44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡谷市議会 2010-03-04 03月04日-04号

これは、計画体制の具体的な組織はどのような形になるのか、運営計画策定時のような保育園運営計画策定委員会のようなものをつくるのかお聞きします。 次に、(3)統廃合民営化等への地元協議であります。 これは、統廃合民営化等計画する場合、地元協議は具体的にどことどのような形で行っていくのかお聞きします。 次に、大きな6番、スポーツの振興についてであります。 (1)競技スポーツ実績であります。 

長野市議会 2008-06-01 06月17日-02号

市民の生命・財産を守り、安心・安全な市民生活を確保するための消防行政を充実させる責務がある中で、今後広域消防運営計画策定協議の場で、長野市としてどのような立場をとられるのかお伺いします。 ○議長岡田荘史君) 鷲澤市長   (市長 鷲澤正一君 登壇) ◎市長鷲澤正一君) 池田宏議員さんの御質問にお答えいたします。 私からは、消防広域化についての考えを申し上げます。 

須坂市議会 2008-03-04 03月04日-02号

次に、最終処分場に対する現状の認識と今後の対応でございますが、長野広域連合最終処分場須高ブロック建設することを決めたのは、須坂市議会の代表も加わっていただいた長野広域連合ごみ処理施設建設及び管理運営計画策定委員会において平成15年12月に決定をし、正副連合長会広域連合議会報告され了承をされております。

大町市議会 2007-12-12 12月12日-02号

また、今後は市町村により広域消防運営計画策定に向けた協議が行われることになると思いますが、市民意見反映や、市民への周知はどのように行うのかお伺いします。 以上で1回目の質問を終わります。 ○議長中牧盛登君) 質問が終わりました。大厩富義議員の持ち時間は残り52分といたします。 大厩富義議員質問に対する答弁を求めます。市長。     

上田市議会 2007-08-21 09月11日-一般質問-03号

市といたしましても、責任ある計画とするため、(仮称)上田市保育園運営計画策定委員会を早急に設置いたし、今後の就学前児童数の動向や公立保育園及び私立保育園が担うべき保育需要を見きわめつつ、保育園統廃合民営化を含めた適正配置など、新市における保育施策の全体計画策定し、それに基づいた実施計画を定めてまいりたいと考えております。 

須坂市議会 2007-06-12 06月12日-02号

その後、平成11年(1999年)3月に長野県が長野ごみ処理広域化計画策定して公表、平成13年(2001年)3月には廃棄物循環型社会基盤設置施設整備事業計画策定長野地域ごみ処理広域化施設整備にかかわる適地選定位置調査実施、それから15年5月には長野広域連合ごみ処理施設建設及び管理運営計画策定委員会及び同専門部会設置、同年12月には策定委員会からの報告を受けて焼却施設長野市内及び更埴ブロック

長野市議会 2006-09-01 09月08日-02号

御指摘の安全性環境保全の見地から、灰溶融炉安全性の検証につきましては、広域連合平成十六年度に設置したごみ処理施設建設及び管理運営計画策定委員会専門部会におきまして、技術的な検討が行われております。この専門部会では、環境にやさしい施設、安全に配慮した施設、安定した稼働ができる施設の三項目を特に重要な基本方針として、稼働している様々な溶融方式安全性について検討をいただいております。 

須坂市議会 2006-03-09 03月09日-05号

そこでまず、ごみ処理施設計画について、広域連合における施設計画検討経過についてでありますが、事業費負担の考え方について、埋め立ては15年間というふうに私どもは説明を受けておるわけでありますが、その後はどこになるのか、この2点につきまして、ごみ処理施設建設及び管理運営計画策定委員会での検討経過についてお伺いをいたします。 

須坂市議会 2005-09-08 09月08日-04号

長野広域連合管内では、現在4カ所のごみ焼却施設と5カ所の埋め立て処分場処分していますが、施設老朽化埋め立て処分場能力等、問題を抱えているため、合理的かつ効率的に処分を進めることとして、平成15年より長野広域連合ごみ処理施設建設及び管理運営計画策定委員会設置し、策定を進めてまいりました。その結果、長野広域管内に2焼却施設と1最終処分場建設をすることに決まりました。

茅野市議会 2005-09-01 09月01日-01号

その後、地域文化創造の社員が決まりまして、スタッフが固まったこと、また新市民会館管理運営計画策定委員会運営委員会として開始され発足したこと、それから株式会社地域文化創造スタッフ運営委員との間で具体的な運営方法等について検討が進められた結果、当初の条例では想定していなかったことや一部に運営方針変更等が生じたため、本年10月のグランドオープンに向け、条例の一部を改正する必要が生じましたのでお願