8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

飯田市議会 2001-09-05 09月05日-02号

それから、遺伝子食品を使わない運動を進め、安全食品使用促進を図ります。ごみの減量とリサイクルの促進を図ります。買い物袋持参運動過剰包装をなくすための運動を進めますという考え方を持っています。今後の地球環境を考えた場合、自分たちで汚した地球自分たち地球のサイクルに合った状態に戻すことを実現させる決意でございます。 前回、デポジット制度について質問いたしました。

茅野市議会 2000-12-06 12月06日-01号

─────┼───────┤|   |     |38 保健行政|(1) 食育を推進するために|市長、部長  ||   |     |      | 母親・保健婦・栄養士・|       ||   |     |      | 調理員など関係者への情|       ||   |     |      | 報提供と学習について |       ||   |     |      | イ 食品添加物遺伝子

原村議会 2000-09-25 平成12年第 3回定例会−09月25日-付録

願 一 覧 表 ┌──┬───────┬──────────┬─────┬─────┬─────┐ │番号│陳  情  者│ 件      名 │紹介議員 │付託委員会│ 摘 要 │ ├──┼───────┼──────────┼─────┼─────┼─────┤ │ 3 │諏訪郡原村17.2│小・中学校及び保育園│菊池倶臣 │社会文教 │趣旨採択 │ │  │17-94生活クラ │の給食に「遺伝子

飯田市議会 1999-09-09 09月09日-04号

その内容は、中山間地農業を営む生産者への直接直払い制度に330億円、2が自給率向上を目指し、麦、大豆などの生産振興を図る農業生産総合対策事業費472億、3番目が、今問題になっております遺伝子食品検査技術の普及などに2億円、4番目が次期WTO交渉発展途上の理解を得るためのDDEの戦略的活用に83億円、これは非常に問題であります。

飯田市議会 1999-09-07 09月07日-02号

また、最近では、遺伝子植物は安全かという論議もされています。科学は有限である地球を守り、人間の生命を守るためにあるのであって、環境を破壊したり生態系を壊してしまうことがあってはなりません。今のまま推移すると取り返しがつかなくなってしまいます。21世紀のキーワードは環境です。 そこで飯田市では第4次基本構想において将来の目指す都市像として環境文化都市を掲げました。大変いいことであります。

  • 1