運営者 Bitlet 姉妹サービス
1637件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-19 諏訪市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号 土地改良事業では、かんがい排水路等の改修、農道や水路の維持管理に必要な原材料の支給、揚水ポンプの設置への補助を行うほか、農業水利施設の長寿命化個別施設計画を新年度から2カ年をかけて策定します。   もっと読む
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号 安曇野市明科七貴5110番地27の明科農道102号線における車両事故に係る和解について、地方自治法第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分する。  平成30年11月16日付、市長名でございます。  1、事故の内容。   もっと読む
2018-12-07 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 伊那西部農業開発事業を初めとする農地整備、かんがい施設、農道など整備の礎となって伊那市の田園風景の形成、あるいは地域振興に大きな役割を果たしてまいりました。一方で、農業地以外の用途に供することが必要かつ適当で、ほかの土地をもってかえることが困難な場合であっても、具体的な転用計画がある場合には、毎年随時の農振除外が進められてまいりました。   もっと読む
2018-12-05 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 また、上伊那広域消防本部のある竜西地区におきましては、広域農道が災害時の緊急輸送路となっております。直近であれば、国道361号と広域農道の交差点にあるガソリンスタンド、ここが住民拠点サービスステーションとなっております。  で、広域的には現在長野県で災害時の受援計画を策定中でありまして、外部からの応援受け入れ等について検討を進めているという状況であります。 もっと読む
2018-09-14 飯田市議会 平成30年  9月 産業建設委員会-09月14日−01号 土地改良事業につきましては、老朽化が進んだ農道や排水施設の補修や整備を行う事業でございまして、非補助土地改良事業では、農道整備、かんがい排水路整備にかかわる事業費で、合わせて9地区を実施しておるところでございます。  国土保全特別対策事業でございますが、農山村地域におけます担い手の確保を図るため、農地や景観保全施設などの整備を行う事業でございまして、2地区を実施したところでございます。   もっと読む
2018-09-13 軽井沢町議会 平成30年  9月 予算決算常任委員会(9月13日)-09月13日−02号 農林水産費関係でございますが、一番下の3)の農道舗装状況でございます。特に新設はございませんので、変わりはございません。  続きまして、33ページ、土木費関係になります。1)の町道の状況でございますが、こちらにつきましては、その他路線、前年まで1,509路線ありましたが、1路線廃止になりまして1,508路線となっております。   もっと読む
2018-09-11 箕輪町議会 平成30年 9月定例会-09月11日−03号 ○木村議長 町長 ◎白鳥町長 道の駅の問題でありますけれども一帯会議の問題とは別に実は春日街道または広域農道というところを考えますと広域農道沿いに大芝高原というところがございましてそこが7月に道の駅大芝高原としてオープンをいたしました。 もっと読む
2018-09-06 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号 昨年度策定をいたしました伊那市総合計画実施計画におきましては、平成31年、32年度でありますが、幹線道路網の整備に約11億円、これは環状南線とか農道とかに対する県の負担金ですね。あるいは、子育て、教育施設などの整備、これに6億円を充てるということで、この教育施設というのは、例えば給食施設とかそうしたところであります。   もっと読む
2018-09-05 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 もともと農道だった道路などは、道路の片側か両側に農業用水路があります。この水路を自由勾配側溝などのコンクリートの水路に、ふたつきのものですね、布設がえをすることで、有効幅員が一、二メートル、すぐふやすことができます。通学する児童・生徒など歩行者の安全につながります。 もっと読む
2018-09-04 原村議会 平成30年第 3回定例会−09月04日-03号 もう一つが、県道196号線の原村第2分団屯所前交差点より西のほうへ弓振ライスセンターに続く農道の交差点までの村道4120号線、延長600メートル。  この2路線はですね、いずれも払沢集落内を通過する幹線道路であり、道路を挟んで両側に住宅が密集している、まさに地域住民の生活道路であります。 もっと読む
