1413件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊那市議会 2021-03-19 03月19日-05号

との質問に対し、「体験農園プロジェクトは、将来的にみはらしファームによる直営も視野に入れて、収穫体験農園管理を行うもの。また、加工施設プロジェクトは、若者や女性をターゲットにした新商品の開発等を行うものである。」旨の答弁がありました。 「農業収入保険加入支援補助金について、新規加入のみ15件と見積もっているが根拠は。」との質問に対し、「本年度18人の新規加入があり、15件は見込みである。」

中野市議会 2021-03-10 03月10日-03号

売れる農業推進室がなくなって、農業振興課になるわけなんですけれども、ウィズコロナの時代というものを、現在もそうですけれども、捉えまして、観光農園ですとか、農業体験、これらを仮想・拡張現実技術、いわゆるVRとかARとかいいますけれども、そういった技術を使って、視覚的に臨場感を持ちながら体験する、そんなことができるようなリモートでの販売も検討してみたいというようなほうに転換していきたいと考えております。

岡谷市議会 2021-03-02 03月02日-03号

この反物三沢区民農園で育てられた秋繭宮坂製糸所で糸繰りして、岡谷絹工房で諏訪湖の湖畔の柳の木の葉と市内の山でとれたソヨゴの葉で草木染めされた糸を手織りされた大変貴重なものです。日頃の生活の中で呉服屋さんの展示会に足を運ぶことなどない私ですが、岡谷産の絹織物という言葉に誘われて展示会が始まったその日に、その絹織物反物に会いに行ってまいりました。 

大町市議会 2021-02-16 02月16日-01号

美麻地域振興事業では、新たに市民農園活用したワーキングホリデー事業を計画しております。 3ページ中段になりますが、美麻定住促進事業では、二重地区定住促進住宅3棟の建設を予定しております。 私からは以上でございます。 ○議長中牧盛登君) 民生部長。     〔民生部長曽根原耕平君)登壇〕 ◎民生部長曽根原耕平君) 私からは、民生部所管事業につきまして順次御説明を申し上げます。 

上田市議会 2020-12-31 09月30日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-03号

また、処理機で作られた堆肥は、クラインガルテン農園活用していく等々の質疑応答があり、本案中担当分については原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 ○議長土屋勝浩君) 次に、厚生委員長の報告を求めます。古市厚生委員長。          〔厚生委員長 古市 順子登壇〕 ◎厚生委員長古市順子君) 議案第94号中厚生委員会担当分について申し上げます。 

上田市議会 2020-12-14 11月19日-趣旨説明-01号

また、都市農村との交流促進や農山村地域活性化を図るため、県と地元の皆様と協力して殿城地区(岩清水)に整備を進めてまいりましたクラインガルテン滞在農園につきましては、県による造成工事が8月に終わり、その後引き続いて市が簡易宿泊棟交流棟建設を進めておりましたが、両施設とも年内に完成する運びとなりました。

長野市議会 2020-12-14 12月14日-06号

初めに、議案第108号長野市民農園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について申し上げます。 市民農園は、市民農業に対する理解を深め、都市との交流機会を創造するという目的で設置されており、そのうち、長野蚊里田市民農園の現在の利用率は100パーセントであります。 本議案は、地権者の事情により土地を返還する必要が生じたため、蚊里田市民農園を今年度をもって廃止するものです。 

大町市議会 2020-12-11 12月11日-05号

◆1番(中村直人君) まきの利用について、続いてもう一つ、美麻のふたえ市民農園管理棟ボイラーについてです。 こちらも耐用年数を超えているというお話を聞きました。現在はこれ石油ボイラーなんですが、まだ利用は十分可能とのことを聞いておりますが、次のボイラーについて考え直さなくてはいけない時期でもあると思ってます。 

大町市議会 2020-12-10 12月10日-04号

また、来年度からは移住定住を希望される方に対し、市民農園空き区画を1年間無償で利用できますよう、農業回帰志向に対する農ある移住促進事業の創設をまちづくり交流課と連携して進めることといたしております。 以上であります。 ○副議長太田昭司君) 一本木秀章議員。 ◆8番(一本木秀章君) 次に、農業人手不足対策として、農業分野福祉分野の連携ができるのでしょうか。

茅野市議会 2020-12-09 12月09日-03号

3としまして、市民農園は、農地の有効活用とともにレクリエーションとして野菜や花を育て、健康の増進や地域との交流を深めるなど、多様な目的で全国で多くの方に利用されています。茅野市でも、ホームページ等で4か所の市民農園があり、50区画と紹介されています。そこで、市民農園への更なる活用についてどのようにお考えか、お伺いします。 

軽井沢町議会 2020-12-08 12月08日-03号

そこで、(2)なんですけれども、まず希望者農業体験してみたいとそういうところから始めたらどうかと、だから週末体験農園などやって、それは自分1人でやるのでなくて、農家農家の指導も受ける、そういう機会をつくったら、そうするとそれはもちろんお金をいただきますけれども、体験型の観光につなげることもできるということです。