6039件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会−09月18日-02号

何万、何十万といる都市とは違います。ぜひその方向でお願いしたいなと思います。  先ほど長期政権ということを言って、長期村政だという話なんですが、長期村政、決して5期20年とは言いませんけれども、4期16年も結構長いかなと思っております。この4期16年ということの中で、弊害というのはお感じになったことがありますか。 ○議長(平林寛也君) 村長。

諏訪市議会 2019-06-26 令和 元年第 3回定例会−06月26日-06号

議案第26号諏訪市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正については、本年4月1日に厚生労働省令が改正され、現在、都道府県知事が行っている放課後児童支援員の認定資格研修を地方自治法に規定する指定都市の長も実施できることとなったため、本条例が改正されるものであります。  質疑では、人員確保の面からの規制緩和だと捉えるが、質の低下を招かないか。

諏訪市議会 2019-06-19 令和 元年第 3回定例会−06月19日-05号

○伊藤浩平 議長  建設部長小松弘明 建設部長  議員質問のマスタープラン、これはことしの3月に改定いたしました都市計画マスタープランを指していらっしゃると思いますので、私から答弁をさせていただきます。市では、平成10年策定の都市計画マスタープランを平成28年から3年間かけまして本年の3月に改定したところであります。  

松川村議会 2019-06-18 令和 元年第 2回定例会−06月18日-03号

それから譲与税のかかわりでございますけれども、今回、森林経営管理基金ということで82万1,000円を積み立てするという形で決議がなされまして、これに対してやはり相当前から懸念をしておりましたように、人口比であったり、林業者の従事数であったり、対象面積であったりということで、金額は大きく望めないなということは前から言われていたことでありますが、先般いわゆるそういった財源不足を補うために、他の市町村あるいは都市

松川村議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-02号

昨年10月から引き下げられておるわけですけれども、聞くところによりますと、今回の引き下げは都市部ほど引き下げ率が高いと聞いております。3級地の2でありますので、一番低いというところですので、近隣の市町村を聞いてみますと、10月の改正の段階で減額された人がある一方で、逆に増額になった人もあったようであります。松川村の場合、増額になった方、減った方、それぞれ何人ぐらいでありましょうか。

諏訪市議会 2019-06-13 令和 元年第 3回定例会−06月13日-02号

〔「議長3番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  井上登議員 ◆3番(井上登議員) これは放課後児童支援員が修了すべき研修について、今まで都道府県知事が行っていたものを指定都市の長も実施できるとなっているわけですけれども、これの理由をお伺いしたいと思います。 ○伊藤浩平 議長  教育次長 ◎後藤慎二 教育次長  このたびの条例改正は、国の省令の一部改正に伴って行う改正であります。

諏訪市議会 2019-06-10 令和 元年第 3回定例会-06月10日-目次

 報告第 8号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額を定めるについて)  同意第 2号 副市長の選任について  同意第 3号 固定資産評価員の選任について  承認第 1号 専決処分承認を求めるについて(平成30年度諏訪市一般会計補正予算(第8号))  承認第 2号 専決処分承認を求めるについて(諏訪市条例等の一部改正について)  承認第 3号 専決処分承認を求めるについて(諏訪市都市計画税条例

諏訪市議会 2019-06-10 令和 元年第 3回定例会−06月10日-01号

人口減少時代にあって、将来の人口規模に見合った持続可能な集約型の都市構造への転換を図っていくため、本年3月に改定いたしました都市計画マスタープランとあわせて策定しました立地適正化計画を指針として、コンパクトシティの実現のため各種事業に取り組んでまいります。  七つ目として、市民にとって安全・安心な住環境の改善に取り組みます。

原村議会 2019-06-04 令和 元年第 2回定例会−06月04日-03号

現在、長野県もSDGsの環境都市に選定をされております。気候変動やプラスティックごみの削減といった世界的な環境課題に国内外の自治体が共同して取り組むよう呼びかける長野宣言というのも先日行っているところであります。  この長野県から、川を通じて日本海太平洋に多く水が川を通じて流れているわけですけれども、それと一緒にごみも流れていっているというような状況であります。

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

大北管内にとっても重要な自治体である観光都市城下町松本市に誕生したプロチームを応援することは、松川村をさらに活気ある魅力的な村にする一助となるのではないでしょうか。  1つに、J1に再度昇格した今シーズン、2つ目に、新たな元号となることし、3つ目に、村制130周年と、3拍子そろったこの年に、村民の新たな元気のもとをつくりませんか。もう一度お伺いいたします。 ○議長(平林寛也君) 村長。

原村議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号

地方格差をなくすために、例えば東京、大阪、名古屋といった大都市圏ではそういったものは助成金はないわけでありますが、地方ではそれぞれに仕事の能率を上げるための機械や機器を購入するに当たって助成金を出しているわけでありまして、それによって中小企業が強い基盤をつくっていく、これがまず優先されなければ1,000円というのは夢のまた夢になってしまうので、まずそういったことを政府が実施しているわけですから、この

松川村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会−03月07日-01号

鹿港鎮と友好都市協定を結び、昨年は協定5周年を松川村で祝ったところですが、昨年暮れに鎮長が交代をされました。許新鎮長に新任のお祝いと引き続きの友好都市としての継続を依頼するため、1月26日から30日までの5日間、職員2名と私と3名で訪問させていただきました。1月29日に会談をいたしました。

原村議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会−03月04日-04号

寄附をいただくときの使途の指定ということで、自然環境の保全と景観の維持・再生に関すること、それから2番目が産業振興、都市との交流等に関すること、それから3番目が健康福祉の向上、四つは人づくり及び教育文化に関すること、それから5点目が公民協働による村づくり、それからあと事業指定なしということでございます。  

諏訪市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-05号

さて、今回は1.サキベジ宣言をし、日本一の健康長寿都市諏訪を目指そう、2.高齢者・老人クラブの在り方について、3.駅前交流テラスすわっチャオ維持・管理費等について、4.公民館利用についての4項目について質問いたします。  2月19日、金子市長の施政方針で、4年間の歩みと成果を実に2万5,600字、これ数えたんです。原稿用紙64枚分を75分間にわたり詳細に語られました。