2018-09-03 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−01号 農業基盤整備では、栃久保地区の水路改修のほか、明王ため池の測量設計業務を実施するなど、農道、水路の整備等による農業生産基盤の適正な維持管理に努めました。  林業関係では、市有林などの保育事業を継続実施するとともに、民有林の間伐を中心とした森林整備に努めたほか、林道常現寺線の舗装工事を実施するなど、森林の保護と林業振興に向けた基盤整備を、あわせて進めてまいりました。   もっと読む
2018-08-01 飯田市議会 平成30年  8月 総務・産業建設委員会協議会(合同)-08月01日−01号 おりた先に何があるかというところで、高森町の温泉施設はすぐ近くにあるんですけれど、広域農道まで行って座光寺の直売所があったりはするんですが、きちんと誘導できない。あるいは誘導するだけの先を明確化しないと、つくったものの利用する車がないねと、稼働率が低いねという状況になるんではないか。それが七、八年も起きるんではないかというのを懸念して、ちょっとこちらに一文書かせていただきました。 もっと読む
2018-06-21 安曇野市議会 平成30年  6月 経済建設委員会-06月21日−01号 場所は穂高1級9号線、通称広域農道の柏原南交差点の西側、穂高西小学校の南西になります。既存の穂高4070号線を起点とし、団地内を終点とする道路であります。  続きまして、資料の3ページをごらんいただきたいと思います。  整理番号3の三郷5058号線です。場所は三郷支所の西側付近になります。既存の三郷1024号線を起点とし、団地内を終点とする道路であります。   もっと読む
2018-06-15 安曇野市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−03号 今後はこの個別施設計画の策定が国庫補助事業の要件となりますことから、計画に基づき予算化を進め、農業用水路の更新事業の実施をしてまいりたいと思っておりますし、また、農道等の維持管理については、インフラ整備の一つとして取り組んでいかなければいけない課題だというように捉えております。 ○議長(小松洋一郎) 農林部長。       もっと読む
2018-06-13 長野市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 確かに、森林農地整備課では、農地の整備はともかく、農業用水路の改修や農道の整備、排水機場に関する案件をこの課に頼みに行っていいものか悩むところです。今年度統合したばかりですが、今現在どのような市民の声が寄せられているか、より分かりやすい名称に変更する意向はあるか、御所見を伺います。       もっと読む
2018-06-12 箕輪町議会 平成30年 6月定例会-06月12日−03号 私も北小学校って大出ですので伊那市の方から出張等帰ったときに春日街道の上の方、大型農道下りたところがありますが、下りてくると八乙女の子や山口の子が歩いてます。 もっと読む
2018-06-11 箕輪町議会 平成30年 6月定例会-06月11日−02号 大型農道や春日街道には立派な案内板が設置をされております。しかしながら、国道バイパスには町公共施設への案内板が見られません。なぜないのかとちょっと不思議でございます。カーナビが普及されている現在でも案内板は必要であると考えております。この点について町長どのようにお考えかお聞きをいたします。 もっと読む
2018-03-19 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月19日−05号 農道側は平成22年に整備区域の見直しをしたため、上乗せをした補助金で浄化槽を整備している。」旨の答弁がありました。  「下水道施設の耐震診断の内容は。」との質問に対し、「阪神淡路大震災前に建設された伊那と高遠の浄化センターは、耐震化されていないため耐震診断を行い、必要に応じて耐震化をしていきたい。」旨の答弁がありました。  「耐震工事の概算金額は。」 もっと読む
2018-03-15 軽井沢町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月15日)-03月15日−03号 120ページ、6款1項5目農地費4,960万8,000円は、1の農道一般経費920万9,000円で、主なものは、上から5番目の15節農業農村基盤整備工事650万円で、中軽カントリー東側農道26号線の舗装補修工事でございます。2の用水路一般経費の4,039万9,000円の主なものは、下から2行目、13節離山用水サイホン清掃等委託350万円で、年間3回清掃を行うものでございます。   もっと読む
2018-03-13 飯田市議会 平成30年  3月 産業建設委員会-03月13日−01号 この事業につきましては、農地を保全するために地域の農業者等で構成する組織が一丸となって農地保全や農業用水路、農道などを維持・保全する活動。また、環境に配慮した農業に取り組む団体に対して、国の補助制度を活用しながら取り組みを支援する事業でございます。  財源につきましては、多面的機能支払交付金ほか、県補助金、その他一般財源でございます。  続きまして、175ページをお願いいたします。   もっと読む