漏れとなっておりますが、市街地整備課

長野市議会 2017-03-01 平成29年  3月 定例会-03月01日−02号

長野市は、この間多くの都市開発事業を行ってきました。それがどれほどまちの活性化に貢献したのか、費用対効果はどうだったのか、総事業費85億4,100万円のうち16億1,200万円の補助金を出したトイーゴ、総事業費49億1,300万円のうち、補助金23億600万円を投入したイーストプラザについてお伺いいたします。  第三期中心市街地活性化基本計画を策定し、6月の国の認可を目指すとされました。

長野市議会 2016-12-12 平成28年 12月12日 建設企業委員会-12月12日−06号

次に、3目都市開発事業費につきましては、補正額783万6,000円を減額し、補正後の予算額を2億7,113万3,000円とするものです。これは職員8人分の人件費として、年間所要額の調整を行うものです。  続いて、歳入予算につきまして御説明申し上げます。  戻りまして、14、15ページを御覧いただきたいと思います。  

長野市議会 2016-11-28 平成28年 11月28日 総合計画等調査研究特別委員会-11月28日−15号

手塚委員 ◆委員(手塚秀樹君) 税収というところで言いますと、これは賛否があるかもしれないけれども、都市開発だとか、そういうことの検討をやはり都市整備、今例に挙げたのは再開発でありますけれども、都市整備と積極的に考えていくとか、財政面からそういう事業に対しての意見をちゃんと言えるということは姿勢として持っていっていただきたいというふうに思います。 ○委員長(松木茂盛君) 答弁ありますか。  

長野市議会 2016-10-11 平成28年 10月11日 決算特別委員会-10月11日−08号

3目都市開発事業費は、予算現額2億3,529万2,000円、支出済額2億2,063万5,026円、不用額1,465万6,975円、前年度繰越事業費不用額33万9,400円でございます。目の支出目的は、都市開発事業に係る調査・計画・調整に要する経費でございます。節ごとの執行状況は、御覧のとおりです。  説明欄を御覧ください。

長野市議会 2016-03-14 平成28年  3月14日 建設企業委員会-03月14日−01号

第8款土木費、第5項土地区画整理費、3目都市開発事業費は、2億7,896万9,000円で、目の概要は、権堂地区市民交流施設の管理運営に要する経費、予定地区計画調査に要する経費、優良建築物等整備事業補助金に要する経費、街なみ環境整備事業、善光寺周辺・松代・戸隠地区に要する経費、歴史的風致維持向上計画の推進、進捗管理に要する経費、市街地整備課、まちづくり推進課の職員人件費でございます。  

長野市議会 2015-12-22 平成27年 12月22日 決算特別委員会-12月22日−09号

続きまして、3目都市開発事業費は予算現額16億4,257万1,000円、支出済額15億3,081万4,342円、翌年度繰越額9,390万9,000円、不用額1,784万7,658円、前年度繰越事業費不用額800円でございます。目の支出目的につきましては、都市開発事業に係る調査、計画、調整に要する経費でございます。節ごとの執行状況は御覧のとおりでございます。  説明欄を御覧ください。

長野市議会 2015-12-09 平成27年 12月 9日 建設企業委員会-12月09日−08号

次に、3目都市開発事業費につきましては、補正額1,336万4,000円を減額し補正後の予算額を1億4,138万3,000円とするものでございます。これは、職員9人分の人件費として年間所要額の調整を行ったものでございます。  続いて、歳入予算につきまして御説明申し上げます。  戻りまして、12ページ、13ページを御覧ください。  

長野市議会 2014-12-10 平成26年 12月10日 建設企業委員会-12月10日−09号

次に、3目都市開発事業費につきましては、補正額376万円を減額し、補正後の予算額を10億2,259万1,000円とするものでございます。これは、職員11人分の人件費として年間所要額の調整を行うものでございます。 ○委員長(小林秀子君) 説明が終わりました。  本件について質疑、討論を行います。      

長野市議会 2014-10-09 平成26年 10月 9日 決算特別委員会-10月09日−06号

3目都市開発事業費は、予算現額18億8,221万6,000円、支出済額11億3,559万3,322円、翌年度繰越額6億8,692万6,000円、不用額5,969万6,678円、前年度繰越事業費不用額784万2,374円でございます。  目の支出目的につきましては、都市開発事業に係る調査、計画、整備に要する経費でございます。節ごとの執行状況につきましては御覧のとおりでございます。