184件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小諸市議会 2020-12-10 12月10日-04号

道路運送第78条第2号により、長野県に登録されております。ご指摘のとおり、利用者は、単独でタクシー、その他公共交通利用が困難な方で、身体障がい者、要介護認定、要支援認定を受けておられる方、そのほか、肢体不自由、内部障がい、知的障がい、精神障がいに該当する方となります。事業法人に事前の登録をする必要がございます。現在の登録者数は59人となっております。 

上田市議会 2020-12-01 11月30日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、一般質問、委員長報告、質疑、討論、採決-02号

上田公共交通活性化協議会は、地域公共交通活性化及び再生に関する法律規定に基づき、公共交通に係る計画の策定や事業実施について協議する法定協議会と、道路運送規定に基づき、路線バス等のルートやダイヤ運賃等について協議する地域公共交通会議の役割を有しており、全市的な課題を協議する場となっております。 

諏訪市議会 2020-02-26 令和 2年第 1回定例会−02月26日-04号

一方、6月定例会検討をお約束しました道路運送上の許可登録を要しない運送につきまして、地域近隣同士自家用車に乗り合いで外出できる等、外出等互助活動を進めるに当たり、少しでも安心して活動いただけるよう、社協のボランティア市民活動センター登録をいただきました個人や団体対象として、全国社会福祉協議会送迎サービス保障保険料補助制度を来年度の新規予算新規事業として予算計上いたしました。  

茅野市議会 2019-09-06 09月06日-03号

企画部長加賀美積) 議員がおっしゃいました二つの移動手段ですけれども、一つ目ちの観光まちづくり推進機構が考えています自家用有償旅客運送というものにつきましては、バスタクシー事業が成り立たない場合で地域における輸送手段確保が必要な場合に、道路運送登録を受けて、市町村NPO法人等自家用車を用いて提供する運送サービスということでございます。

原村議会 2019-09-04 令和 元年第 3回定例会−09月04日-04号

道路運送で定められた条件が必要にはなりますけれども、地域自治会NPO公共交通検討会議等協議をされて、承認を得て運輸局の申請となる手順で公共交通有償運送ができるようになるわけですけれども、こういう中でですね、例えば公有財産の活用をする地域もあります。また団体に対する補助も自治体によってさまざまな取り組みがされております。

上田市議会 2019-06-04 06月18日-一般質問-03号

上田公共交通活性化協議会につきましては、地域公共交通活性化及び再生に関する法律に基づき設置した法定協議会であり、道路運送に基づく地域公共交通会議との合同会議として運営しております。構成メンバーは、住民利用者学識経験者、国、県、市の行政機関、鉄道、バスタクシー事業者等で、現在委員は32名でございます。

原村議会 2019-06-04 令和 元年第 2回定例会−06月04日-03号

現在の道路運送で禁止されている白タク行為にも当たるため、簡単にいかないかもしれませんが、公共交通不便地域の解消のために、法令違反とならないようなですね、行政地域住民ができることを模索していくことも大切だというふうに考えています。少なくもここで大きな検討を要する時期に来てるという認識はございます。これは教育委員会ともいろいろ協議を進めているところでございます。以上です。

小諸市議会 2018-12-18 12月18日-06号

2点目の応援便タクシーが突然来ても、愛のりくんと気づかないケースがあると聞いているがどうかについては、道路運送では明確にしなければならず、表示はしているが、実際の車体に何をつけるかということは基本的に難しいが、検討をしたいとの答弁がそれぞれありました。 以上、各分科会長の報告に対する質疑、議案に対する意見を求め、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

長野市議会 2018-09-12 09月12日-02号

さて、今年2月、岡山市にて道路運送許可制を活用した路線バス事業への新規事業者参入認可を理由に老舗事業者が31の赤字路線廃止届を提出して、地域公共交通の在り方を問題提起する一件がありました。新規事業者参入によって、老舗事業者黒字路線減収のために赤字路線を支えられなくなってしまうとするものです。 

中野市議会 2018-06-13 06月13日-03号

市長池田茂君) この問題につきましては、考え方は2つというか、大きく分かれると思うのですけれども、現行の交通体系というんですか、交通制度、いわゆる公共交通をどのように活用するか、ないしは持てる公としての対応をどうするかという話と、さらにそれを乗り越えて、今の「道路運送とかいろいろありますよね、その辺をどう改革して持っていけるかという話で、これは実は、今聞くところによりますと、国のほうでもいろいろ