8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

軽井沢町議会 2016-02-25 02月25日-01号

軽井沢病院関係でございますが、平成25年3月から勤務いただいた内科磯貝京子医師が3月末日退職いたします。磯貝医師におかれましては、軽井沢内科医療の充実に尽力され、まことに残念でありますが、今後の活躍を祈念いたします。 また、東京女子医科大学から派遣されている整形外科の西 英治医師萩原健司医師が3月末日退職になり、4月より勝又愛美医師橘田綾菜医師が着任する予定です。 

軽井沢町議会 2009-11-26 12月03日-01号

軽井沢病院関係でございますが、今年度2名の医師を採用し、ペインクリニック外来や妊婦健診等を行ったため、医業収入は昨年に比べ約10%増加しておりますが、ここ数年、医師不足の影響を受け医業収益が思わしくない状況が続いており、何とか資金繰りをしてまいりましたが、預金残高もわずかとなり営業にも支障を来すおそれがあるため、今回、一般会計より繰入金の増額をお願いする補正予算を上程いたしております。 

軽井沢町議会 2008-02-27 03月05日-01号

軽井沢病院関係では、平成15年10月に発生した産婦人科医療事故の裁判は、平成19年9月20日に言い渡された高等裁判所の判決を控訴人らが不服とし、最高裁判所上告されましたが、平成20年1月24日に最高裁判所第一小法廷の裁判官全員一致の意見で、上告理由民事訴訟法に規定する事由に該当しないとのことで、上告を棄却する決定がなされました。

軽井沢町議会 1991-06-20 06月20日-02号

病院事務長 土屋光一君登壇) ◎病院事務長土屋光一君) 10番、吉留議員一般質問のうち軽井沢病院関係についてお答えをさせていただきます。 最初の人工透析の件についてでございますが、ご質問の趣旨はよく理解できるところでございます。が、まず設備もさることながら、この件につきましては、専門の医師が必要でございます。

軽井沢町議会 1991-06-11 06月18日-01号

次に、軽井沢病院関係の一部改正は、議会の皆様からも進言をいただきました小児科の設置については、来月より開設できるよう準備を進めさせていただいております。 消防団員等にかかわる条例の一部改正案2件は、災害補償額引き上げ及び団員の退職報償金引き上げで、条例準則に基づく一部改正であります。 報告2件は、開発公社及び土地開発公社経営状況報告であります。 

  • 1