2191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2022-12-06 12月06日-03号

(2)避難運営について。 ①避難運営マニュアル策定について。 計画では、大規模災害では市職員施設管理者がすぐに避難に到着できない場合は、それぞれの避難運営委員会避難開設することが示されています。基本的には避難者による自主運営となります。 そこで、現在の運営組織設置状況マニュアル策定状況をお伺いします。

箕輪町議会 2022-09-09 09月09日-02号

海外では液体ミルクは当たり前のようにもう使われていますけれども日本では2016年4月に起きた熊本地震の際にフィンランドから送られた支援物資の中にあったものが避難などで赤ちゃん連れお母さんたちに大変喜ばれたそうです。反面、まだ知らないでいた頃の災害のときには使われずに備品に回ってしまっている、備蓄食品ですか、そういうものに回ってしまったという話題もありました。

上田市議会 2020-12-16 11月25日-趣旨説明-01号

市では、10月12日の大雨警報の発表後、避難準備高齢者等避難開始を発令し、同時に対象地域において避難開設いたしました。さらに、大雨特別警報が発表されると直ちに災害対策本部を設置して、警戒態勢を強化する中、河川の氾濫や土砂崩落などの災害発生危険性が高まったため、避難勧告及び避難指示を順次発令いたしました。

箕輪町議会 2020-12-16 12月16日-04号

中学の屋外トイレ設置について金額が高額だと思うがこの場所設備内容は、また着工竣工の時期はとの質問に、グラウンドまたは駐輪場脇場所は考えており災害時の避難対応また中学校体育館にはトイレがないためその対応、それからグラウンド使用状況、下水道への接続の関係、男女それぞれ1基以上造ること、また体育館の中からも外からも使えるようにする等を考えているという答弁でありました。

箕輪町議会 2020-12-09 12月09日-02号

現在町では指定避難ということで、第一時避難これは各区の公民館でありますが15カ所、それと小中学校の体育館保育園等につきまして第2次避難で18カ所、計33カ所でありまして、名目上は8,960人が収容可能な避難として指定をしております。特に保育園につきましては昨年度、9カ所を追加指定をさせていただいてるところであります。

塩尻市議会 2020-11-26 11月26日-01号

長野市町村災害相互応援協定等に基づきまして、被災日の翌日に、アルミロールマットやカセットこんろ長野市の避難へ、泥の搬出用といたしまして土のう袋須坂市へ提供し、人的支援といたしましては、給水支援を立科町へ、災害ごみ運搬作業、ボランティアの送迎業務保健師による健康確認支援須坂市において行い、また長野市に対しましては、避難支援被災者生活再建支援制度の受付など、11月末までの予定を含

上田市議会 2020-10-24 12月04日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

民間の避難が3カ所あるとのことですが、開設については市の職員開設するとのことです。今回は、ピーク時の避難者が約2,500人、避難にしても42カ所ということであります。そして、神川地区3カ所の避難場所については、合計で500人以上の避難者があり、今まで想像していない避難数だと思います。これからも避難体制についてもしっかりと検証していただきたいと思います。 

松川村議会 2020-09-17 令和 2年第 3回定例会−09月17日-03号

また、避難関係ですが、避難運営につきましては原則要請側で行うという内容になっておりますので、よろしくお願いいたします。  続きまして、大北管内での災害応援協定についての御質問でありますが、大北管内災害時の応援体制につきましては、県内全市町村協定しております、長野市町村災害相互応援協定書により、応援活動を定めているというのが現状でございます。

松川村議会 2020-09-16 令和 2年第 3回定例会−09月16日-02号

次に、避難場所避難、備蓄等についてお尋ねをします。  2日間で741ミリの降雨量に見合うハザードマップ作成をされれば、新しいハザードマップ対応した避難場所避難を見直す必要があると思いますが、いかがですか。  要配慮避難ですが、先日国土交通省は、水害のおそれのある全国の特養などの避難計画策定状況を調査しております。そのまとめが先日新聞で報道されました。

岡谷市議会 2020-09-10 09月10日-04号

(1)避難開設運営。 災害発生時の避難開設運営は、改定された長野避難運営マニュアルに基づき、新型コロナウイルス感染症対策も考慮して準備がされています。避難でのソーシャルディスタンスの確保、国・県などの公共施設の利用、車中での避難など、これまでとは違った新しい対応が必要となるとのことですが、準備進捗状況課題についてお聞きいたします。 (2)新しい防災ガイドブックの活用。 

塩尻市議会 2020-09-10 09月10日-02号

同時に、以前にも紹介しました避難運営ゲーム、HUGと言われるもの、ああいうようなものも活用しながら、そういうシミュレーションをして避難に備えていくということが必要なんじゃないだろうかと。これは市からもぜひ提案していただきたいと思います。これも要望にしておきます。 次、鳥獣被害に移ります。